暑くて引き籠もり

カテゴリ:
本日の患者数
新規陽性患者193人
新規陽性患者193人。137日ぶりにベルガモの病院の集中治療室のコロナ患者がゼロになりました。パルマ(ロンバルディア州)で職場クラスター30人程の新規感染。
ラツィオ州新規患者14人
ラツィオ州は14人うちバングラデシュ含む海外から流入が9人。
バングラデシュ人入国拒否
本日ドーハ経由でイタリアに入国しようとしたバングラデシュ人は全員入国拒否されたそうです。そしてローマのバングラデシュ人コミュニティーはベンガル語でお知らせを出し、昨日から1日で500人あまりの検査を行ったそうです(今のところ陽性ゼロ)。クラスターにならずにすむかな。

<おまけ画像>
チッチョ君@プランター
プランターにはまるチッチョ君。今朝は5時45分頃階下の黒猫ちゃんのにゃにゃにゃと言う声で目が覚め、そっと覗くと塀の上には面会に来たチッチョ君がいました。飼い主さんは箱入り娘に彼氏が出来るのあまり歓迎していないようですけど。(笑)

せっせと検査

カテゴリ:
本日の患者数
新規陽性患者138人
新規陽性患者138人。少し減りました。犠牲者は30人と多数。
ラツィオ州5人ローマ2人+36人
昨日バングラデシュからローマ空港に到着、入国の乗客276人全員を検査したらうち陽性患者が何と36人。ひぇ〜。これラツィオ州新規患者として計算するのでしょうかね。それ以外はラツィオ州6人ローマ2人。2人ともバングラデシュ人クラスターからの同胞。保健省大臣はバングラデシュ人コミュニティーに無料で陽性検査するから出頭するよう呼びかけているそうですが言葉の壁?もあり出頭したのはごく数人とか。そしてダッカとの飛行機便運行停止命令を出しました。そりゃそうだろうなぁ。

そして、今朝9時頃にはケニアさんご夫妻のところも保健所の人が陽性検査にやってきました。一応仕事しているのね・・って幾ら夜中の到着でも空港でやらなかった方がおかしいですものね。

<おまけ画像>
老犬スワラちゃん
お散歩帰り(と言っても庭の中ですが)を激写。スワラちゃん18歳、人間に換算すると90歳以上。ヨチヨチ歩いているけど、耳も遠いそうだけど、目も白内障だけど元気です。そう言えば私はケニアさんの歳もサバ呼んじゃってました。90歳になったそうです。耳は遠いけどすごくお元気です。呆けてもいないしアッパレ!。

おつかい

カテゴリ:
本日の患者数
新規陽性患者208人
新規陽性患者208人。またちょっと増えました。
ラツィオ州19人ローマ14人
ラツィオ州19人うちローマ14人。この14人のうち12人までがバングラデシュ帰りのクラスター。と言うことで本日ダッカから到着の便の常客は全員空港で陽性検査をすることにしたそうです。クラスターの大元の方は観光客ではなく出稼ぎの在住者なんでしょうけど出発前から熱等の症状があった、帰国してすぐに仕事に出た(14日間自己隔離のはずなのに)って無責任です。

本日はちゃんと自己隔離を行っているケニアさんの為に自分の買い物と一緒にコープで買い出しをしてあげました。いえ、昨日ケニアさんがリストと70ユーロを持ってきたんですけどリストがあまりにアバウトなので上階の玄関まで行って奥様にちゃんと聞きました。パスタってスパゲティ?ペンネ?ツナ缶ってオイル漬け?大きさは?ケッパーは酢漬け?塩漬け?生ハムは甘塩の方?トマト缶の大きさは?モッツァレッラは水牛のですね、などなどなど。一番弱ったのが辛口の白ワイン4本。こんなもん下戸に頼んじゃ駄目ですよ(苦笑)。責任が持てないのでご予算を聞いて2本だけにしてまた買い足すことにしました。貴女日本人ねえと奥様に苦笑されましたけど、こちらとしてはなるべくご希望に添いたいし。

