Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

DSC_0935
Asagiさんと実家へおまいりに行く前にお昼をご一緒しました。そして私が故人の部屋を捜索している間に病人の話相手をしてくれました。何もする気がないと落ち込んでいる病人、体重が32キロまで落ち込みちょっと心配です。と言いながら実家に戻らない私も頑固なんですけどこちらこそローマに戻る前に出来るだけ色々な書類仕事を片付けなくては。

日にちを数える余裕なく慌ただしく過ぎた一週間でした。書類仕事は永遠に続く気がしますが少なくともイタリアに比べれば腹の立つことが少ないです。聞けばきちっと教えてくれるし。(笑)

東京駅へ出掛けました。正確には地下街ギャラリーへ従姉妹の展覧会を見に。故人の代理のつもりで
DSC_0923
沢山の画家さんが出展される中従姉妹は花の水彩画を2枚。1枚は売れたそうです。
展覧会の後お茶に誘われ1人では決して行かない所へ
DSC_0931
駅ホテルラウンジ
DSC_0929
香り高いコーヒーとケーキ

そしてゆっくりと故人の想い出話に花を咲かせました。お通夜をやらなかったし、火葬式当日は母方の親族が多く唯一来て下さった父方の従姉妹と落ち着いて話が出来なかったので。

狼が来た婆のフェイクニュースに懲りた私は毎日病院へ通い、様子を毎日従姉妹にメッセージで送りました。その度色々勇気づけて下さったり私のことを心配して下さったりとても心の支えになりました。

DSC_0932
外が暗くなるまで延々喋り、途中駅で別れて帰途に着きました。
DSC_0934

いや、東京駅は音大受験のため東京までレッスンに通いその帰りに通って以来でした。丸ノ内口新駅舎、素敵でした。
明日からは書類仕事が待っています。

老人を送りました。
几帳面だった故人は自分のいった後のことをかなり準備してありました。お葬式の早割(ご丁寧に2人分)に始まり、葬儀用写真(多分50年前のもの?)そして納棺するものまで。

燃えない物は入れないで下さいと葬儀屋さんに言われ一応中身を確認しました。
臍の緒(持っていたのが驚き)、オペラ歌手マリア・カラスの写真(これも知っていた)以外に見つけたものは、私が小学1年生の時描いた下手な絵、お父さんありがとうとそれまた下手な字で書いてありました。そんなに愛されていたんだなと、それを見た時目頭が熱くなりました。

寂しいです。

隠れ家に近いasagiさんの陶画の展覧会へ行きました。
DSC_0917
そして近くでお昼を一緒に
DSC_0918
〇イゼリヤのランチ。久しぶりにパスタ食べました。ほうれん草とベーコンは普通。トッピングに海苔がのっていなければ。ミニフォカッチャも普通。エスプレッソコーヒーはボツ!

隠れ家のシャワーカーテンを3コインショップで買いました。カワイイのでトランクに入れば持って帰るかも。300円ショップも誘惑です。

日本に帰って来て結構気になるのが何でもかんでもチャイムが鳴ること。駅はご丁寧に出る列車によって音楽が違うなんて。いえ、日によってイ長調に聞こえたり変イ長調に聞こえたりします。私の絶対音感この頃ちょっとズレ気味です。トシかな?笑

現在の隠れ家も朝8時と夕方5時5分前にチャイムが鳴ります。極めつきはゴミ収集車のチャイムがエリーゼのために。やめてくれー(苦笑)

老人少し容態落ち着いて近日中に転院出来るかも。本人の呼吸が少し楽そうになって私も嬉しいです。

追記
翌日病状一転して悪化。今晩は付き添いです。

先程苦しまず永眠しました。90歳の大往生でした。土曜日午後火葬式の予定です。

本日から一人暮らし。病院にはバス2本で行けます。ちゃんとご飯食べなくちゃ。
そして本当は明日転院のはずだった老人。病状再び悪化で転院延期になりました。更に良いニュースでは無いですけど…

朝早くから病院に呼び出されたその日、従兄弟の友達主催の地引あみがありました。病院に寄った後行きました。

もう地引あみはとっくに終わり、採れたシラスやバーベキューと朝からアルコールが入って出来上がったお客様達。
IMG_20180526_142551
IMG_20180526_142601
飲まない私はほぼ宇宙人扱い(笑)
ザル3杯シラスが採れたそうで食べ放題。アオリイカもとれて刺身も。
IMG_20180526_151316
お開きのあとは海辺を歩いて移動、従兄弟のアパートで2次会。蟒蛇の如く飲み続ける皆さん。そして夜7時過ぎには皆さんは3次会へ行かれ、アパートには同じ建物のご夫妻が2組お見えになりました。DSC_0913
こちらもお酒は前にありましたがだいぶ穏やかな方々。夜11時頃お開き。一日食べ続けた感じでした。

そしてイタリアでは私不在のまま24回目の合同発表会でした。私の生徒を面倒見てくれて全部発表会をkamerinさんと差配してくれたNoriさんには本当に感謝してもしきれません。ほぼリアルタイムで生徒の御家族から写メ頂きました。来年は4半世紀。がんばらなくては。

今日も朝から病院へ。面会時間破りで看護師さんに注意されました。(汗)
でも酸素の管外れました。薄紙を剥ぐようにですが回復傾向です。
そして私もレモン味の葛根湯無しで何とかやってます..

追記
今日主治医に呼ばれました。肺炎は治ったけど体力、嚥下力、認知力は著しく低下し、回復の見込みは難しいのでリハビリ病棟の対象ではないから療養型病院へ転院するようにと言われました。はっきり言ってあまり朗報ではありません。歳を考えると仕方ないかなと。

やっと病人と話したのですが、何で転院かと文句ばかり言う始末。私に言われても...(ため息)

さすがに疲れが溜まって微熱状態継続。
DSC_0909
良薬は口に苦しと言うけどレモン味の葛根湯はなかなかショッキングです。
IMG_20180522_172931
相変わらずの美味しいご飯。昨日の八宝菜の残りがあんかけ焼きそばに化けました。イイネ

老人容態ひとまず安定してそれなりに平穏です。いえ、病人は相変わらず親戚に電話しては老人を勝手に危篤にして狼が来た婆を続けるだけでなく他にも人の仕事を増やす余計な事をやらかしてます。お願いだからこれ以上私と従兄弟が疲れる事やらないでおくれー!(泣)

DSC_0908
素晴らしい夕日
DSC_0906
そして美味しいご飯。私は恵まれてます。

このページのトップヘ