Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

プレセーペとお餅
今年も窓辺のスペースにミニプレセーペを出しました。お雛様同様一年中飾れないのが残念。そして12月と言えば餅屋開業。

本日はこのお餅第1作を持って午後坊の所へ行きました。本当はスウィングのレッスンが祝日にもかかわらずある・・ハズだったのですが最終的に出席者が私しかいないと言うことでドタキャン。そうだよね、昨日のタンゴのレッスンも中級クラス8人中3人しかおらず、初級コースの時間を延長。我々は2曲踊ってお開きにしましたから。

お菓子とバースデープレゼント
坊は私の為にケーキとプレゼントを用意してくれました。中身は外付けハードディスク。余りに誕生日に何が欲しいの!!って迫られたのでニャマゾンのギフトカードで良いよと言ったのですが、物で!!と言われ。永年使っているデータバックアップディスクのバックアップ用です。

私はもうだいぶ前にお高いハンドバッグを自分の誕生日プレゼントとして買ったので、今回は新しいスマホ用液晶保護フィルムと予備用USBCタイプ(充電がスタンダードなミニUSBでなかった)ケーブルだけ。いや必需品か。

12月と言えば急に寒くなり湯たんぽも出しました。帰国までいよいよ2週間。準備全然できていません。(苦笑)

祝日を翌日に控え、久しぶりに一日中5レッスンの師走。昼の大きい生徒のレッスンが終わってスマホを見ると、お客様の修理に出されたスマホは届きましたので取りにおいで下さいとのメッセージ。ちょうど3軒目はスマホの修理を頼んだ店と目と鼻の先。引き替え伝票はずっと持ち歩いていたし、レッスン前に引き取れるぞ〜

店には誰も客がいませんでした。修理引き替え伝票を出すと、はい、代替品です。サインして下さいと新しいスマホの箱を出されました。それは良いのだけど今まで使っていたモデルと違う新しい物。えっ?と思いながらサインして受け取り、レッスンを更に3軒済ませてひとまずタンゴのレッスン前に夕食を食べに戻り、電話を充電して夕飯を10分で食べ飛び出しました。

1年前モデルチェンジ寸前に買ったので結局彼らの元に同モデルの代替品が無かったのでしょう。いや、私は旧モデルのスマホケース、端っこが割れたので日本のニャマゾンにもう次頼んでしまいましたよ。う〜〜ん。気が早すぎたか。

チョコとスマホ
新しいスマホ(勝手に白になった)と気の早い猫パパさんに頂いた38gX24の業務用チョコパッケージ。2ヶ月で食い尽くすかな。(汗)

スマホは元のSDカードをそのまま入れたら認識して、なんとねこあつめまで復元できました。3時間でほぼ設定完了。やったね。

また久しぶりに地下鉄通勤。帰りに生徒宅そばの野菜やで長ネギだけ買ってバケツトート型通勤バッグに突き刺して地下鉄に乗りました。
すいた車両の向こう側に見覚えある顔が。坊に地下鉄の中で出会うのはこれが2度目。「帰宅遅くない?』「そちらだって」「それに何だってハンドバッグに長ネギ差して』「今晩の麻婆豆腐に要るの

四方山話に花を咲かせていたら「あっ乗り換えだ。じゃあまたね」「えっマリアーナ駅で乗り換えじゃないの?」「始発駅で乗り換えないと座れないもの

さすが坊母が生まれてこの方お疲れと称する坊、社会人になってもお疲れのようです。(笑)

かく言う私も帰宅して麻婆豆腐を作り、食べ終わったら夜10時。どっと疲れが押し寄せてタンゴのプラティカへ行くのは断念しました。

昨日ですが昼過ぎにレッスンへあと30分で出かけようとしていたときに1軒目のお宅のお父さんからマーレ通りが大きな事故で大渋滞中ですと連絡がありました。さあ、早めに出勤しなくちゃ。どこで事故ですか?と聞いたら○ェイズ(ナビアプリ)の渋滞画像のスクショが送られてきました。真っ赤=渋滞中。
ただ今渋滞中

いつもと違う道で途中まで抜けてマーレ通りと並行する道路に出るとはい、目の前で小型乗用車が天井を下にして転がっていました。一体どういう運転をしたらああなるんでしょう。それにしても1車線ずつの道路は片側ずつ交互に通行で気の遠くなる渋滞。私の出た並行する道路はすこしノロノロ。レッスンには定刻につけました。お父さんのメッセージのおかげです。

朝の11時頃の事故(だそう)なのに1軒目を終わり2軒目に向かう午後3時半、まだレッカー車がごそごそやって道が渋滞していました。これも何とかかわして2軒目定刻到着したのですが、3軒目には15分遅刻しました。それでもナビアプリのおかげで15分ですんだと言うべきでしょうか。
そうです。明日からクリスマス前渋滞で師も走れない師走です。頑張らなくちゃ。
この冬初の摂氏0度
本日夜11時半の気温。突然寒くなりました。あっ、カレンダーは車のバッテリーを9月に交換してセットし直していませんけど。(汗)
写真画像がしょぼいのはまだXペリアちゃんが修理から戻っていないから。ぼちぼち出来る頃だけどなぁ。