私自身の買い物も豆乳3本とかがあったので久しぶりにカートを取って。私は普段生ハムもモッツァレッラも対面販売の量り売り(の高級品)を買ったことありません。生ハムのコーナーで水牛のモッツァレッラここで買えますか?と聞いたら裏側にチーズコーナーありますよ、そちらで買って下さいって言われました。
セルフレジ専用透明バッグ3つ分の買い物をして帰宅。ケニアさんにおつりをハイと大まかに35ユーロ出したらえ?そんなに安かったの?と。いや、それでも水牛モッツァレッラチーズは10ユーロ強と(私的には)高かったですよ。後で計算したら33ユーロでした。セルフレジのディスプレイには安売り後の値段が出なかったから。また喜んでいつでも頼まれますよ。

<おまけの話>
朝黒猫ちゃんのママが下で「ほら、おいで、下りてらっしゃいってば」と一生懸命猫を呼んでる声で目が覚めました。ブラインドを開けると黒猫ちゃんは物置の屋根でそわそわ上を見て。そうです、上の通路にはチッチョ君がいてそわそわと下を見て。早くもご対面ですね。飼い主さん、目出度く捕獲して家に入れて出勤されたようでしたですが、黒猫ちゃんの抗議の鳴き声がうちまで聞こえてましたとさ。

やっと下がった

カテゴリ:
本日の患者数
5日ぶり患者減少
新規患者192人やっと5日ぶりに減少。犠牲者も一桁。
ラツィオ州新規患者14人ローマ11人
ラツィオ州も14人ローマ11人と少し減りました。
ケニアさんの奥様の言葉を裏付けるように(解禁になった地区以外の)海外からの入国者には空港で陽性検査をして陰性を確かめる必要がある・・って記事。やっぱりやってなかったのね。そりゃそこからクラスターわきますね。大体ケニアさん夫妻だって常識的な人たちだから犬の散歩以外の外出はされてないけど(ロックダウンの厳しい時はそれすらも違反だったけど)保健所が問い合わせている気配ないですから。
最近のクラスター
こちらは6月28日からのクラスターの図。大きいのはローマの介護病院(120人)は犠牲者も出ましたね、そしてボローニアの運送会社支部(117人)、椅子投げのモンドラゴーネ(73人)。はっきり言ってよくぞ抑え込んだという感じです。これからもまだこの状況続くでしょう。気を抜かないようにしないと。

<おまけ画像>
熟睡
患者数は下がったけど気温は上がりました。窓辺の日陰で寝るジュリエッタ。暑さで時々仰向けでヒラキになって寝ているそうですがまだ写真が撮れないと猫パパさん。
お手伝い?
こちら物置の片付けをする飼い主さんのお手伝い?いえ、様子見をする黒猫ちゃん。朝にはずっと階段を上って庭へほぼ到達していましたよー。飼い主さんは外出時は猫を家に入れているようですけど気をつけないと。

猛暑一息

カテゴリ:
本日の患者数
新規陽性患者235人
新規陽性患者235人。ロンバルディア州は減っているのですがヴェネト州での外国帰りのマネージャーからの大クラスター(自己隔離しなければいけないのに発症前に誕生日会、会社の会合など出歩いて感染を広げ、陽性が発覚しても入院を拒否した無責任な方!)などで患者は増えています。
ラツィオ州倍増
ラツィオ州33人ローマ14人。せっかく少し減っていたのにまた増えました。前週のクラスターの残り等に加え、国連機関勤務のソマリア帰りの医師2人陽性などどうしても国際的な感染持ち込みが多いです。

