久しぶりに疑似兄から連絡を頂き海の近くまで伺いました。
今回は彼のアパートの管理をしているおじさんと疑似兄さんの日本人マネージャー君も一緒でおじさんの行きつけのいつもと違うレストランへ。
ヴォンゴレスパゲッティ
いつものヴォンゴレスパゲッティと
ローマ風アーティーチョーク
アーティーチョークのフライ
今が旬のローマアーティーチョークのローマ風蒸し煮とフライ。
白身魚のグリル
そして近海で捕れるお魚のグリル。美味しかったですけどヴォンゴレはちょっとニンニクが焦げていたのが残念。

疑似兄との話題はズバリ介護。指揮者をしながら日本にいるときは介護という大変な生活の疑似兄。お忙しいだろうからこちらから連絡はしなかったのですがやはり色々と大変だったようです。色々と有用な情報を頂きました。

昔より食べる量も飲む量も減った疑似兄。トシですからと笑っていましたが大変だったことがうかがわれます。こちらも家族の事情で演奏家休業中ですが落ち着いたらまた宜しくと言うことでお暇しました。

帰りは普通の国道でローマに戻ったのですが、ここは自動速度摘発機械がここかしこにしつらえてある道で、かくいう私も一度気持ちよく走っていて突然の市内50キロ制限を見落としヤラレタことがあります。なので後ろの車が嫌がろうと40キロ制限の所は粛々と走って。私は飛ばし屋では決してありませんが気分的に苦痛です。やっぱりお金払っても高速で帰れば良かったかな。