Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

カテゴリ: イタリア

今年は割と暖かい日が続いていますがでも日が短くなるのが本当に早くなりました。
ツタの紅葉
先週撮影ですがツタの紅葉。紅葉っぽい木はあるけど紅葉しないで黄色くなります。

仕事からの帰宅の途。ナビはつけず、環状線経由で走っていたら目の前に燃えるものが見え、旗で停止を命じられました。
燃える車
キャンプファイヤーよろしく燃える車。図らずも最前列での見物となりましたがポッポ〜ンと火の粉が飛んできます。10分ほど待たされて徐行で通行を許されましたが、3車線分ぐらい離れているのに顔が熱く感じるぐらい。

なぜか肝心の時にナビつけていないんですね。停車中に見たら○AZEには出てましたよ、車炎上中って。現在進行中のボタン押しておきました。みんな迂回してね。

いつものように出発前日まで仕事。3ヶ月近く家を空けるので片付けもかなり大変です。というので気絶しそうです。大体1週間ほどすごく暑くて体力消耗したし。

と言うので小ネタの写真日記です。
image
image
先日のNori家でご馳走になったお魚夕食。エビのパスタとマグロ(もどき)の甘酢味。いつもながらご馳走様でした。

フライパン
買い出しに出たレストラン御用達のメトロの店内にて。私じゃ持ち上がりそうにない業務用フライパン!

本物のヨーグルトとマグネット
例のコープのおまけ。実物のヨーグルト(チョコチップ入り味)とマグネット(イチゴ味)。

image
ちょうど前のお客さんが要らないというのでラッキーにもマグネットを5個もかわりにもらいました。そうするとやはりコレも買わなくちゃ。レトロな冷蔵庫デザインのマグネット用板。2ユーロ別売り。食料品のがとても可愛いです。ちなみにパンドーロはコープ製ではありませんが。配布は7月末まで。惜しいなぁ、バルサミコ酢とパルメザンチーズとヌテッラ(チョコペースト)のが欲しかった。

トランク中身再確認、再計量して寝ます。次回更新は日本からです。

またまた我が家一帯は長時間停電。朝8時半からとありましたが実際に始まったのは10時半。発表会ヴィデオとラベルをNori さんにお届けしてその足でレッスンへ。終わってからは久しぶりのお上り。
image

途中に車を駐車してバスに乗ったら系統を間違えてこちらへ。何でバチカンに? パトカーが居てテロ対策一応してました。
image

テクテクと歩いてテヴェレ川を渡り...
image

気温32度。ピーカンの晴天。マジでこの空の色レタッチ無しです。こちらを通り抜けて
image

image

いつものこちら金杯珈琲店。
image

目当てはこれ。一夏に1回は食べたいもの。
image

向かいにこんな誘惑もあるけど。(笑)
image


さて帰りは正しい系統のバスで帰るぞと思ったら、あらら向こうでデモ。道路封鎖ってことはバスは来ない。(泣)
image


またテクテク歩いて目当てのバスを拾い、車に戻って一瞬帰宅。シャワーを浴びて再び出かけます。
image

image

オーストラリアへワーホリで出かけた元生徒のご両親に夕食へ呼ばれました。エビのパスタにお魚といんげんの付け合わせ。そして
image

お宅に程近い有名ジェラート屋で3色アイス。苺とキウイとトロピカルフルーツ味。個人的にはチョコレートとナッツ系が好きですが、食後にはフルーツ味で正解でした♡
オーストラリアに行っていて23回目の発表会に来られなくて残念だったと言うので発表会DVDお持ちしました。そうですよね、22回目まで連続参加した生徒と共にずっと見にいらして下さったのだから。
久しぶりに色々な話が弾み、楽しい夕べでした。それにしても暑い日一日中動き回ってくたびれました。

夏近し。昨日は30度近い気温の中渋滞に巻き込まれ、日焼けしました。
そして雨が殆ど降らなくなるこの季節は家の修理の季節。

うちの建物も樋修理のために足場が我が家の窓の真ん前に組まれました。困ったことは風呂場の窓に鍵が無い事。足場に登れば我が家に簡単に泥棒に入れると言うこと。
組まれた足場


ブラインドを完全に閉めて..うん半端ない閉塞感。

翌土曜日仕事から戻ると殆ど仕事終わってました。
image


で、足場の解体にかかり、途中で時間切れとばかりに半分放置して週末。なんか日本人的に信じられない状態。やっぱりまだうちに簡単に泥棒入れるよ~
作業途中・・

発表会まで後1カ月。毎年ご招待状の準備で忙しくなるのに、今年度はそれをさらに忙しくしてくれる事態が起きております。

23年目を迎える合同発表会、年々仕事の速度が落ち、物忘れの加速する私を完璧にフォローしてくれるNori さん、そして気がきくとはいえないものの、ちゃんとやることはしてくれていた我が生徒とかみ合っていたのですが、ワーホリで生徒は海外へ行き、彼女の生徒のうち3人は私に空きがないので外部委託となりましたが発表会は一緒に出たいとお願いされ了承しました。

