普段ローマでは日本大使館へ伺うとき以外ははんこに無縁な生活の私。今回もマイ三文判(出来合い)を忘れて帰国して実家の玄関常駐の(100円ショップで買った)三文判を拝借していました。しかし具合の悪い病人の代わりに代理人として色々やるとなると委任状が必要でそのはんこにいかにもな三文判をそれもまっすぐ捺していないと父に怒られ、遂に一生使えるマイ銀行印作りました。もう数週間前の話ですけど。
銀行印
もう名字変えると思えないけれど一応名前の方で。

私は考えたこともなかったのですが大安が翌々日だったのでその日に彫って頂きその日のうちに取りに行きました。こだわる方多いそうです。印鑑ケースは赤と言ったら店の方が「特に銀行印は家計が赤くならないように赤いケース避ける女性のお客さん多いです」と言われ、私も黒にしました。(笑)

ちなみに名字名前で実印を作っているといくら印鑑証明があっても名字が変わった時点で無効になる!そうです。へぇ〜〜
私は実印は所有していますが、住民票が日本に無ければ印鑑登録も無効になります。銀行印で印鑑証明もOKなので何かの時はこれで印鑑登録し直そうかなあ。