Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

掃除のついでにカーテンを洗ったら、空かき曇り雷が鳴って嵐になりました。雨乞い効果抜群です。(苦笑)

明後日より我が心とダンス技術のリハビリにと御方が6日ほどやって来ます。多分更新滞ると思います。

帰宅して早1週間。毎日かたづけるぞーと自分に号令をかけても1時間ほどでぐったりとなり全然進んでいませんでした。やっとトランクの中身が分別され(片付くではない)ピアノの下に収納されたのが昨日。そして衣替えに取りかかりました。並行して毎日大洗濯。古い古い洗濯機がご臨終しそうです。
ゴミ収集場
ひとしきり洋服を片付けたので午後暑い時間ですが粗大ゴミ収集センターへ。我が家の近くは暑くて係員が冷房のオフィスから出てこない(来ているのを見て見ぬふりをする)ので別の大きいところへ。こちらは車を止めてゴミから何かあさろうとするジプシーが門の入り口前で頑張っていますがそれをうまくスルーして中へ。愛想の良い、いや、調子のいい係官が「こんちは、何捨てるの?古トランク?このご時世物騒だからね〜。うちで冷房かけて過ごしてる方がいいよね〜」「いえ、私先週帰ってきたばかりです」「えっ?それから何?古ドライヤー?僕に当てつけ?(と帽子を取って寂しい頭頂を見せる)」「いえ、単にご臨終したんで」「え?それから何?古着?サイズ54なら女性ものでも僕が着るよ」「すみません、私のなので40ー42です」「毎度あり〜、また来てね〜」(^0^;)

日本の隠れ家の市は実家の市より更にゴミ捨てが厳格で参りました。市指定のビニール袋を買ってそれで出さないといけないし、ちゃんと朝まず管理人さんが、そして市の職員がゴミを点検して正しくないものは張り紙をされて除けられます。いくつかはどこにいつ出してよいのかわからないのでasagiさんに押しつけたり実家のゴミ捨てに捨てたり。(汗)

このあとは3ヶ月ほこりをかぶっていた冬物のコートとタンスの奥に丸めてあった冬物のカシミヤセーターをクリーニングに。31日引き取りねとおねえさん。月末?あーやっぱりみんなヴァカンスで人いないんですね。

夜はNoriさん宅でご馳走になりました。お魚の夕食。
ヴォンゴレスパゲッティ
イタリアン焼き魚
ヴォンゴレパスタ久しぶりで嬉しかったな。ご馳走様でした。

タンゴの先生、いやお友達に免税店で買ったタバコを届けて帰りにさてお昼どうしよう。
アイスクリームや
お昼どきで空いてました。普通ピークは夕食後ですから。いやこの店は前菜的なチーズとコショウ、バジルぺスト、ワサビなどの味もあり、夏場は特にそれらのお持ち帰りで夕食前も賑わいます。
2ユーロ70(350円)
この前から食べたかった本格的ジェラート。ビターチョコ(チョコだけで何と8種類。よく分からないので砂糖の入ってるビターねと頼みました)とピスタチオ味生クリームのせ。カロリーも普通のお昼ぐらいかなぁ。ごちそうさまでした。

東京オリンピックを控えて暑さ対策に2時間のサマータイムを実施しようと目論んでいる記事を見ました。
イタリアで永年夏時間経験をした身としては、毎年3月末の夏時間移行が待ち遠しいし、冬時間になると冬の訪れをとても感じます。でも実際夏時間の恩恵を受けるのはより高緯度の地域。夏時間の意義ってお日様の光を有効に使うことでは? 日本より僅かに高緯度なイタリアで既にあまり変わらないのではと気がします。

それに熱帯夜で夜の気温が下がらないんじゃいくらオリンピック競技の時間のためだけに夏時間を、それも7、8月だけ実施するなんて、更に2時間もってここまでくると観念論としか言いようがないです。

たかが2時間されど2時間。切り替え時の時差呆けって結構1時間でも慣れるのに数日かかるって知らないんだろうなぁ、細かいことだけど家中の時計全部合わせなくちゃいけないし。

帰国して1週間。かく言う私はまだ7時間の時差ボケから立ち直れていません。(泣)

トランクと家の片付けにぼちぼち飽きがきて我が家より50キロほどのアウトレットに出かけました。
人気少ないアウトレット
外は35度、平日と言うこともあり人はまばら。ゆったりと店を冷やかしながら。
お気に入りバッグや
ここへ来ると店を覗かずにはいられないお気に入りバッグ屋。結構すてきなのがセール価格でありましたが何とか自制。

