木曜日はタンゴのレッスン。今回のレッスンのシークエンスは360度方向転換。
女性役として何年も前に習ったときは何か訳がわからず、何か男性にあっちこっちに引きずり回されてえっ?元に戻ったの?・・と言う印象があったのですが今回はその引きずり回す側。

男の先生ロベルトさんの言うように一つ一つのステップは今までに学習した目新しいものでは決して無いのですが、それを組み合わせて一回り出来ちゃうって面白いです。但し男性は行きの90度回転X2と帰りの90度回転+45度強+調整がきっちり出来ないと勿論元に戻れません。
まずはレッスン場の床の木目を基準にトライ。10回ぐらいやったら360度にはなっていないもののステップの構成がわかり、更に10回ぐらいやったら180度ずつに分かれるものの何とか元の方向に戻れました。そしてレッスン時間の終わり頃にはクラスで一番若い大学生Bちゃんに、「うわ〜っすごい、ちゃんと1回転して元に戻ってるぅ。出来てるよぅ」って褒めてもらいました。ちょうどプラティカにやってきた初心者男性があんぐり口を開けてみていました。だってちっこい東洋人女性が頭一つ背の高い女の子(Bちゃんは私より20センチ背が高い+ヒールのタンゴシューズ)相手に1回転しているから。いや、このシークエンスに関してはリードする側の方が簡単です。

安物の男の子用タンゴシューズ(私の靴サイズ)をネットで買いました。海を越えてはるばる来るようでまだ届くまで時間かかるようですけど。タンゴ男性役道も邁進中です。(^_-)

<追記>ロベルトさんとパオラさんの方向転換模範演技録画追加しました。