そこまでは良かったのですが、その彼らを教える先生。もちろんイタリア人ですが、招待状を5月1日に用意するので曲目を知らせてくれと1週間以上前から何度も元生徒を通じて頼んだのになしのつぶて。4月中に曲をくれなければ招待状を空欄にすると親御さんにまでメッセを送って脅しをかけて連絡があったのが4月29日。ケータイが壊れて連絡が出来なかったとか言い訳にならない言い訳をし、そのあげく生徒同士の曲が重なったら、そっちが変えろと言い出しました。私とNoriさんとでは2月頃からこのすり合わせ作業を行うのに。却下して別の曲目をくれと言って返事があったのが30日の午後10時。自作自演って一体何弾くんだろ。

それまでカリカリしながら待たされ、夜中にプログラムを作り直し、印刷・・プリンターが轟音をたてるので出来ず、私は不貞寝と相成りました。やってられん

<おまけ>
image

たまたま出くわした渋滞。これぞイタリア人のメンタリティ全開な気がします。余計遅くなるってわかんないのかしら。(ため息)

巷は復活祭の休日モード。私は一軒だけだけど仕事。

家の最寄りのガソリンスタンドでガソリンを入れ、道に出たところでギアが入らなくなりました。えっ、ヤバイと道の脇に車を止め、三角板を置いてからまず生徒宅へレッスン断りの電話を。う〜ん、レッカー呼ぶしかないですから。

うちより2キロほどの所だったので猫パパさんに電話をしてきてもらいました。猫パパさんが試してもギア入りません。と言うので呼ぶのはレッカー。猫パパさんはイタリア自動車連盟会員なのでそちらを呼びました。但し来るまでに30分・・と言われました(実際にはもっとかかった)。次いで○ペルの修理工場に電話をすると5時までに持ってくればだけれど、工員は帰ったので見るのはとにかく火曜日以降と言われました。結局レッカーが来たのがほぼ5時頃だったので前にもお世話になったうちの最寄りのマルコさんの修理工場へ。勿論まだ空いているのを確かめてです。
可哀想な愛車ちゃん
初レッカー
こんな感じで我が愛車は初めてレッカーに乗せられて修理工場へ。マルコさんが試すとギア入りました。なんだよう。でも、マルコさん曰く、たまたま入ったんで、分解してみた方が良いと言うので、我が愛車ちゃんは復活祭休みの間、いえ多分水曜までマルコさんの工場でお休みとなりました。

愛車は復活祭休みですが私は明日も来週も仕事があります。車がないといけないところは連絡してお休みをお願いし、そうで無いところは普段の数倍の時間をかけて公共交通機関で行くことになります・・あ〜あ

いつものようにレッスンに行って車を駐車してはっと横を見ると
image

そこにはショッキングな光景が。そしてレッスンに伺うと生徒の御家族の車が燃えたとのニュース。

どうも放火だったらしいのですが昨晩ボンという音と共に6台の車が燃えたそうです。出火元の車は骨組みだけしか残らなかったとか。言葉も出ません。

そして次のレッスン先でこの話をすると、この前そこで突然市営バスが燃えて、近くの車が延焼したとか。ひええええ

突然24度まで気温が上がり、ついていけません。でもまだ寒さ来るかも。

晴天
あたふたと毎日を過ごしているうち、すっかり春になって汗ばむようになりました。本日の昼間の気温は23度。

初ジェラート
生徒宅に5分早く着いてジェラート屋の前にパーキングスペースがあるとこうなります。本年度初のピスタチオとビターチョコのジェラート。

聖ジュゼッペの日の揚げシュー
こちらは先週金曜日の買い食い。サンジュゼッペ(キリストの父親)の日の揚げシュークリーム。謝肉祭のお菓子を買った店にて。1つ買ったらすぐ食べるって聞かれ、袋に入れて下さいな、うちまで我慢できればと言ったら無理よと笑われました。写真を撮るために我慢したようなもの。夕食後に食べたら本格的に胸焼けしました。聖ジュゼッペの日(イタリアでは父の日。3月18日)が明日で良かった。(苦笑)

来週からの超短期無理矢理春休み一時帰国。もう補講で一杯です。生き延びることが出来ますように。

イタリア人は基本的に約束時間にルーズ。でも分刻みでバタバタ師走をする私は原則的にまあ、時間厳守。いえ、イタリアの時間厳守は5分遅れ迄って言うべきですが。伊語でアカデミックな時間割と言う言葉があり、15分遅れまでを指すのですが、元々は大学で教室を移動する教授が少し遅れることを指すそうですが。

月曜日のことです。さて、出勤しようと家を出て見た光景は
出口でエンコ
ちょうど駐車場の庭の入り口をふさぐ車。持ち主は住人のひとり。ちょうど車を出して門を手動で閉めて出かけようとしたらエンジンがかからなくなった・・・

ひぇ〜レッスン先はローマの反対側のエリーサちゃん宅。時間ちょうどに着く計算だったのに、と言うか今出れば5分早く着くけど5分後に出ると渋滞で10分遅刻するというところ。持ち主のMさん、「すみません。今、兄がバッテリーケーブル持って向かってます。あと5分ぐらいで到着すると思います。」さしあたって私は生徒のお母さんに写メを送ります。そして10分後救援到着。
救援到着
兄こと我がアパートの管理人Aさん、ごそごそとケーブルを出して繋いでエンジンをかけ・・駄目でした。え〜お願い、私出勤しなくちゃ。

