Noriさんとの18回目の合同ピアノ発表会。今回は私にとっては特別です。
新米先生(生徒)と生徒(孫弟子)
何と我が生徒が発表会にその生徒を2人連れて参加しました。孫弟子の発表会を一緒に出来るなんて本当に嬉しくて・・・世のおじいちゃんおばあちゃんってこんな気分なんだろうなあ。(笑)

と言うので孫弟子アンナルーナちゃん(6歳)から始まった発表会。参加者44人、前半1時間半、後半50分にわたる長丁場でした。

ミキ君
我がブログの主要なネタと化したミキ君(12歳)。この長い足、うらやましいほど長い指。ちらっとミスタッチはありましたが大きな失敗はせずに乗り越えました。ちゃんと泥縄したね。(笑)

今年は大きくなってから始めた発表会2回目の高校生がぼろ上がりして途中で止まり、それでもなんとか終わらせて楽屋に戻り、ずうっと発表会の最後まで泣いていました。練習もちゃんとするまじめな子だけにショックが大きかったみたいで・・う〜〜ん、レッスン中から貴女に無いのは経験と度胸だと言っていましたけど、あそこまでぼろ崩れるとは私も予想しなかったので緊急時の乗り切り方を事細かに教えていませんでした。ギロックみたいにしゃれたものでなくもう少し古典的な曲の方がよかったのかも。
何年先生やってもこちらも反省材料はつきません。それにピアノは教えられてもあがらない方法なんて教えようありません。上がらないのではなく、上がっている自分と折り合いをつけるのですから。小さいときから始めた子はあがってもそれなりに乗り切りますけど大きくなって直面するとそれは難しいようです。

今回は色々な方が来てくれました。ケニアさんの奥様とその親友のナディアさん、サルサ友?Mさん、タンゴの元先生パオラさん、そして坊。とこ。さんは花より団子ならぬ花よりケーキを持って駆けつけてくれました。
ケーキ
発表会の道具などは全部ヴィデオ撮りをお願いした猫パパさんに持って帰ってもらい、Noriさんとお手伝いに来てくれた息子君を家まで送ってもらいました。
私同様疲労困憊だった?Noriさん、会場にレインコートを忘れていき、見覚えがあるコートが楽屋に?とケータイに電話したらそのときまで気づいていなかったようでショックを受けていました・・わかります。疲れますよね。

さて、発表会会場は我々が借りたのは午後10時までの時間帯。余る2時間を去年は声楽の人とシェアしました。今年はピアニストが来るはずだったのですが本番10日ほど前に腕を骨折、キャンセル。5日前になっても誰も代わりがいないというので親友Lに声をかけたらすぐに乗ってきました。ただし呆けていた私は10時終了と言い忘れ、当日プログラムを1曲減らして10時に終わるよう懇願、演奏会は無事アンコール含めて10時4分前に終わり、幸い男性なので着替えも必要なく、荷物を持って会場を後にしたのは10時1分前という離れ業でした。

今年も無事終わりました。
お花
お花
例年より花束は少なめでした。代わりに銀のお花のオブジェ、お水のいらないお花、そして蘭の鉢植え。枯らさないようがんばります。