今日も師走。もうすぐ本物の師走で師こと私は渋滞と闘いつつ狂走になります。

本日1軒目はP君。こよなく楽な人生を愛する生まれてきた時から既に疲れている現代っ子。それなのにわざわざ自己流の恐ろしげな指使いで四苦八苦。思わず「右手には指は5本しかないわよ」と突っ込んだら、「う〜ん、残念。6本目は途中で落としてしまった」と答えが返ってきました。私は6本目があったら余計混乱しそうですけど?(笑)
ハノンの練習曲では先へ行くほど指がもつれるので「下降形もう少し練習してね」というと、「いや、プロサッカー選手でも90分目には1分目ほどに走れないし・・」要するに弾いている間にエネルギーを消耗するって・・?

これは私などでもラフマニノフの協奏曲のクライマックスでミスタッチが増えるのと同じ。ラフマニノフは特に最後の数ページにどうして集中的にあんなに難しいパッセージ書いたの?って時々恨めしくなりますけど。でもねえ、30分以上に及ぶ協奏曲の最後とハノン1ページとはたとえが違いすぎます。

3軒目でもお嬢ちゃんは「(練習曲の楽譜の1段目を指さしながら)ここまでは下り坂走っていて(2段目を指さして)ここからは上り坂って感じなんです」って同じようなことを言ったけれど、皆さんそんなにエネルギーを無駄使いしているんですね。省エネしましょう。それとかここからもう一度弾いてって言っても途中から始められないで最初から弾く子。そうやって出来ない箇所だけ集中的にでなく最初からさらう習慣付けるから、出来ない箇所に来る頃には集中力もエネルギーもなくなるのに。時間とエネルギーの無駄だけどなあ・・

生徒と一緒にエネルギーを消耗した私は仕事の後コープを夢遊病者のように徘徊しました。気づくと甘いお菓子、甘いヨーグルト買っていました。。