朝から病人から電話。○○を持って病院に来いと言っていたのに、来なくて良いと。ではと家の掃除をしていたらまた電話。「1月7日に本退院だって。」私の帰国日じゃないですか。「1日早めて貰ってよ。」と私。それから電話は切れ、また昼頃に電話。「一時帰宅の後1月2日に一度戻って検査して3日ですって。」それからまた午後に電話。「12月30日にもう帰れって。」何かどんどん日にちが早くなりますけど大丈夫?そして目医者から帰ってきた父は目を白黒。さあ洗濯は終わりですよ。(笑)

午後スーパーに散歩がてらに出かけて5時15分ぐらいに帰宅したらもう夕飯の用意をしている老人。インスタントの味噌汁の袋を出し、「具は何にする?」「夕食は6時過ぎですよ。そんな早くからお椀に味噌汁の具なんかあけないで下さい。」人の言うことを聞かずどんどんお湯を用意し、ご飯の冷凍を引っ張り出す老人。「今から用意したら夕飯が5時半になりますよ。」
そんな早くできるわけが無いというので生姜焼きを作ってお皿に盛ってお湯を沸かし・・ほら、出来たじゃ無いですか。(苦笑)
まさか病院より早い5時半に夕ご飯を始めたとは思わずに電話をまたかけてくる病人。「30日は日曜だから29日の朝10時に出なくちゃいけなくなったから朝8時に片付けに来てちょうだい。」(呆然)

結局帰省は一日ショッピング(昨日)、一日休養(今日)、一日料理(明日)で残りは介護になりました。