最終手段
車を2人がかりで押して、切り返して我がアパートの駐車場に入れます。いえ、うちの前の道路は一方通行でしかも登り阪。ご苦労様でした。

私は20分遅れでレッスンに到着。幸いその後は15分ほど空きがあるので問題なくすみました。時間ギリギリでレッスンが詰まっている日だったら本当に泣けたなぁ。

そしてカーニバル最終日。脂ぎった火曜日。
食べ納めのキャッキェレ
近くのお菓子屋で100グラムだけやっぱり買ってしまいました。これで食べ納め〜。

生徒達の風邪菌に負けて再び葛根湯とアスピリンのお世話になってます。頑張らなくちゃ。(泣)

先週より少しお疲れ度が少なく感じた今週。少し暖かかったからかなあ。

ヴァレちゃんのジングルベルも今週は4小節とまらずに弾けるようになりました。でも最後の方になるとまだ青息吐息のサンタさん。クリスマス終わって1ヶ月以上経ったのだから少しはお疲れ回復したよね〜(笑)

タロッコレッドオレンジ
この前と同じオレンジを買い足した・・つもりでしたがよく見ると違いました。血のオレンジと呼ばれる赤いジュースの出来るオレンジ。こちらの方が酸味が少ないです。

タンゴのレッスンのおやつ
今週は豪勢なおやつを抱えてタンゴのレッスンに来た人がいました。そしてこのドーナツを4つ平らげたMさん。見ているだけで胃もたれですよ〜。かくいう私は一つ朝ご飯代わりにもらってきました。

ジャズ君
雨の日私の車の下で雨宿りをしていたジャズ君。やっと写真が撮れましたよ。なかなか車の下から出てきてくれず、私は遅刻しそうになりました。

坊から電話で坊父が命に別状のない病気だけど開腹手術をしたと連絡がありました。近年事情があってちょっと疎遠だったのですがお見舞いに行ってきます。

朝9時15分

朝9時15分、出勤時の気温。零下ではないけれど結構寒いです。雲一つ無く晴れて関東地方の冬の日みたい。

遠くに雪山を臨む
昨日は雨が降りました。ローマ市内は雨でしたが郊外は雪。環状線から見える山々も真っ白。

ロベルティーノ君宅は上の兄ちゃんがインフルエンザでした。と言うことで2人だけレッスンして帰宅。今日はこれでお終いではありません。ワーホリでオーストラリアに行った生徒から引き継いた孫弟子。話には聞いていたけど時代物のピアノで実際の音より約1音下がってます。絶対音感がある私としてはイ短調のハズなのにト短調の音が鳴るって・・訳がわからなくなります。今日は我慢。レッスンの後すぐに我らの調律師の電話番号を渡して、連絡を取るようにお願いしました。

さて、この生徒のお宅から門を出ると隣はインド料理店。向かいはローマ最大の市場。何と午後なのに開いているじゃないですか。と言うのでエビと魚と近くのスーパーでは売っていない蕪と白菜買いました。ああ、来週からは地下鉄通勤しよう。これじゃレッスン代が全部食べ物に化けてしまう。(苦笑)

目の前にコロッセオ
そしてナビに従って帰路に。角を曲がると目の前にコロッセオが。ローマに住んでいる実感。(違)

<おまけ>
ワンプレート夕食
エビって剥くとちいちゃくなるのが惜しいです。レンジでエビの酒蒸し、そのお汁と出汁で蕪の葉入り御飯。エビ、美味しかったぁ。明日は蕪

流石に時差ボケで夜9時に寝てしまったら夜中の1時半に目が覚めました。やめてくれ。
寝直して次に目覚めたのは朝7時。目覚ましまで微妙な時間。走れでなく起きろメロスと自分に号令かけて起きました。だって寒いんだもの。

午前8時20分
出勤時午前8時20分(まだ時計合わせてない)気温零下2度。
午前8時55分
35分後ローマ北部のロベルティーノ君宅前零下2.5度。ローマとしてはかなりの冷え込みです。帰宅時の午前11時でも摂氏2度しかなかったし。

レッスン後直接坊の所へアメリカから持ってきてもらった楽譜を取りに行き、代わりに日本からのお土産を渡しました。

飛行機の機内で喉風邪をもらったようです。週末に気合いと葛根湯で治さなくては。

祝日を翌日に控え、久しぶりに一日中5レッスンの師走。昼の大きい生徒のレッスンが終わってスマホを見ると、お客様の修理に出されたスマホは届きましたので取りにおいで下さいとのメッセージ。ちょうど3軒目はスマホの修理を頼んだ店と目と鼻の先。引き替え伝票はずっと持ち歩いていたし、レッスン前に引き取れるぞ〜

店には誰も客がいませんでした。修理引き替え伝票を出すと、はい、代替品です。サインして下さいと新しいスマホの箱を出されました。それは良いのだけど今まで使っていたモデルと違う新しい物。えっ?と思いながらサインして受け取り、レッスンを更に3軒済ませてひとまずタンゴのレッスン前に夕食を食べに戻り、電話を充電して夕飯を10分で食べ飛び出しました。

1年前モデルチェンジ寸前に買ったので結局彼らの元に同モデルの代替品が無かったのでしょう。いや、私は旧モデルのスマホケース、端っこが割れたので日本のニャマゾンにもう次頼んでしまいましたよ。う〜〜ん。気が早すぎたか。

チョコとスマホ
新しいスマホ(勝手に白になった)と気の早い猫パパさんに頂いた38gX24の業務用チョコパッケージ。2ヶ月で食い尽くすかな。(汗)

