ここ数年夏休みも正月休みも無い私にとって唯一の休みは復活祭・・って言っても、やれ出かけるからレッスン前倒し補講だなんだと結局数日普段より凝縮して働いたあと日曜を除いて実質1日だけの休み。今年も木金と朝昼夕とレッスン三昧。車も大渋滞するので苦難の師走。
ナポリ風パスティエーラ
こちらは木曜のタンゴのレッスンに生徒のステッラさんが持ってきた自作のナポリ風パスティエーラ。復活祭の典型的お菓子の一つです。中身はリコッタチーズと麦?を煮たもの?(イタリアのスーパーではもう瓶詰めで売っています)そして香り付けはオレンジエッセンス。人によってはオレンジピールも入れます。
チョコだらけ
こちらはミケリーノ君のママやその他から頂いたチョコレート。猫パパさんからはいつものトラピスト修道院のセミスイートのヌテッラ(チョコスプレッド)。

金曜日は交通渋滞が恐ろしいので朝の1軒目のレッスンの後地下鉄終点駅の駐車場に車を置いて出勤。昼は生徒宅で持参のトーストを温めてもらい5分で昼食、そしてレッスン。地下鉄を乗り継ぎ午後最後のレッスンはアドリアーナちゃん宅。レッスンが終わって復活祭のご挨拶をして帰ろうと台所を覗くとそこはまるで戦場。
生地作成中
小麦粉からパスタ生地を作りパスタマシンに何度も通して延ばしているのは何と84歳になるおばあちゃん。(注:これは1度目に作った生地が足りなくて作り足した第2弾の画像。1回目の生地は卵10個は使ったと思われる。)
中身作成中
娘が外出中で代わりに野菜を刻みリコッタと大量のパルメザンチーズを入れて混ぜトルテッリーニのあんをせっせと作っているのは息子、つまりお父さん。
トルテッリーニ
そしてトルテッリーニにフォークで模様をつけるのにアドリアーナちゃんだけでなく私までかり出されました。(苦笑)
ちなみに復活祭の食卓は何人?って聞いたらたった9人だそうです。いやぁ、あのトルテッリーニは20人前分はあるな。

結局暗くなってからお暇して地下鉄で帰路へ。聖金曜日はコロッセオで法王列席の下キリストの苦難の道の儀式が行われるので道は閉鎖、午後からは地下鉄もコロッセオ駅を通過します。
復活祭の飾り付け
スーパーでは結局買い出しと言うほどの物を買いませんでした。アスパラガスも美味しそうなのが無かったし特別な物を作るのもやめ。ピサに食い倒れに行った猫パパさんが月曜に復活祭料理抱えて帰ってくるのをお裾分け頂くし。今や24時間スーパーもあるんだし、ねっ。