本日の天気
雨女の方(ケニアさんの奥様)の帰国のおかげで天気が久しぶりに崩れ、雷が鳴りました。空かき曇り、雨は降りませんでしたが気温が30度以下に下がって冷房をつけずに1日過ごせました。
庭の真ん中に猫の遊び台を置きっぱなしで外出された階下の方。他人事ながら心配しましたが、雷の鳴る頃には帰宅して軒下に寄せていました。そして黒猫ちゃんは物置の屋根へと行動範囲を広げ、お隣のうちの窓の樋へ。いやぁ時間の問題と思いますが樋の上は通路。そこまでたどり着いたらお庭が行動範囲の猫パパさん宅のニャンズと遭遇ですね。お庭の向こうの道路に出ないように気をつけてやらなくちゃ。

坊も帰国

カテゴリ:
本日の患者数
新規陽性患者223人
新規陽性患者223人とわずかですが増え続けています。
ラツィオ州11人ローマ7人
ラツィオ州11人ローマ7人。国外(パキスタンとバングラデシュ)から2人、交通事故で救急に運ばれた人1名偶然陽性。生徒父兄の感染はまだクラスター化とまではいっていません。
先週のRt
先週のラツィオ州のRtは先々週より減ったもののまだ1.04。ワーストはロンバルディア州でなくその隣のエミーリア・ロマーナ州の1.28。

昨日のケニアさんに続いて今日は坊がドイツから帰国しました。こちらも4月半ばの予定が足止め。あてにならない?母親のお迎えの補欠として一応予定を空けてありましたが問題なかったようです。ずっとホームワーキングで、今回の休暇は2週間ですが上司にローマから仕事を続けてくれれば慌てて帰って来なくて良いと言われたそうで、片道切符で帰ってきました。まだ詳しい話は聞いていないのでその話はまた。

<おまけ画像>
窓を開けて寝ていたので朝鳥の鳴き声とニャン、カカカという声で目覚めました、ブラインドを上げて下を見ると
黄色いまなざし
黄色い2つのつぶらな目がこちらを見上げていました。5月いっぱいでダンス教師君が引っ越した後に母娘(母親50代娘20代半ば?)とこの黒猫(猫は男性名詞なのに飼い主が女性形で呼んでいたので多分メス)がすごい一杯の荷物と共に越してきました。お名前はまだ知りません。

ケニアさんのお帰り

カテゴリ:
本日の患者数
新規陽性患者201人
新規陽性患者201人。4日連続で増加。犠牲者は4州のみ。
ラツィオ州新規患者11人ローマ6人
ラツィオ州は11人ローマ6人。学期末の生徒と父兄の記念の夕食で30人集まった中から(これまずくないっすか?)2人子供の患者が出ました。夕食にいた皆様勿論全員隔離、行っていたサマーコースも閉鎖。あとは海外帰りの先日の患者の家族。なかなか患者ゼロになりません。

早朝5時。聞き覚えのある犬の鳴き声で起こされました。そして「スワラ!」というケニアさんの声。居候さんの無神経な靴音とこれまた無神経にドスンとトランクを落とす音。居候さんはどこかへ行き、ケニアさん宅は静かに。私も二度寝。

午前11時頃ケニアさんは犬を散歩(用足しをさせ)に連れ出し、奥様が我が家の扉をノック。ぐぐっと遠距離で「本当は飛行機が2時に着くはずが遅れてね。ケニアのイタリア大使館で書かされた健康証明書とか10枚ぐらいの書類を検疫では何も見ないどころか検温すらしなかったのだから。ホントにイタリアへ帰ってきたって実感したわよ。」出ました、奥様の毒舌。(笑)
2週間の自己隔離なのですが、最低1週間は人を近づけないことにするそうです。買い物に行くときは頼む物があるかもなので電話で知らせてくれって言われました。勿論です。本当は3月に帰ってくるはずだったのが4ヶ月遅れました。超老犬のスワラちゃん含め皆さん元気でお帰りになれて良かったです。

1日3外出

カテゴリ:
本日の患者数
新規陽性患者187人
新規陽性患者は昨日より多い187人。うちロンバルディア州が109人。
ローマ3人
ラツィオ州9人うちローマ3人。1人は外国から。犠牲者は2人。
今日よりイタリアはEU及び日本含む14カ国から受け入れ開始。とはいえ、EU以外からは15日まで自己隔離継続ですが。