スマホは元のSDカードをそのまま入れたら認識して、なんとねこあつめまで復元できました。3時間でほぼ設定完了。やったね。

昨日ですが昼過ぎにレッスンへあと30分で出かけようとしていたときに1軒目のお宅のお父さんからマーレ通りが大きな事故で大渋滞中ですと連絡がありました。さあ、早めに出勤しなくちゃ。どこで事故ですか?と聞いたら○ェイズ(ナビアプリ)の渋滞画像のスクショが送られてきました。真っ赤=渋滞中。
ただ今渋滞中

いつもと違う道で途中まで抜けてマーレ通りと並行する道路に出るとはい、目の前で小型乗用車が天井を下にして転がっていました。一体どういう運転をしたらああなるんでしょう。それにしても1車線ずつの道路は片側ずつ交互に通行で気の遠くなる渋滞。私の出た並行する道路はすこしノロノロ。レッスンには定刻につけました。お父さんのメッセージのおかげです。

朝の11時頃の事故(だそう)なのに1軒目を終わり2軒目に向かう午後3時半、まだレッカー車がごそごそやって道が渋滞していました。これも何とかかわして2軒目定刻到着したのですが、3軒目には15分遅刻しました。それでもナビアプリのおかげで15分ですんだと言うべきでしょうか。
そうです。明日からクリスマス前渋滞で師も走れない師走です。頑張らなくちゃ。
この冬初の摂氏0度
本日夜11時半の気温。突然寒くなりました。あっ、カレンダーは車のバッテリーを9月に交換してセットし直していませんけど。(汗)
写真画像がしょぼいのはまだXペリアちゃんが修理から戻っていないから。ぼちぼち出来る頃だけどなぁ。

<おまけ>
ブラックチョコペースト
ピンボケですが、こちらが猫パパさんとのスマホ修理期間の賭けに賭けて勝った物。有名チョコメーカーのブラックチョコペーストです。トラピスト修道院のよりお安くて結構好みかも。

ハロウィンに次いでアメリカから近年イタリアに上陸したもの、それはブラックフライデー。
今まではニャマゾンあたりが細々とやっていましたが、本年は私の所にはブラックフライデーセールのメールが5カ所ぐらいから来ました。だいぶ行こうか迷ったのはアウトレットの鞄屋さんからの4割引のお知らせ。大体定価より3割引ぐらいで売っている物を更に4割引されたらこれ、ガソリン代かけて行ったら何か買わずにはいられないだろうな・・(汗)
一人では気が引けたので一緒に行く犠牲者を捜したのですが皆さん私よりちゃんと財布の暇が締まっていると見えて誰もお供してくれないので・・やめにしました。いや、ショッピングモール内の同じ鞄屋さんからは週末割引と誕生日割引のお知らせが来ています。危ない危ない・・(苦笑)

いえ、明け方すごい雨が降ったのでアウトレットは行くのを止めようと決心しました。

そして夕方帰宅すると建物の外回りの電気が消えています。どうやら朝の大雨でどこかが浸水、ショートしたらしいです。我がアパートこそブラックフライデーになりました。ちょうど一緒になった隣の猫飼いお姉さん、暗がりで足元にまとわりついたロメオ君に転けそうになっていました。

<追記>
夜猫パパさんに聞いてみたら、案の定明け方の落雷、大雨でインターホンまで不通だったのを管理人お抱え工事人君が何とかインターホンは直したけど照明は復帰出来ず。月曜日までお預けだそうです。建物の中は普通です。

<追々記>
お陰様で電気は火曜に復旧しました。良かった‥

我が魔の指で壊れた?かもしれないXペリア。出荷時の状態に戻し、SIMカードを抜いて動作確認しても駄目なのでサービスセンターの検索にかかりました。いや○ニーアシスタンスにまず電話。ボタン選択でご用件を振り分けられた後自動音声案内が「この電話はエジプトのコールセンターにおつなぎします

割とちゃんとまともにイタリア語を話すオペレーターに「お客様、それはこの番号ではありません。XXX-XXへかけて下さい」と言われてかけ直した先はズバリXペリアサービス。北イタリア訛りのオペレーターが応対してくれて、用件を言うと、「では、お宅へ修理人を差し向けます
 いえ、大型液晶テレビじゃあるまい、自分でサービスセンターへ持って行くからと言うと、「いえ、お客様、その前に色々手順がありまして・・」と言われ、まずタッチスクリーンの診断、セーフモードで起動しての動作確認(スマホにもセーフモードってあるのね)、そしてパソコンに繋いで○ニーのソフトウェア(ファームウエア?)修復はスマホの電池が満杯でないのでその場で出来ず、それを終了して動かなければ再びお電話下さいと言われました。

翌日ソフトウェア修復してもやっぱり動かないので再び電話すると直接引き取りに来る方法(有料)とサービスセンター一覧のリンクも教えてくれました。うちから車で10分以内のサービスセンターへGO!

