5時台に起き、冷蔵物をトランクに詰めて冷蔵庫の最後の点検。水の元栓も閉めました。
空港の火事跡
出発は火事のあったターミナル3。ちょうどターミナル2と3の間の商店街に接するバールが出火元だったようです。有害ガスは無いと言いますがまだまだ焦げ臭く傷跡生々しいです。パスポートコントロールも仮ごしらえみたいな感じでこっちとあっちは縄一本で隔てられている感じ。中の免税店も手狭な感じ。まあ私としては出発できれば文句は言いません。

我が意に反して乗り換え時間が1時間40分となった今回の旅。いや、なぜか離陸は30分遅れ、着陸も30分遅れ。飛行機を降りてから次までの接続は何と1時間きっかり!!
駆け足で乗り換えコントロールを抜け、厳しいセキュリティチェックではトロリーが再検査。全てを抜けて見覚えのあるターミナルに出たときには既に搭乗開始中。搭乗口までの途中でお紅茶と水をひっつかんで買い、中の連絡鉄道の駅を下りてお手洗いに行こうと思ったときにはもうゲートを閉めますと最終搭乗案内がかかりました。仕方が無いのでまずチェックイン、飛行機の中で離陸前にお手洗いにいかせてもらいました。かなりきわどい乗り換えでした。機長からのアナウンスは「今最後の荷物が積み込まれるのを待っているのであと数分で出発致します。」あっ、それ私の荷物に違いない。荷物の方も乗り換えぎりぎり。(汗)

機内食
機内食(最初のはローマロンドン間の物)は代わり映えせず毎回ほぼ同じ。でも2食目和風フライドチキン(照り焼き風)はまあまあだったかな。

珍しく断続的に3時間ほど眠り、タブレットの電子書籍を2冊読んで羽田に着いたのは予定時刻30分前。トランクは割と早く出て来たのですが破損(ポリカーボネイトの本体が3センチほど割れた)していたので手続きをしてからそのまま宅配へ。コンビニの100円アイスコーヒーで目を覚ましてからで電車に乗って我が家と逆方向へ。
駅前改装中
こちら全面改装中で何が何だかわからない状態。住民票転入のための戸籍謄本を取りに本籍地の区民センターへ。番地を忘れていて老人へメールで問い合わせました。(汗)

帰りに最寄り駅で○ニクロの部屋着を買って帰宅しました。昼を回っていました。