昨日のサルサのレッスン中ついに先生のパオロさん、キレました。「どうして新しい技1つ増えると古いの3つ忘れるんだ!君たちのクラスは10月開講のクラスに殆ど追い抜かれでいるぞ。ボクはレッスンしてお金もらって生徒がうまくならなくてもどうでも良いのを見逃すことが出来ない石頭なんだ
ははあ、やっぱりクラスごと落ちこぼれているんですね。鈍い私より更に鈍いM氏ら中年三銃士がいるクラスですからさもありなん。
そしてついにその中年三銃士の一人L氏に「君どうしてそんなに(リズム)きちんと数えられるの?」と聞かれてしまいました。「だってこれが職業だから。私ピアノの先生ですけど。」と告白したら、苦笑いして「そんなトップシークレットどうして今まで黙っていたの?」って言われてしまいました。だって男性諸氏の皆さんに嫌がられるからで〜す。(爆)