○ニーだけでなく他社のアシスタンスもする小さな店は待ち客が3人に店員が一人。店員はひたすら(ほぼ関係ないことを)喋るオバサンに圧倒されて応対に苦戦。「息子が使っていてアタシは使ったことないけどアタシ名義だから来たのよっ、関係書類全部持ってきたから。」でも肝心の領収書は2005年購入で薄くて見えず。そういう感光紙のレシートはコピーすぐに取っておかなきゃ。
店員のお兄さん、どうせ保証期間外だからと書類を無視。修理は10〜15営業日かかりますと言ってオバサンに「どうしてもっと早くできないのよっ」と文句言われていました。可哀想に。そして3人の待ち客の1人はオバサンのご主人らしき、もう1人は引き取りに来た人で割と早く順番が回ってきました。日本の○コモで病人のケータイ修理の時は1時間半待たされたからそのぐらい覚悟してきたのに。
Xペリアサービスに電話して彼らの言う動作確認は全部やった、タッチスクリーンのナビゲーションボタンが動かないと説明すると購入領収書をコピーして、ケータイ連絡先を聞かれ、ハイ、10〜15営業日かかりますと告げられ引換証をくれておしまい。
実は修理に何日かかるか猫パパさんと賭けをしました。7営業日以内なら猫パパさんの勝ち、それ以上かかれば私の勝ち。どうやら私の勝ち・・みたいですけどね。
そしてリューズが空回りしていた腕時計、再びそうっと押し込んだら元通り動きました。こちらも保証期間内なので店に連絡して返事待ちだったのですが店に今回は直りましたと再び電話したら笑われました。

朝扉をガリガリひっかく音で目が覚めました。夢?そう言えば昔飼い主認定された猫のパッリーナがよくやっていたなあ。ハロウィン(ヨーロッパのお盆)だから帰ってきたのかなあ・・

ハロウィンのお知らせ
エリーサちゃんのアパートの入り口には「住民の皆様へ:31日月曜はハロウィンにつきドルチェット スケルツェット(トリック オア トリート)の子供達がお宅にお邪魔することをご了解下さい」の張り紙がありました。中庭は仮装した子供で一杯。レッスン中にもひと組やって来ましたよ。

飛び石連休なので道路は空いているかと思いきや激混み。次のレッスンの前にスウィングのコースに提出するスポーツ可の健康診断書をもらいに主治医の診療所へ寄ったら・・自主的に連休になっていました。あぅあぅ・・orz

帰宅すると家の玄関の前にいたのは猫パパさんちの押しかけ猫プッチーナ。ははぁ、朝のひっかき音はこの子の仕業でしたな。いや、建物中の住人の皆様から何かしらもらってむくむくと丸くなったプッチーナ、ドルチェット(お菓子)ならぬ何かあげないと外に出ませんね。いえパッリーナは抱いて外に放り出せたのですがプッチーナはフレンドリーながら抱かれるのが大嫌い。時々猫パパさんでも引っかかれるのですから・・・

冷凍のカニカマを1本解凍して小さくし、これをえさに建物の外に出して窓も扉も閉めました。でもまた朝うちの玄関マットの上で座っているのを発見する日は近いに違いない・・(苦笑)

<おまけ>
冬時間への変更
昨日からですが冬時間になり、日本との時差は8時間に戻りました。日が暮れるのがすごく早くなり師走のドライブの大半が夜になりました。たった1時間だけど夜眠くなるのも早い・・

<追記>
ツイッター記事
大したことの無いと思った昨日の地震。聖パオロ大聖堂だけでなく橋とバイパス道路にもひびが入ったらしく調査のため通行止中です。だからあんなに渋滞してたのね・・

先日エリーサちゃんの楽譜に初めてアクセント記号が出て来ました。私が「この印はアクセントと言って・・」と説明しかけると「あたし、アクセントって知ってる〜学校で習った。パーパ(法王)でなくてパ(お父さん)、カーフェでなくてカッフ(珈琲)っていうのでしょ。」

へぇ〜〜目からウロコ。イタリア語ではあれがアクセントなんですね。日本語(楽語)だとアクセントもスフォルツァンドもマルカートもみんなその音だけを強くと訳してしまいますけどニュアンスが違いますね。永年雰囲気で解釈していたことが理解出来た気分。

今年度からレッスン始めたヴァレちゃん(6歳)。ドレミファソの発音が先生のように訛っちゃってます。特にソ(sol )、S の後に開口音のの発音出来ない私を真似ないでね。(滝汗)

<おまけ>
ピスタチオペーストのケーキ
タンゴのレッスンの後器用にスポンジ台にピスタチオペーストを塗って2分でケーキにしてしまうシチリア人Vさん(男性)。イタリア男は甘党辛党なく食いしん坊です。

水曜日プリンターが紙をぐしゃぐしゃに吸い込んで吐き出さなくなりました。ありゃりゃ。こういうときに便利なのはブログの記事。2年ぐらい前かと思いましたが検索してみると購入したのは1年半前。じゃ、まだ保証期間内(2年)なのでネットで○ノンサービスセンターを検索してプリンターを担ぎ、仕事の前に出かけました。
残念ながら行った先はカメラとヴィデオのサービスセンターでプリンターは遠い別の所と言われ、駄目元で昔直してもらったサービスセンターに行ってみたら現在はオフィス用プリンターしか取り扱わないと言われました、残念。

