2ヶ月半家を空けて帰ってきて一番心配していたのが粉につく蛾。家中に蛾取り紙かけておいたのですが効果は2ヶ月。家のドア開けたら蛾が舞って・・いませんでした。但し台所の罠の中はいっぱいかかっていましたが想定内。

時差ぼけで5時に目が覚めた帰国1日目、まず最初の仕事は猫パパさんに手伝ってもらって車のエンジンかけ。予想通りかかりません。うちから500メートルの修理工場のマルコさんにお電話すると午後に行くと言われ、猫パパさんに頼んでコープへ買い出しに連れて行ってもらいました。だって家の中に食べる物が皆無ですから。
浄水器のフィルターに始まり、卵、豆乳、モッツァレラチーズ、そして野菜をいっぱいいっぱい買いました。だって日本に較べると安いもの。あまりの大人買いにさすがに現金の手持ちが足りずセルフレジにてデビットカードのご登場。あれ?暗証番号押しても動かないけど?と係の店員を呼ぶと「あ〜この機械接触悪いのよねー。私がここ支えるから暗証番号押して
イタリアに帰って来た実感。(違)

昼休みスマホからブログ記事を書いていたらワサップにオンラインサインが付いていたらしく、6月に会う予定だった新しい生徒のお母さんにつかまりました。今日は車無しなんですけど・・と送るとこちらから伺っても・・いえ、午後からは本格的に時差呆けますので明日お電話しますと送りました。昼頃まではともかく午後になると意識朦朧。マルコさんの助手さん達がバッテリーを携えて2人で車でやって来てエンジンをかけ、「バッテリーは交換だね、他に直すところは無い?出来上がったら明日朝ボスが電話するそうだから」と言い残して1人は私の車を運転して去って行きました。

夕食は久しぶりのカプレーゼ(トマトとモッツァレッラとバジルの葉)サラダを食べ、9時には気絶しました。

<おまけ>
紫蘇
ローズマリー

猫パパさんの庭に預けた食用植木。今年は生き延び、倍の丈に育ちました。