今年は冬も寒かったんですが、春の来るのも遅いです。ミモザも開花が2週間ぐらい遅かったし、桜も1週間以上遅かった気がします。猫の目のようにくるくる変わる天気は気違い3月と言って先月の典型的天気なんですが、4月下旬現在まだ天候不安定な今年。
紫蘇
そんな中3月に蒔いたら暑い日が数日続いて芽が出てしまい、さて枯らしてはと家の中と外と行ったり来たりした紫蘇。昔我が生徒のお宅からもらった紫蘇の種→我が家で繁殖→ねるさんにお裾分け→子孫繁栄、我が家は度重なる夏の帰省で全滅したのでまた反対に分けて頂く・・という歴史のある?紫蘇。
みょうが
こちらも日本に引き揚げる生徒から頂いたみょうが。去年はすごく芽が出たのですが猫パパさん宅の庭で夏に直射日光を浴びて葉っぱは全部落ち、収穫ゼロ。根っこは健在でした。

ローズマリー
こちらは台所の日陰の窓で通年生息するローズマリー。先がちょん切れて短くなっているのは私が料理に拝借したから。場所を取らないよう囲いをして無理矢理縦に伸ばしています。
にら
そしてニラ。これだけは夏に猫パパさんの庭のど真ん中へ置いて帰省するとかんかん照りの日を浴びてすごく元気になります。

ベランダが無く、窓辺にこれらを置いていますが、現在の下の下の住人はこれらに神経質。ちょっと水やりで水が下にこぼれたら怒鳴られました。去年はバジルの鉢が風で落ちて捨てられました。なのでこれ以上増やせない状況です。ミョウガの鉢は針金で家の中にくくりつけてあるし・・