木曜日、とこ。さんと○ケアに行く前にそのすぐ近くのサービスセンターに寄りました。こちらは予め電話で問い合わせたのですがとても感じよく親切で修理は7営業日かかります・・とのこと。まあイタリアですからそんなものかと。ナビに丸投げで行って見ました。回りは住宅街でバラックのようなそのサービスセンターがぽつりと。皆さんは普通郵送なさるからこういう辺鄙な所でも・・なんです。でも日本のように翌日届けてくれないこの国、なるべく早く的確にとなれば出向くのが一番早いです。
カウンターにプリンターを置き、保証書のコピーを出して手続きを半分やりかけたところでその係のお姉さんに、経費で落として営業に使う場合は酷使すると見なして保証期間が1年だから駄目ですと言われました。えっ、初耳です。
まぁでも確かにうちのプリンターちゃんは発表会の前などは酷使されますから(汗)あながち間違ってはいないですけど。大体使用頻度は私用1割仕事用9割ですし。
結局修理代も経費で落とす(税金がわずかだけ控除される)ことにして、実費修理。ただそうすると見積もりに7営業日更に修理に7営業日・・おいおいただ紙詰まっただけなのに・・
持って行った勢いで置いてきましたがはっきり言って実費修理と知っていたらニャマゾンで同じ新品買ってました。

スウェーデン風鶏団子
○ケアにつくなりまずお昼。サーモンと思っていましたが途中で気が変わり肉団子を試してみることに。ベリージャムのソース、甘酸っぱくていけました。
結局それほどの衝動買いには走らず、大体買う予定の物だけ買って。サーモンは冷凍のを買いました。とこ。さんは肉団子1キロ袋の冷凍をお買い上げ。

今朝、パソコン仕事をしているとスワラちゃんの吠え声?ケニアさんご夫妻のお帰りです。トランクを彼らのアパートまで運ぶのを手伝いました(うちはエレベーター無し)。空港からの道すがら買ってきた食材と2リットルミネラルウォーター瓶6本も。
いつもの昼食
そして彼らのいつものメニューでお昼ご相伴しました。約1ヶ月の滞在のご予定だそうです。お帰りの際の飛行機切符のプリントアウトには間に合いそうですね。

<おまけ>
3人種混合
9月26日にニューヨークで誕生した嬢の第1子、エマニュエル君。黄色人種と白色人種の混血である嬢と黒人のダンナの間の子供。う〜〜ん、誰に似ているのやら。坊兄が小さいとき機嫌悪いとこんな顔していたなぁ・・ってのが私の第一印象でしたけど。

(追記)
翌週月曜昼休みにはプリンター修理完了のメール。紙詰まりだけとはいえ2営業日ってなかなか優秀です。
早速夕方、ローマの反対側への師走の帰りに取りに行きました。環状線が渋滞してナビが閉店7分前到着・・とかいうどきどきした展開でしたが渋滞は局地的なもので本当に7分前に飛び込んで受け取りました。紙だけでなく、スピンドルDVDのディスク止めの小さなプラスチックの輪っかも挟まっていました。修理代は30ユーロ(約3400円)。新品買うよりは僅かに安かったかな。

日本にいる時にイタリアから入ったメッセージの一つに9月18日のボクの50歳の誕生日パーティに来てくれるかなあ・・というタンゴの先生ロベルトさんのパートナーGさんのメッセージがありました。イタリアに戻ったら連絡するねとその時は返事をして、空港で猫飼いのGさんに○ニクロの招き猫のTシャツを買って帰りました。買い物に出る暇も無かったので、ほんの気持ちの品なんですけど。

さて、会場はコックであるGさんの昔の同僚のワインバー。壁にぎっしりワイン。
店の中

時間は午後6時半からというのはカクテルアワーです。でも出てくる物はほとんど夕食代わり。茄子とモッツァレッラを小さく丸めて揚げたのが絶品でした。スペルト小麦のリゾット風も美味しかったです。
おつまみ


バースデーケーキ
50の数字のろうそくののった巨大なフルーツケーキ。
詩の朗読
そしてお誕生日を祝う自作の詩の朗読。

Gさんはゆっくりひとつずつプレゼントを開けていきます。これも習慣。その隣でせっせと包み紙とプレゼントを整理する元仕事の同僚の女性。私はTシャツと某有名店の出汁パックのお試しサイズ小袋も添えたのですが何とパッケージを見てGさんはぴたりと出汁の素と当てました。さすが。英語のパンフレットも添えたので頑張って何か新しい料理に使ってもらえると良いな。EU諸国では発がん物質の基準の問題で(でも鰹節から取った出汁そのものは基準値以下になるのに)鰹節とかは現在輸入禁止で結構貴重品です。

一方本日日本土産を取りに来た坊にはどらやき、レトルトカレーの他に粉末寿司酢を添えてあげました。すし飯はレシピには御飯を炊くときに5センチ角の昆布を入れて炊く・・とあるのですがそれより御飯普通に炊いてこれを混ぜた方が簡単だろうし。ちなみに私は自家製寿司酢作成時に米酢ちょっとに砂糖、塩そして昆布をぶち込んで火にかけます。
坊は次回おにぎりの型とおにぎり用混ぜ込み御飯の素が欲しいそうです。あっ、今回持ってきた物でないけど・・とストックからしらすとワカメ味をの袋を出したら、ママと違うから小魚は勘弁してくれと言われました。そう言えば坊母はちりめんじゃこが好きで、沢山の小魚の目が恨めしげに私を見ているけど美味しい・・って言って食べてましたっけ。(笑)

9時過ぎに会はお開きになり帰宅しました。勿論夕食は・・色々つまんできたから無しにしました。

<追記>
ねこねこ
後日Gさんから届いた画像。(^^;)