本日の目当ては日本で酷使して要修理なクラシックな黒のサンダルの代わり。修理やバカンス中だし、帰宅するなり普段履きのサンダルまで見事にご臨終しましたからかなり切実。3軒ほど見て回り目出度く履きやすそうなのを半額でゲット。
収穫品

さて、ミカさんとのお昼へ向かおうと駐車場へ。えっ?車のエンジンがかかりません。

日本へ帰国中猫パパさんに頼んでバッテリーケーブルを外してもらい、また猫パパさんがバカンスへ出かける前はめ直して点検しておいてもらいました。帰宅後問題なくかかったエンジンでしたがあまりの暑さに冷房をかけたのが良くなかったらしい・・
ボンネットを開け、ミカさんに電話して社長のヘルプを頼みました。そして数分後、ちょうど警備員が通りかかります。「シニョーラ、お困りですか?」「実は車のバッテリー上がってエンジンかからなくなりました。」警備員はすぐ同僚に電話してくれ、車がバッテリーコードを持ってかけつけてくれ、てきぱきとバッテリーにつないで目出度くエンジンかかりました。ほっ。ありがたや。丁重にお礼を言って再びミカさんに電話します。せっかくのお昼どうしよう。
まずミカさんのオフィスへ行き、エンジンをかけたままでインターフォンを押して呼び出します。ミカさんの提案で近くのトラック野郎がよくご飯を食べに集うというバールへ行くことにしました。ここならバッテリー上がっても誰か助けてくれるだろうという他力本願。(汗)
アラビアータパスタ
量たっぷりのアラビアータ。辛さ控えめ。そう言えば日本で一度だけ海苔がかかったパスタ食べたっけ。○イゼリアで。

帰りは目出度くエンジンが掛かり、ミカさんをオフィスに送り届けそのままエンジンを切らずに冷房を切ってローマへ。ちょうど夕立にあい、蒸し暑いものの気温が少し下がりました。やっぱりちょっとずつでも毎日走らないとバッテリーやばそうです。

朝の珈琲
隠れ家でも幸いasagiさんからお借りした電動エスプレッソマシンがあり、イタリアン珈琲には飢えることがなかったのですが、なんと言っても自宅のマシンのボタン1つで濃いエスプレッソがすぐ出てくるのは幸せです。

主に今回洋服と食料とだけのトランク2つ、洋服はまだ衣替えをせず出発したままで冬物がタンスに一杯、食料に至っては前回のものが整頓されきれておらず、大体何を持ってきたのかすら完璧に忘れていましたから。
というので何から手をつければ良いのかわからない状態。大体時差呆けで朝3時に目覚め、2度寝してもまだ外は暗い有様だし。

頂き物のスイカ
私とちょうど入れ違いにポーランドへ猫をつれて里帰りする隣のお姉さん、冷蔵庫絶賛整理のあげくスイカだけでなくジャムやら何やら一杯押しつけていき我が小さい冷蔵庫は満杯。あ〜片付けの気力ゼロ。不貞寝しよう。(違)

今年?度目の長旅。願わくば今年最後であって欲しいです。
元々○AL共同運航便の○ィンエァーだったのを日にち変更したら○AL便しかないと言われ、めでたく○ALになりました。ご飯が断然良いから嬉しい。(笑)

いつものように朝ご飯は空港の○ブンイレブン。朝セブンはサンドイッチなのでそれを朝食に。坊にどら焼きを、そしていつものおにぎり4個も忘れずに買いました。
今回は珍しく出発が30分遅れ、朝の100円珈琲だけでは足りずにパスポート検査くぐった後でカフェイン分追加。
350円珈琲
朝の珈琲よりだいぶ割高な空港値段。
飛行機は満席。お隣は英語の分厚い本を抱えたお兄さん。せっかくハローって挨拶したのに無愛想。

機内食1
メニュー
機内食1はすごい凝ったものが出てきました。卯の花とか冬瓜とかまるでミニ懐石。お隣の外人お兄さん食べるかな〜って見ていましたが完食。
限定カスタードプリン味
デザートのアイスも限定味。ちゃんと定期的に違うものを出すあたりがさすが。途中のスナックパンはもうあらかじめ食事の後に配っていました。
まだ先は長い
ご飯が終わってもまだまだやっとロシア上空。2時間ぐらい寝て、映画を2本見て到着1時間半前に出てくる機内食2は組み立てご飯。
機内食2トリセツ
エア○ス照り焼きバーガークリームチーズ味。美味しかったけど手がべたべた、洋服にくっつきそうで袋の中で製作してそのままかぶりついたため写真なし。

