Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

朝から自分の使った布団を干し、洗濯機をかけました。そして今滞在3回目の通院付き添い。

私がご飯を用意した1週間、いつもより食卓が賑わって 病人食べ過ぎたらしく、吐き気がするというので近くの内科へ。薬取りもこなし、今回の帰国のお役目果たしました。
夜は2時間半かけて成田のホテルへ。次回更新はローマからになります。

image

実家の下の桜。もう少し咲いて欲しかったなあ。残念。

病人の歯医者通院付き添い。30分以上かかると言うので私だけお昼をこちらで
image

よくわからないので辛さ普通ご飯普通の魚介カレー。
image

辛さはいつものマイカレーより若干辛めですがOK、ご飯ちょっと多めでした。隣で男性が大辛、カツ2枚載せ、ご飯400Gを頼んでました。すご〜い。
久しぶりの日本のカレー満喫しました。

〈おまけ〉
8の日なので持って帰る食糧を大人買いし、目についた季節限定。
image

帰るまでに桜咲くかな。トランク早くも満員御礼になりました。

肌寒くて冬のような日でしたがバタバタと Nさんとお茶。
image

大振りのミルフィーユ、レモンクリームのアイシングがかかっていて洒落た味でした。
image

土産に羊羮まで頂きました。季節限定桜羊羮楽しみです。実家の裏玄関スロープの上の桜、昨日は一輪開花してました。帰るまでに桜の花の写真撮れるかな。

帰国翌日最寄り駅の〇ニクロと〇印に行って来ました。〇ニクロは坊への土産のTシャツ含め1万円超のお買い上げで〇アリズムまで頂きました♡
image

一目惚れして定価なのに買ったTシャツ。キーチェーンのオマケも頂いてしまって

小腹はこちらで満たしました。〇印カフェ。コーヒー300円がも少し安ければ最高。
image


これであとは最寄りスーパーの8の日を待つだけ。(笑)

朝は7時半起き。シャワーを浴びて湯沸かしのスイッチを切り、冷蔵庫に保管してあったパルメザンチーズをトランクに入れ、コーヒーを淹れ、生ゴミをまとめて8時半出発。

まずはヘルシンキまで。もう飲み物しか出ないのがわかっているのでサンドイッチ持参。
image
アルプス山脈?いえ、アペニン山脈でした。

ヘルシンキはまだ根雪が残っていました。気温3度。
image


乗り継ぎも自動パスポート読み取り機も慣れました。慣れないのは北欧値段。
image

image

それでもカフェインは補給して2ユーロ50の水も買いました。ただねえこの水、ナチュラルウォーターよねと念を押して買ったのにガス入りで蓋を開けた途端私は水浸しになりました。ノースパークリングって聞かなきゃいけないのか

ヘルシンキー東京便はさすがにご飯出ました。
image


1食目豚肉甘辛とご飯。横にパンが付いて来たのとお寿司ご飯の具みたいな野菜が中華風でミスマッチ。まあ食べられないほど不味くは無かったけど。
結局一睡もせず3冊電子書籍を読破。
image

2食目の朝食はまあ美味しかったです。
image

食事が終わると到着はもうすぐ。

image
成田も曇り空で肌寒いです。
image

日本上陸カフェインとエネルギー補給。これ正解でした。京成線から地下鉄、そして始発最寄り駅直通で爆睡して帰ろうと思ってたら、途中で送電線故障でまさに最寄り駅が不通になり、慌てて渋谷から別ルートを取り、だいぶ遅くなりました。長旅が更に長くなりました。

いつも通り4レッスン。帰宅時にナビはピザ屋の横を通る道を指定。解凍御飯からお夕食変更。(笑)
ポルチーニ茸とミニトマトのピザ

そしてデザートは旬も終わりのオレンジ。
オレンジ1個


洗濯機を回し、掃除機をかけ、トランク詰めました。何も買っていないので片側だけ。計量すらしていません。
片面だけ詰めたトランク


次回更新は日本からです。行ってきます。

晴天
あたふたと毎日を過ごしているうち、すっかり春になって汗ばむようになりました。本日の昼間の気温は23度。

初ジェラート
生徒宅に5分早く着いてジェラート屋の前にパーキングスペースがあるとこうなります。本年度初のピスタチオとビターチョコのジェラート。

聖ジュゼッペの日の揚げシュー
こちらは先週金曜日の買い食い。サンジュゼッペ(キリストの父親)の日の揚げシュークリーム。謝肉祭のお菓子を買った店にて。1つ買ったらすぐ食べるって聞かれ、袋に入れて下さいな、うちまで我慢できればと言ったら無理よと笑われました。写真を撮るために我慢したようなもの。夕食後に食べたら本格的に胸焼けしました。聖ジュゼッペの日(イタリアでは父の日。3月18日)が明日で良かった。(苦笑)