従兄弟からローマの近くで大地震があったと連絡があり、伊新聞サイトを開くと一番最初に地震のニュース。朝5時に起きて出勤する坊にわさっぷして聞いてみました。揺れは感じたけどそれほどひどくなかったそうです。ちょっと一安心。

地震で公立病院まで崩れた町の方々には本当にお見舞い申し上げます。イタリアの古い小さい町ってただレンガ積んで出来ている耐震性ゼロの家多いから・・

<追記>
猫パパさんは寝ていて地震に気づかなかったそうです。ローマは震度3以下だったのでしょう。

例年に較べ天候不順の今年。羽毛布団をしまったのもこの前、タオルケットを出したのもこの前、気温が30度を超えたのもついこの前。
寝起きのジュリエッタ
爆睡のロメオ
暑くなり小悪魔達も昼はぐったりと昼寝・・ということは夜に運動会?猫パパさんは時々庭に親子猫共々閉め出して寝るそうですから(笑)

大雨の後の水たまり
こちらは先々週。悪天候で大きな水たまりが出来、鳩が水浴びしていました。

遠くにエウル
こちらは先週。蜃気楼が上りそうな暑さでした。遠くにかすんで見えるのはニセヴァチカンとニセコロッセオことエウルの建物です。

毎日一つずつ帰国のために色々な雑用をこなしています。例年だと今の時期は生徒がヴァカンスに早くも出かけてレッスンが減って暇なのですが今年度は発表会後に3軒も新しいお話がありました。9月からでも・・と申し上げたのにお試しレッスンだけでも・・とかで帰国までたった数回ですが結局レッスンに伺う羽目に。お陰で毎日暑い中を師走です。

<おまけ>
ニラ復活
子猫に踏みつぶされて息絶え絶えでしたが目出度く復活しつつあるニラ。秋にはまた餃子でも作ろう。

ピスタチオとブラックチョコのジェラート
季節外れの寒さがやっと去って昼間の気温25℃迄上がりました。レッスン先へ10分早く到着。ジェラート屋さんの真ん前に空きスペースがあり車を駐車したので我慢しきれずに食べてしまいました。

image

巷は祭日なのに午前午後仕事な私。でもまだ上がいる。ファイト!!(画像はイタリアにも出来つつある24時間営業スーパー)

<追記>
image

ローマでは昨晩3月に降るようなにわか雨があり、朝10時の気温が冬並みの8℃でしたが100キロほど離れたラクイラでは雪が降ったそうです。

我が家は一応ローマの行政区内にありますが大環状線の外側で観光地図に載らない田舎。
本日師走中信号待ちでふと横を見ると(ガラスがドロドロですが)
泥だらけの車窓から

わかりにくいので拡大
羊の群れ
羊の放牧。ガードレール向こう道路脇でもぐもぐ雑草を食む羊達。うん、確かに田舎です。一度道路を横断する群れに出くわして5分以上足止めされたことがあります。師走で焦っている時はのどかだね…何て気分にはなりませんが。

いや、シロッコの後付きものの砂漠の砂を含んだ泥の雨の後まだ洗車の暇がありませんでした。明日こそ色がわからなくなっている車洗おう。(汗)

<おまけ>
バジルの鉢植え
先週棚の最後に残っていたバジルの鉢植えを買ってきたらあら枯れちゃいました。残り物に福ありませんでした。と言うので買い直したバジル。安売りで69セント(85円)。今度はすくすく育って我が夕食のサラダのお供になってね。

クリスマスもそうですが復活祭の翌日もお休み。私は食い倒れ消化休日と陰で呼んでいますが。いえ、郊外へピクニックの日なんですが外の天気はどんより。もう1日私はうちに引きこもりですな。
曇り空

そして昼過ぎには早くも猫パパさんから電話。「今帰宅したよ、食べ物一杯だから取りにおいで。
リアルまんぞくさん
昨日一応猫えさの確認に行ったのですがお皿は見事に空でした。唯一の飼い猫ピッコラは姿が見えないし、猫パパさんが掃除機と呼んでいる(ある限りのえさを食い尽くす)食客猫が恨めしそうに見ているので猫缶1個だけ開けて帰りましたが。勿論足りなかったと見え、猫パパさんが帰った途端にお出まし、家の中に隔離してあるピッコラ用お皿へも突撃。

コロンバ
今回は残り料理だけでなく丸ごとの高級コロンバもありました。
豪華な復活祭の夕食
トルテッリーニとお肉2種。珍しくお野菜がありませんでした。入れ忘れか売れ残らなかったのか。いずれにせよ一日遅れで豪華な夕食です。

復活祭休みにやりたかったことが12個ほどありましたが結局半分も出来ないまま明日からまた仕事です・・

金曜日の朝8時きっかりに頭上で掃除機の音と指図する声が。ケニアさんご夫妻のお帰りの前に勤勉な奥様のお友達ナディアさんがお掃除婦さんとお出ましです。あぁぁせめて9時と思ったんですが・・

ケニアからの直行便が復活する初日にローマへ戻るケニアさんご夫妻。金曜日夜9時過ぎに私が帰宅したときには物音がしなかったのでお帰りは土曜?と思ったら土曜も朝早くからテレビの音が。あっやっぱりお帰りですね。

