発表会のことで疲労困憊、もうネタを見つける元気もない今日この頃。朝起きるとわさっぷに猫パパさんからのメッセージが入ってました。
「プッチーナが2匹のカワイイ子猫を連れて移住」。

プッチーナ
これこれ2週間ぐらい前からでしょうか、猫パパさんちに新しい食客猫が現れていました。若くて小さなグレーの雌猫。野良とは絶対思えないフレンドリーさ。昔猫パパさんが飼っていたグレー猫プッチによく似ていて小さいので猫パパさんはプッチーナ(小プッチ)と呼んでいました。初対面の私にも体をこすりつけ、猫パパさんが抱き上げても怒りません。家の中にもずかずか入り込み、飼い猫風なのにお腹がたるんで小さいのにその食べっぷりは異常なほど。子猫に授乳している形跡があり、絶対近日中にファミリーでやってくるよと言っていました。近年飼い猫が相次いで失踪またはみまかりピッコリーナ+たまに食客野良猫数匹の現在、殆ど猫パパさんはこの猫が子猫を連れて定住する日を待ちわびていた様子でした。
2匹の子猫
2匹の子猫たち
遊ぶ子猫たち
ミケリーノ君ちの子猫より少し大きめ。離乳しておりちゃんと大人のウエットフードにかじりついていました。黒白はオスのようですがグレーは不明。猫パパさんが黒白を掴んで子猫がピーと鳴いた途端すっ飛んでくる立派なお母さん猫プッチーナに見張られていて。近日中にわかるでしょう。
お母さんプッチーナ
何か猫パパさん孫が出来たみたいに嬉しそう・・(苦笑)。

(追記)グレーの子猫の方は雌。名前は雄ロメオ雌ジュリエッタ(ロミオとジュリエットの伊語読み)にするそうです。