また1年がたち、また1つトシを取りました。
一番最初のお祝いはみくしから。フライングで前日夜に日本時間で下さったから。そして友達からのメール、メッセージ。実家からも老人はメールで、病人は電話でお祝いをくれました。
昼前には坊からも電話。「お誕生日おめでとう。毎年記憶が定かで無いんだけど昨日だったっけそれとも今日だっけ。」
昔は祝日である12月8日に坊宅で祝ってもらっていたので坊の記憶が一日ずれるのは頷けます。いやいや電話くれるだけで嬉しいですよ。
そして本日のレッスン先の一番大きい生徒は「誕生日おめでとうございます。うちの両親が我が家の近くのレストランで夕食にご招待したいと申しております。よろしければいつもより遅いレッスン時間に来て頂いてそのままってのはいかがですか?」とメッセージをくれました。喜んでお受けしました。
フォカッチャ
ほかほかのフォカッチャに始まり
ムール貝
ムール貝の前菜
ヴォンゴレスパゲッティ
そして私はヴォンゴレスパゲッティ。ちょっと油多めでしたが美味しかったです。
漁師風リゾット
こちらは生徒の頼んだ漁師風リゾット。
ビフテキとフライドポテト
生徒の同居人は肉食人種。
鯛とジャガイモのグリル
生徒のご両親はプリモ無しで鯛とジャガイモのグリル。

ティラミス

かなりの満腹度で直接デザートに突入。私はティラミス。かなり重かったです。
リンゴのケーキ
生徒のご両親はリンゴのケーキ。
普通イタリアでは誕生日の人が奢るのが普通なのにご馳走になってしまいました。もはや家族同然の20年以上知り合いの彼女のご家族だからこそ出来る(イタリア的には)非常識。
バースデープレゼント

生徒からのプレゼントは○クエの調理容器。これ持っていませんでした。試すのが楽しみ。
チョコとカフェポッド
猫パパさんからは例年のようにカフェポッドとチョコ。
財布
そして自分で自分へのプレゼントは前もって寅の日に(図らずもアウトレットで3割引になっていたのを)購入し、家中の有り金を入れてぬくぬく寝かせた後(風水流)誕生日の寅の日に使い始めた財布。今まで3つ折りの手のひらサイズの黄土色の財布持っていましたが余りに小さすぎると見えて大きなお金が全然入ってきませんでした。なのでサイズも2つ折りながら少し大きめで金運と人脈運の上昇を願って。ステキな財布と共に良い一年でありますよう。