朝の仕事から帰ってきてからご挨拶に伺いました。耳の遠いお二人は呼び鈴の音が聞こえずいつも愛犬スワラちゃんが吠えて知らせてくれるのですが今回は犬の吠え声がせず奥様がドアを開けてくれました。「お帰りなさい。えっ?ワンコちゃんは連れてこなかったの?」「奥で寝ているわよ。歳とって私たちみたいに耳が遠くなったの

ケニアさんも奥様も元気でしたが一番歳とったなって感じたのがスワラちゃん。いつもならなでてくれと大騒ぎするのに忘れた頃やって来て私の足下でお腹を出してごろり。顔にも白い毛がすごく増えてすっかり老犬・・なんかなぁ寂しい。

明日から夏時間(明日の午前2時が午前3時になる)です。今宵は1時間短くなるけどどうせ爆睡の予定だからまあいっか。(画像はコリエーレ誌サイトより)
夏時間へ


<そしておまけ>
ねこだらけ
ねこあつめ更新。サクラ吹雪はないけれど新しい猫4匹とお菓子をテーマにしたグッズが一杯。早速新しい猫のちょこさんが来てくれました。

ここ数年夏休みも正月休みも無い私にとって唯一の休みは復活祭・・って言っても、やれ出かけるからレッスン前倒し補講だなんだと結局数日普段より凝縮して働いたあと日曜を除いて実質1日だけの休み。今年も木金と朝昼夕とレッスン三昧。車も大渋滞するので苦難の師走。
ナポリ風パスティエーラ
こちらは木曜のタンゴのレッスンに生徒のステッラさんが持ってきた自作のナポリ風パスティエーラ。復活祭の典型的お菓子の一つです。中身はリコッタチーズと麦?を煮たもの?(イタリアのスーパーではもう瓶詰めで売っています)そして香り付けはオレンジエッセンス。人によってはオレンジピールも入れます。
チョコだらけ
こちらはミケリーノ君のママやその他から頂いたチョコレート。猫パパさんからはいつものトラピスト修道院のセミスイートのヌテッラ(チョコスプレッド)。

金曜日は交通渋滞が恐ろしいので朝の1軒目のレッスンの後地下鉄終点駅の駐車場に車を置いて出勤。昼は生徒宅で持参のトーストを温めてもらい5分で昼食、そしてレッスン。地下鉄を乗り継ぎ午後最後のレッスンはアドリアーナちゃん宅。レッスンが終わって復活祭のご挨拶をして帰ろうと台所を覗くとそこはまるで戦場。
生地作成中
小麦粉からパスタ生地を作りパスタマシンに何度も通して延ばしているのは何と84歳になるおばあちゃん。(注:これは1度目に作った生地が足りなくて作り足した第2弾の画像。1回目の生地は卵10個は使ったと思われる。)
中身作成中
娘が外出中で代わりに野菜を刻みリコッタと大量のパルメザンチーズを入れて混ぜトルテッリーニのあんをせっせと作っているのは息子、つまりお父さん。
トルテッリーニ
そしてトルテッリーニにフォークで模様をつけるのにアドリアーナちゃんだけでなく私までかり出されました。(苦笑)
ちなみに復活祭の食卓は何人?って聞いたらたった9人だそうです。いやぁ、あのトルテッリーニは20人前分はあるな。

結局暗くなってからお暇して地下鉄で帰路へ。聖金曜日はコロッセオで法王列席の下キリストの苦難の道の儀式が行われるので道は閉鎖、午後からは地下鉄もコロッセオ駅を通過します。
復活祭の飾り付け
スーパーでは結局買い出しと言うほどの物を買いませんでした。アスパラガスも美味しそうなのが無かったし特別な物を作るのもやめ。ピサに食い倒れに行った猫パパさんが月曜に復活祭料理抱えて帰ってくるのをお裾分け頂くし。今や24時間スーパーもあるんだし、ねっ。

この1週間ほど純正ぐるぐる君でなくこちらのアプリのナビで走っていました。ぐるぐる君の交通渋滞、事故情報がこちらからとわかったので試してみたくなって。こちらもぐるぐる社が所有、だから連携しているのですが、目指すところは全然違います。こちらは車専用、そして参加型。ネズミ取りも渋滞もアプリを使用している運転しているドライバーがどんどん申告していきます。道の間違いの修正も同様。つまり使う人が多ければ多いほど正確になるって事ですけれど。日本も対応しているそうですが使用者が少ないようです。
waze map

こちらが本日日曜午後のローマ市内。日曜なのに道に溢れる今の気分アイコン(ドライバー)と渋滞マーク。走行160キロまではベビー、それ以上走ると大人と認定されアイコンが選べます。私は4日で大人に到達、現在の私のアイコンは女忍者。こういう遊びの要素も面白いです。

ローマは利用者が多くかなり渋滞情報も道の情報も正確です。私はロベルティーノ君宅近くでぐるぐる君がありもしない方向に曲がる指示を出す箇所を知っていますがこちらは正確に指示を出します。ぐるぐる君は時々恐ろしげな脇道を選択しますがこちらは割とスタンダード。
私はスマホの使用言語を日本語にしているのでぐるぐる君は日本語で指示が出ますがこちらは伊語でも作動、道の名前まで読み上げてくれるのは便利かな。どちらのアプリにせよ運転中のお供は気が紛れて楽しいです。

このページのトップヘ