イタリア人は基本的に約束時間にルーズ。でも分刻みでバタバタ師走をする私は原則的にまあ、時間厳守。いえ、イタリアの時間厳守は5分遅れ迄って言うべきですが。伊語でアカデミックな時間割と言う言葉があり、15分遅れまでを指すのですが、元々は大学で教室を移動する教授が少し遅れることを指すそうですが。

月曜日のことです。さて、出勤しようと家を出て見た光景は
出口でエンコ
ちょうど駐車場の庭の入り口をふさぐ車。持ち主は住人のひとり。ちょうど車を出して門を手動で閉めて出かけようとしたらエンジンがかからなくなった・・・

ひぇ〜レッスン先はローマの反対側のエリーサちゃん宅。時間ちょうどに着く計算だったのに、と言うか今出れば5分早く着くけど5分後に出ると渋滞で10分遅刻するというところ。持ち主のMさん、「すみません。今、兄がバッテリーケーブル持って向かってます。あと5分ぐらいで到着すると思います。」さしあたって私は生徒のお母さんに写メを送ります。そして10分後救援到着。
救援到着
兄こと我がアパートの管理人Aさん、ごそごそとケーブルを出して繋いでエンジンをかけ・・駄目でした。え〜お願い、私出勤しなくちゃ。

最終手段
車を2人がかりで押して、切り返して我がアパートの駐車場に入れます。いえ、うちの前の道路は一方通行でしかも登り阪。ご苦労様でした。

私は20分遅れでレッスンに到着。幸いその後は15分ほど空きがあるので問題なくすみました。時間ギリギリでレッスンが詰まっている日だったら本当に泣けたなぁ。

そしてカーニバル最終日。脂ぎった火曜日。
食べ納めのキャッキェレ
近くのお菓子屋で100グラムだけやっぱり買ってしまいました。これで食べ納め〜。

生徒達の風邪菌に負けて再び葛根湯とアスピリンのお世話になってます。頑張らなくちゃ。(泣)