今日は朝からVちゃん宅へ、午後からはCちゃん宅へレッスン。30度をゆうに超す猛暑の中、やっぱり車のエアコンのクーラーガスは入れて正解だったなと思ってます。そして夜は4ヶ月ぶりにルチアーノさんのレッスン。タンゴのカップルレッスンは同居中のカップルに限るので私が参加したのは個人のテクニカルレッスン。3月に1ヶ月分丸々払って1回しか行けなかったからその分の残りもあるし、それより何とかしないと贅肉減らないし。(汗)
まずタンゴシューズはジムの外のベンチで交換。中に入るのに検温(ピッと当てられるやつ)と名前、携帯電話番号、サインをしていざ、部屋へ。途中の柔道の部屋はいち、に、さん、し、ご、ろくとかけ声をかけつつ型の練習をやっていました。ダンスの部屋は床には1メートル角の枠が10コテープで貼ってあります。今日来ていたのは私を含めたった3人。ルチアーノさん直々のテクニカルレッスンなんてなかなかないよい機会なのに。
で私はと言うと何か久しぶりにピンヒールのタンゴシューズを履いて、あら、私のバランス感覚どこへ置き忘れたの?(夏休み後のうちの生徒達みたい)と思えるほど見事にさび付いていました。久しぶりの1時間半のレッスンのおしまい頃には集中力も落ちるし終わった後は脚の筋肉も痛いし。
でも何かすっきりしました。帰宅して本日3回目のシャワー(外出して帰るたびシャワー・・)を浴びました。久しぶりによく活動しました。

猫捕物

カテゴリ:
本日の患者数
新規陽性患者142人
本日の患者数142人。ロンバルディア州が約半分。昨今ロンバルディア州の患者が減ってきて全体数が減った感があります。
ラツィオ州新規患者5人ローマ2人
ラツィオ州5人ローマ2人。犠牲者はゼロ。

朝10時頃近所同盟に猫パパさんからのメッセ。「チッチョ朝ご飯の後行方不明、潜伏中。目撃情報求む」。今朝は2回目の予防注射でしたね。「いつ出かけるの?」と聞くと「」。仕方ないですね、私はまだ洗い髪ですけど捜索しますか。

建物を出てゆっくりあちこち見回しながらずいっと庭を横切り、猫パパさん宅へ。庭のニラの様子をちょっと見て玄関へ。あれ?閉まってます。ノックを2回ほどした頃後ろからニャオンと声をかけられました。何だいるじゃないですか(笑)。ピアニストの指によるスペシャルなでなで(で保定)しながら更にノックすると4回目ぐらいに猫パパさんが出てきました。抱き上げてハイと渡すとすぐさまケージにチッチョ君をお尻から押し込み、「神業だ。いったい何をしたんだ?」
チッチョ君は呼ぶと来る珍しい犬のような猫ですが、今朝は感づかれないようあえて呼びませんでした。いつものようにお宅へ伺うようなふりをしただけ。
ご飯時のチッチョ君
目出度く予防注射のすんだチッチョ君、夕食時には勿論出席!でした。

相変わらず暑い

カテゴリ:
本日の患者数
新規陽性患者126人
新規陽性患者126人。犠牲者は6人と2月28日以来の数字。
ラツィオ州新規患者9人
ラツィオ州はレストラン関係クラスターより4人。1300人検査で客1人陽性と発見。本日は犠牲者はゼロ。
金曜まで猛暑
金曜まで猛暑だそうでそのあとは嵐?。いえ、雨女の方がローマに戻るからかもですが。

猫パパさん宅のクワルト(4番目)君は私の提案により日本語でシロー(四郎)とお名前決定。ノミ取り薬はもう付けたし、家猫化計画の次は予防注射かな?。

このページのトップヘ

見出し画像
×