翌日は朝から電車で郊外へ・・なのに3分の差で電車に乗り遅れ、こちらで2時間待ち。
サンラザール駅
ルノアール?の昔から変わらないサンラザール駅。
列車で45分、更に駅前からバスで20分ほど。行った先はモネの家と庭。すごい浮世絵コレクションの数でした。それも画家が選んだだけあって良い作品ばかり。北斎漫画のようなものもありました。
モネの家
浮世絵

そして
水蓮
ウォーターガーデン
まさにこれを点描画で描けばモネの作品。で肝心の有名な太鼓橋の写真を撮っていませんでした。観光客鈴なりだったし。

お昼をセルフで食べ、パリへ戻り夜はこちらへ。
リヴゴーシュ
リヴゴーシュと言われるセーヌ川左岸。有名な観覧船が往き来しているその川岸にあるのは
屋外ミロンガ
屋外ミロンガ。原則無料です。
狭い場所で岸壁側には皆の荷物がくくりつけられるロープが張られ、それが柵代わり。ぐるっと踊りながら回っていって岸側に来ると緊張します。ターンした途端ボチャンと川へ・・ってことはないけど。それに水辺で涼しい・・いや踊っていないと風が冷たく寒いです。お誘いがかからないと凍えそうになります。
パリの若者は皆ビールを抱えてきて踊っている人を見ながらお喋りにふけっているけど下戸の私は暖を取るものがない。この夏にセーターはさすがに荷物に入れませんでした。
ミロンガは11時でお開きになりメトロで帰途につきました。週末は午前2時ぐらいまで動いているそうです。利用客も一杯。いつもローマでは車で遠くのミロンガまで出向く私としてはうらやましいです。