おニューのデジイチを見せようと猫パパさん宅のブザーを押すと猫パパさん赤い目で出てきました。「今朝ビリーが逝ったよ。」

往年のビリー君猫パパさん宅の庭で産まれてこの4月2日に19歳を迎えるはずでした。人間で言ったら100歳の大往生?です。だいぶ前からアルツハイマー状態でしょっちゅう猫トイレの外に水たまり、一日中餌をねだっていたのがここ数週間ぐっと食べる量が減り、1日22時間ほど眠り、大儀そうに歩いていたので長くないなとは思っていましたが。

猫パパさんにあれだけかわいがってもらえてビリー君は幸せな猫生を送ったと思います。

そう言えば数週間前スパイウェアおばさんちのカンガルーことクーキ君も病死したそうです。おばさん宅も爺猫チプリア君だけになったし・・

と言うのでラズベリーの写真も撮らず最期のお別れだけしてすぐお暇してきました。