<おまけ>
ブラックチョコペースト
ピンボケですが、こちらが猫パパさんとのスマホ修理期間の賭けに賭けて勝った物。有名チョコメーカーのブラックチョコペーストです。トラピスト修道院のよりお安くて結構好みかも。

ハロウィンに次いでアメリカから近年イタリアに上陸したもの、それはブラックフライデー。
今まではニャマゾンあたりが細々とやっていましたが、本年は私の所にはブラックフライデーセールのメールが5カ所ぐらいから来ました。だいぶ行こうか迷ったのはアウトレットの鞄屋さんからの4割引のお知らせ。大体定価より3割引ぐらいで売っている物を更に4割引されたらこれ、ガソリン代かけて行ったら何か買わずにはいられないだろうな・・(汗)
一人では気が引けたので一緒に行く犠牲者を捜したのですが皆さん私よりちゃんと財布の暇が締まっていると見えて誰もお供してくれないので・・やめにしました。いや、ショッピングモール内の同じ鞄屋さんからは週末割引と誕生日割引のお知らせが来ています。危ない危ない・・(苦笑)

いえ、明け方すごい雨が降ったのでアウトレットは行くのを止めようと決心しました。

そして夕方帰宅すると建物の外回りの電気が消えています。どうやら朝の大雨でどこかが浸水、ショートしたらしいです。我がアパートこそブラックフライデーになりました。ちょうど一緒になった隣の猫飼いお姉さん、暗がりで足元にまとわりついたロメオ君に転けそうになっていました。

<追記>
夜猫パパさんに聞いてみたら、案の定明け方の落雷、大雨でインターホンまで不通だったのを管理人お抱え工事人君が何とかインターホンは直したけど照明は復帰出来ず。月曜日までお預けだそうです。建物の中は普通です。

<追々記>
お陰様で電気は火曜に復旧しました。良かった‥

毎年恒例の夕ご飯付き予防接種。今年は私が風邪気味だったので1週遅れました。効果は1ヶ月後頃からって言うので年末帰省には間に合うかな。

トマトソースヴォンゴレスパゲッティ
ヴォンゴレのパスタの後は
サーモンとポテトのグリル
イカリングフライ
なんとお魚の主菜が2種。ヴォンゴレもイカのフライも食べたいな〜と思っていたのでとても嬉しかったです。

一口サイズお菓子
元生徒のお宅の真下のケーキ屋さんで一口ケーキを買いました。久しぶりに寄ったら店がとっても小綺麗になっていました。お菓子の美味しさは変わらず。

御飯の後の話題は昔の生徒やその家族のこと。某元生徒はできちゃった婚のあと5年で別居。某元生徒のご両親は家庭内別居状態。昔はあんなに仲良かったのになぁ・・

嬉しいニュースの方が少なかったけれど、こうやって昔のように久しぶりにお喋りして・・はっと気付くと夜遅くなっていました。また御飯だけ食べに来て下さいと言われました。

実のところ一週間ほど風邪気味でした。どこへ行っても生徒は風邪引き、それもお腹に来る風邪から熱風邪、咳風邪とよりどりみどり。(泣)
水曜日のタンゴのレッスンはパートナーの誰かに風邪をうつすのも悪いので休みました。あとで先生、いや友達のパオラさんが土曜日午後に有名なアルゼンチン人のタンゴの先生のテクニックのコースがあるけど来ない?とワサップで誘ってくれました。折角なので久しぶりに出かけてみることに。

その女の先生が言うには、あなたがたひとりひとりにあなたがたのタンゴがある。人のことは気にしないで、目をつぶってこの曲を聴きながら思うままに手を動かしてみましょう・・というまるで禅問答のような所から始まり、そしてタンゴは頭の中に感じた音楽が血液のように体中を巡るもので足や手の動きは動かすものでなく突き動かされる物だと・・

音楽の鳴っている間生徒の間を回り、手を当ててここに貴女のタンゴを支えて・・みたいなことを言う・・とおおよそ予想していたタンゴのテクニックのレッスンとは全く違う物でした。でも1時間強のレッスンの後、リラックスして何かアルゼンチンタンゴの宝物をもらったような気分にさせられました。

我々日本人が西洋音楽を専門にするジレンマってあります。ましてやその本場のヨーロッパ人に日本人として西洋音楽を教える・・いや、私が教えているのはどう指を動かすかで音楽はひとりひとりが心に持っていると思っています。私はそれを引き出すだけ。何かおんなじだなぁ・・