来週からの超短期無理矢理春休み一時帰国。もう補講で一杯です。生き延びることが出来ますように。

坊父の誕生日に呼ばれました・・と言うか運転手を仰せつかりました。(苦笑)
嬢とその息子
ベビーシッターに渡米中の坊母を置いて嬢はニューヨークから家族で里帰り。坊姉も北イタリアから婚約者と駆けつけ、坊兄も家族4人で出席。
料理
料理
嬢は料理上手ではないですが、頑張って色々な物並んでいました。ここだけの話ですが坊が作ったスパゲティのソースは絶品でした。
バースデーケーキ
そしてケーキ(名前の所は隠してあります)。最初は数字を逆に58と置いていましたが、やっぱり並べ替えました。さすがに昔のように18とは言わなくなりましたけど。

坊父様は今回の手術騒ぎで15キロほど体重が減ったそうですが、それでも子供達がみんな揃って誕生日を祝ってくれてとても嬉しそうでした。

猫パパさんの所ではピッコラが急死し(でも多分ガンだったと思う)、ロメオが失踪(交通事故?)しました・・猫口が半分になりました。

イタリア人は基本的に約束時間にルーズ。でも分刻みでバタバタ師走をする私は原則的にまあ、時間厳守。いえ、イタリアの時間厳守は5分遅れ迄って言うべきですが。伊語でアカデミックな時間割と言う言葉があり、15分遅れまでを指すのですが、元々は大学で教室を移動する教授が少し遅れることを指すそうですが。

月曜日のことです。さて、出勤しようと家を出て見た光景は
出口でエンコ
ちょうど駐車場の庭の入り口をふさぐ車。持ち主は住人のひとり。ちょうど車を出して門を手動で閉めて出かけようとしたらエンジンがかからなくなった・・・

ひぇ〜レッスン先はローマの反対側のエリーサちゃん宅。時間ちょうどに着く計算だったのに、と言うか今出れば5分早く着くけど5分後に出ると渋滞で10分遅刻するというところ。持ち主のMさん、「すみません。今、兄がバッテリーケーブル持って向かってます。あと5分ぐらいで到着すると思います。」さしあたって私は生徒のお母さんに写メを送ります。そして10分後救援到着。
救援到着
兄こと我がアパートの管理人Aさん、ごそごそとケーブルを出して繋いでエンジンをかけ・・駄目でした。え〜お願い、私出勤しなくちゃ。

最終手段
車を2人がかりで押して、切り返して我がアパートの駐車場に入れます。いえ、うちの前の道路は一方通行でしかも登り阪。ご苦労様でした。

私は20分遅れでレッスンに到着。幸いその後は15分ほど空きがあるので問題なくすみました。時間ギリギリでレッスンが詰まっている日だったら本当に泣けたなぁ。

そしてカーニバル最終日。脂ぎった火曜日。
食べ納めのキャッキェレ
近くのお菓子屋で100グラムだけやっぱり買ってしまいました。これで食べ納め〜。

生徒達の風邪菌に負けて再び葛根湯とアスピリンのお世話になってます。頑張らなくちゃ。(泣)

先週坊父の入院先へお見舞いに行きました。まあまあ元気でその翌日には退院したのですが、傷がくっつかず、今度は大学病院に再入院したというので坊と見舞いに行ってきました。

大学病院
中には診療科ごとに色分けされた誘導ラインが引いてあるローマとしてはとても近代的なちゃんとした病院。坊父様、日本語に飢えていたと見え、色々私に日本語で愚痴こぼしますが・・どうして(お腹)切っちゃったんだろうねって・・それは必要だったからじゃないですか?(苦笑)
でも前の週より顔色も良く、安心しました。(追記:その翌日退院する)
8階からの景色
こちらは病室のある8階からの眺め。郊外にあります。

そして坊に送ってもらって帰宅し、昼を食べて今度は環状線半周、ローマの反対側のロベルティーノ君宅まで日曜出勤。スキー休暇に出かけてレッスンが飛んだので補講。どうせ普段から沢山練習している連中ではないので(ロベルティーノ君除く)帰宅翌日に伺ったからって普段のレッスンの時と余りかわりはなしと。

レッスンが終わると今度はいつものタンゴのレッスン場へ。そうです、今年度初めてのうちの先生主催のプラティカ。昔のクラスメイトのA君やホントに初心者の頃嫌がらずに誘ってくれたI君とかに久しぶりに再会しました。同窓会気分。いえ、自分がいかに進歩してないかに久しぶりに気付いた夕べでした。
タンゴのプラティカのおやつ
割と控えめなおやつでしたが結構お腹にたまって・・でも家の近くの揚げ物屋でフィッシュエンドチップス買ってしまいました。夜の10時に食べる夕食にはふさわしくないけどピザ屋も閉まっていたし。

1日よく移動しました。私の車で移動した部分だけで走行距離130キロありました。

このページのトップヘ