土曜日ですがイタリアは祝日。私は・・仕事。いや、いつもより30分早くロベルティーノ君宅へ伺いました。お母様が「誰からやるの?」と聞くと「ボクからじゃないよ」とロベルティーノ君。半分寝ぼけている一番上の兄ちゃんがぶーたれながら電子ピアノの前へ。余りに発表会の曲の出来が悪かったので「来週この調子だったらキミの順番はロベルトのすぐ後まで落ちるからね」と脅しをかけました。ロベルティーノ君が完璧に出来ている訳ではなく、彼はまだ小さいからと言う言い訳が出来るけど兄ちゃんは出来ないだけの違い。真ん中の兄ちゃんに至っては、「ボクこんな難しい曲発表会で弾かない・・」とか泣き言を言って先生にどやされました。この期に及んで何と根性の無いことを言っているのだ、キミは。

これまた30分早く伺ったエリーサちゃん宅。こちらも左手の音があやふや。まあ、こちらもまだ小さいから目をつぶろう。
この後は時間を前倒ししたジョー君。相変わらず完成にほど遠い出来。遂に先生は「この調子じゃキミの発表会の順番はロベルティーノ君の前だっ」とキレました。簡単な曲と難しい曲と2曲出したのに簡単な曲の方すらボロボロとシャープやフラットが落ちます。難しい曲は・・先生絶句状態。どうするんだい、キミは?

胃に穴の開きそうな午前中の5レッスンを終え、いったん帰宅。昼寝しないと意識朦朧です。30分気絶して軽く昼を食べた後午後のレッスンへ。

兄ちゃんのカンカン(天国と地獄のテーマ)はメロディがレガートにならず伴奏形にのズンチャッチャッチャッにつられてケンケン(片足跳び)になります。う〜〜ん、初心者にはこの弾き分けは難しいのはわかるけどもう少し目立たないようにならないだろうか・・
弟君は今日の連中の中では一番良く弾けていましたが、テンポが揺れます。先生が横で声をからして人間メトロノームをすると良くなるのですが、本番の日には人間メトロノームは出来ないしねぇ。

フルーツコンポート
レッスンの後子供達のおやつのご相伴にあずかりました。いつもはおばあちゃんが珈琲入れてくださるのですが、今日は祝日でお出かけだったので。

これで目出度く20日ぶりに明日はお休みとなりました。教師生活長くなりますが19日間ぶっ続けでレッスンしたのはこれが初めてです。先生若くないんだから酷使しないでおくれ。ちなみに来週はメーデーの祝日はオフで日曜出勤の予定です。(ため息)