月並みな言い方ですが興味深かったです。いつも日かブエノスアイレスへ行くぞ・・

我が魔の指で壊れた?かもしれないXペリア。出荷時の状態に戻し、SIMカードを抜いて動作確認しても駄目なのでサービスセンターの検索にかかりました。いや○ニーアシスタンスにまず電話。ボタン選択でご用件を振り分けられた後自動音声案内が「この電話はエジプトのコールセンターにおつなぎします

割とちゃんとまともにイタリア語を話すオペレーターに「お客様、それはこの番号ではありません。XXX-XXへかけて下さい」と言われてかけ直した先はズバリXペリアサービス。北イタリア訛りのオペレーターが応対してくれて、用件を言うと、「では、お宅へ修理人を差し向けます
 いえ、大型液晶テレビじゃあるまい、自分でサービスセンターへ持って行くからと言うと、「いえ、お客様、その前に色々手順がありまして・・」と言われ、まずタッチスクリーンの診断、セーフモードで起動しての動作確認(スマホにもセーフモードってあるのね)、そしてパソコンに繋いで○ニーのソフトウェア(ファームウエア?)修復はスマホの電池が満杯でないのでその場で出来ず、それを終了して動かなければ再びお電話下さいと言われました。

翌日ソフトウェア修復してもやっぱり動かないので再び電話すると直接引き取りに来る方法(有料)とサービスセンター一覧のリンクも教えてくれました。うちから車で10分以内のサービスセンターへGO!

○ニーだけでなく他社のアシスタンスもする小さな店は待ち客が3人に店員が一人。店員はひたすら(ほぼ関係ないことを)喋るオバサンに圧倒されて応対に苦戦。「息子が使っていてアタシは使ったことないけどアタシ名義だから来たのよっ、関係書類全部持ってきたから。」でも肝心の領収書は2005年購入で薄くて見えず。そういう感光紙のレシートはコピーすぐに取っておかなきゃ。
店員のお兄さん、どうせ保証期間外だからと書類を無視。修理は10〜15営業日かかりますと言ってオバサンに「どうしてもっと早くできないのよっ」と文句言われていました。可哀想に。そして3人の待ち客の1人はオバサンのご主人らしき、もう1人は引き取りに来た人で割と早く順番が回ってきました。日本の○コモで病人のケータイ修理の時は1時間半待たされたからそのぐらい覚悟してきたのに。
Xペリアサービスに電話して彼らの言う動作確認は全部やった、タッチスクリーンのナビゲーションボタンが動かないと説明すると購入領収書をコピーして、ケータイ連絡先を聞かれ、ハイ、10〜15営業日かかりますと告げられ引換証をくれておしまい。
実は修理に何日かかるか猫パパさんと賭けをしました。7営業日以内なら猫パパさんの勝ち、それ以上かかれば私の勝ち。どうやら私の勝ち・・みたいですけどね。
そしてリューズが空回りしていた腕時計、再びそうっと押し込んだら元通り動きました。こちらも保証期間内なので店に連絡して返事待ちだったのですが店に今回は直りましたと再び電話したら笑われました。

先日夏時間から冬時間に戻そうと時計のリューズを引っ張ったら抜けそうになりました。慌ててそうっと押し込んだらはまらなくなりました。(泣)

生徒宅の呼び鈴押したら戻らなくなりました。お父さんが慌ててペンチと潤滑油を持って駆けつけました・・(滝汗)

そして今朝はスマホのボタンが動かなくなりました。とほほ。まさか強打が原因じゃないよね。仕方が無いので前使っていたスマホにSIMカードを入れ替えました。スマホは一途の望みをかけてまっさらにリセットしましたが駄目でした。あ〜あせっかくのねこあつめがおじゃんになりました。まだ保証期間なので近日中に修理に出します。

<業務連絡>一応ワサップも引っ越しさせましたがもし応答がなければメッセ下さい。

時間の流れに完璧について行けていません。祝日もあったのに(11月1日)・・たった1時間の夏時間から冬時間への時差もあったのかなぁ。

これは水曜日のタンゴのレッスンの後。レッスンが終わるなり管理人に追い出されて学校が閉められてしまうので遂におやつが校外になりました。
挙動不審なおぢさん2人
脇の軒下では浮浪者(といっても割とこぎれいだった)が寝ているローマの白熱電球の下ごそごそと用意をするVさんとMさん。
野外でおやつ
タンゴのレッスンの後の夜11時のパンとサラミとワインのおやつ。(爆)

四角いコロッセオ
金曜日久しぶりに地下鉄通勤しました。冬時間になると帰りは真っ暗。地下鉄駅前の通称四角いコロッセオ(ムッソリーニ時代のローマ新都心エウルの建築物の一つ)のライトアップ。こちら○ェンディが借りてから小綺麗になりました。

巷は早くもクリスマスの飾り付け用品やクリスマスケーキが売り出され始めました。こうやってあっという間に今年も終わるんだろうな。

このページのトップヘ