長かった介護帰省もあと残り数日となりました。
懸念事項だった病人の通院付き添いを往診看護という形に移行することで解消することになりました。3ヶ月ごとに大学病院通院付き添いの日のためにはるばるローマから帰国ってのはさすがに大変です。それプラス月1回の主治医への通院、歯科医への通院付き添いも老人の手に余ってきましたし。

年3回帰るというのはもう既成事実となったようですが、せめてこちらの都合のよい日にちを選択できるだけでも私としてはだいぶ違います。更に大変だった薬取りも自宅へ薬剤師訪問で届けてもらうようにして、緊急の薬取りの心配も無くなりました。
この度病人の介護度も上がったことだし、これから先を考えるとよかったのではないかと思っています。

巨大カートの中身
先日Asagiさんと○ストコへ行きました。2人の息子さんのいるAsagiさんは12個のクロワッサンの箱を。うちじゃ消費しきれない量です。お味噌汁の箱は(箱から中身だけ出して)私が持って行くために、豚汁はうちの老人の冬のお昼ご飯。バナナは半分こ。

トランクもほぼ詰め、空港宅配の申し込みもしました。ついでに次回年末帰国の飛行機便の予約も。

イタリアの様子は○サップで流れてきます。ヴァレちゃんはカトリック教義のレッスンが始まるのでレッスン日を変更して欲しいと、そしてロベルティーノ君兄弟はピアノをやめるそうです。やる気の無かった兄ちゃんたちは薄々その気配を感じてましたがせめてロベルティーノ君は続けて欲しかったなあ。(泣)
また忙しい師走が待っていることになることを祈ってイタリアへもうすぐ戻ります。

<業務連絡>
○インデビューいたしました。繋げる方は個人的に連絡ください。