パオラさんと昼食。ちょっとタンゴのことで相談したくてわざわざオフィスに寄ってお昼を一緒しました。
彼女がダイエット中?でいつもの切り売りピザで無くバールの軽食。豆のスープがあるから頼んだらななんとボールで出てきました。こんなに食べたら昼食だけでなく夕食も完了になりそう。案の定夕食はお茶漬けになりました。(汗)
白インゲンとパスタのスープ

パオラさんは皿に山盛りの野菜と肉。切り売りピザとどっちがカロリー高いだろうか。
野菜盛り合わせと鶏


そしてクリスティーナさんのタンゴのレッスンであったことを話して、私はだんだんタンゴが下手になってきている気がする、どうしよう・・と相談すると、貴女は技術だけに目が行ってタンゴの本質である踊っている2人の対話から離れてきている、下手になんかなっていないから気にしないでレッスンでなくてどんどん踊りに行きなさい!と言われてしまいました。うん、確かに。更にパオラさんのクラスにレッスン毎週伺っているからたとえ男性役とは言えレッスン代払うと申し出たら、若干一名レッスン代を払わず来ている昔々の(私より前に始めた)生徒である男性がいるのですが、足を引っ張っている彼がレッスン代払わないのにはるかに(男性役として)上達して貢献している貴女がどうして払うのよっ、と怒られました。では有り難くタンゴ道精進します。いや、男性役も難しいなと思う今日この頃。ピアノでは無いけれど難しく思う=上達している証拠と思うことにしましょう。

クリスティーナさんのレッスンはしばらくお休みすることにし、せめて週1回は踊りに行くように努めようと思います。