○ALだから30分の遅れぐらい巻き返すかと思いきやきっかり30分遅れでヘルシンキに到着。いや〜次の飛行機の乗り継ぎがたった1時間しかないじゃないですか。おまけにほぼ同時刻に○ィンエアーの成田ーヘルシンキ便も到着して荷物検査激混み、自動パスポート読み取り機も長蛇の列。乗り継ぎ便まで時間あまりないの〜と係員に言ったら優先ライン的普通の税関に案内され、何とかゲート案内5分前に税関通過。次のゲートまで競歩。
ローマ行き
何とか最終案内前にすべりこみ、機内へ。しかし乱気流の影響とかで15分の離陸待機。そんなこと言わないで〜あと15分あればお水買えたのに。(泣)

下界
ローマまでの3時間半はそれなりに順調。私は気が抜けたと見えて熱出しました。
飛行機は20分遅れでローマ到着。荷物また遅延で乗せてもらえてないかな〜と危惧しましたが、逆に最後に積み込んだと見えてすぐに出てきました。
トランク合計38キロ手荷物10キロ?
バカンスに出かけて猫パパさんはいないので坊にお迎えをお願いしました。荷物をピックアップしてすぐ電話、20分後にはお迎えの到着。外は東京ほどではないけど暑いです。

もう、私の大荷物には慣れっこの坊。すぐさま空港で買ったどら焼き2個を渡します。「時々ブログ見ていたんだけど、美味しい食べ物の写真ばかりでさ。それって僕に対するあてつけ?」いやいや、そんなことはないです。

そして帰宅すると家の中は修羅場。そうですよね、日本からの電話を受けてとりあえず1時間半で準備して喪服だけつかんで出発しましたから。まだ羽布団のままのベッド、5月の日付のままのカレンダー。クリーニングに出そうと思ってかけてあった冬のダウンコート。
ゆっくり片付けることにしてとりあえずそのまま寝ました。

朝からお墓参りへ。初盆はおろか49日にも御参りしていなかったので。(汗)
従兄弟が車で送ってくれました。帰りは寄れたら実家へ寄ろうかと思っていたのですが、JR駅までの超絶渋滞に業を煮やしパスして湘南方面へ。おかげでリベンジできました。生しらす丼。これで我が胃袋は思い残すことは無い。
生しらす丼

そして1時間ほど早めに最後のデート地ソラマチに到着しました。と言うので思い立って。

天空デッキ

高速エレベーターで天空へ。湘南の従兄弟宅ですら富士山見えなかったのでここからは無理とは思っていましたが。でも絶景。
かすんでます

DSC_1097
こんな感じらしいのですが。
横浜方面
こちらもはっきりしない感じです。ただ上から眺めて感じたのは川の町ということ。世界中の大都市のほとんどは川を中心に発達しますがそれをすごく感じる景色。でもゲリラ豪雨が増える昨今これは早急の治水対策が必要ですね。
DSC_1105
この辺新宿かと思ったのですがどうも東京駅方面のようです。
訪問記念
江戸屏風

ガラス床
真下が見えるガラス床。今いる場所の高さを感じます。

オリンピックマスコット
30分ほどで下へ下りると先日名前の決まった東京オリンピックマスコットがありました。グッズもありましたがぴんとこないので買いませんでした。

そのあと9階にいたmiyaさんと合流し郵便博物館の展示を見たあとお茶。
かわいいメロンパン
最初はフロート、そしてこちらは2杯目。あまりにかわいいメロンパン。1個買って半分こ。メロンフレーバーの生地、中にはちょっと何か入っていました。

そして日本最後の夕食を買って前泊は成田。
エビかき揚げ丼
夕飯のおかずに天ぷらを買うmiyaさんにつられて。美味しくてご飯完食して胸焼けしました。(苦笑)

次の更新はローマからです。

あと2日。2ヶ月でどうしてこんなに散らかるの?という感じだった隠れ家の荷物を2日がかりで整理し、トランクを詰め、沢山の荷物をAsagiさんに押しつけ、代わりにお手製梅干しを頂きました。そしてトランク宅配を出し、ピアノレンタルでお世話になったお店にも挨拶して、実家に寄ってまた江ノ島の見える従兄弟の家へご厄介になりました。今回の滞在は本当に色々ありました。ゆっくりローマで休養したいです。

旅行翌日はちびこたんさんとお茶。ケーキ屋さん併設で勿論美味しいケーキが食べられます。
お茶

もう当分これでお目にかかれないので目一杯おしゃべりしてきました。また来年お目にかかりましょう。

このページのトップヘ