Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

カテゴリ: イタリア

何か月日のたつスピードについて行けていません。気付いたら謝肉祭も終わっていました。そう言えば謝肉祭の限定お菓子何も食べなかったなぁ。
スーパーのチラシとチョコ
そして巷はヴァレンタインデーに向けてチョコの安売り。こんな時期にスーパーに行くとろくでもないことになります。勿論買ったデブの素はこれ1枚だけじゃ無いですよ。(汗)

聖ヴァレンタインの聖遺物
そしてこちらはイタリアの中都市テルニの大聖堂にある聖ヴァレンタインの聖遺物。(画像はコリエーレ誌電子版より)ヴァレンタインデーに聖体行列を予定していたのに信者達が反対してボイコットしているとか。いやぁ、愛の聖人を巡って争うのやめましょうや。(苦笑)

少し前から7年目のエスプレッソマシンの水漏れが顕著だったのですが遂にスイッチを入れた途端お湯ダダ漏れで圧力が保てなくなりエスプレッソコーヒーが出来なくなりました。

いやいや去年のうちに坊にもらった普通のモカマシン用のコーヒーの粉を消費すべくこのところ余り使ってはいなかったのですが、でも出てくるまでに永遠の時間を要する(実際は5分ぐらい?)電気モカマシンでは土曜朝の出勤のコーヒーが間に合いません。ほぼ再購入を決めていたのですが、本日レッスンとレッスンの間のふとした時間に電気製品部品販売兼サービスセンターに寄って症状を説明し、モデルを言ってもしや機械上部の替えパッキンが無いのか聞いてみました。すると、店のおじさん、「在庫ありますよ」と小さなゴム部品を出してくれました。私が「ダメ元で交換やってみます」と言うと、「いや、持ってきてくれれば10ユーロで電動エスプレッソマシンのお掃除、部品交換しますよ」とのお答え。へぇ、それは心強い。

レッスンの後帰宅してエスプレッソマシンの電源を抜いて水槽を外し逆さまに。ねじ回しでネジを外して円盤を外し・・とここまでは何度もお掃除の時にやりました。更に円盤の下のゴム部品・・ネジ止めでなくクッションみたいに差し込まれていました。それをネジ回し2個使って引っ張り出し・・指の先が7年分のコーヒーの脂で真っ黒。軽く歯ブラシでお掃除してから新しいゴムパッキンを押し込み、円盤を填めてネジを回しひっくり返して水槽をはめ込みスイッチを入れ水漏れを点検。おっ、水漏れしません。ということでデカフェインのカフェポッドを一つ差し込んでコーヒーを入れて見ます。カフェポッドの受け皿が少し入りにくかったけれどちゃんとまともなコーヒーが出ました。自力で直せたようです。
ゴムパッキン
こちらがその部品(これは外した物)2ユーロ50セント(325円)。すごく得した気分。

<追記>
翌朝もう一度分解し直し組み立て直しました。小さな部品が挟まっていました。これを正しい位置に入れ、受け皿がきちっと入るようになりました。今度は大丈夫そう。

車通勤が多い昨今。交通情報は前もってチェックしておかないと、とんでもない所で渋滞に遭ったりして大変なことになります。

ここ数週間やりそうでやらない強制ダイエット(ナンバープレート末尾番号による交通規制)や道路工事情報、交通ゼネストの有無(渋滞度が全然違う)、天気予報(雨が降ると渋滞する)そしてデモの有無とその通過コース、要人の訪伊等に至るまでチェックすることは多岐にわたります。何と言っても一応ローマは一国の首都なので。
いえ、正確には一国の首都のみならずその首都の中にもう一つヴァチカンという国があります。我が家からは遠い方向にはありますがこれも一応チェックしておかないと。パリのテロ騒ぎの後、巡礼者は恐れをなしてさほど来てないのですが何と言ってもただ今特別聖年の真っ最中ですから。
聖遺物
その聖年にちなみ、聖ピオと聖レオポルドの聖遺物(聖人のなきがら。聖人は亡くなっても遺体が朽ち果てないのが列聖の一つの条件です)が南イタリアと北イタリアから本日ローマの市営墓地脇のバシリカに到着し、現在並んで安置され、信者達が列を作ってお参りしています。そして金曜日午後にはヴァチカンへ向かって運ばれることになっています。そして来週木曜日まではヴァチカンに安置されるそうです。(画像はラ・レプブリカ紙電子版より)

さぁて、金曜日のレッスンは3軒。ちょっと・・気をつけないと渋滞どころか行列通過の交通止めに鉢合わせしそうです。時間に余裕を持って通勤しなくては。

<追記>
聖体行列
2万人の信者が参加した聖体行列は予め翌日に聖遺物が移されたヴァチカンの川向かいの教会から出発して(すごい人で橋が落ちなくて良かった・・)我が出勤ルートには何の支障もありませんでした。なのに私は地下鉄市電バス市内電車でレッスンに走り回り、市内電車の高いステップでコケて膝に青あざを作り、最後のレッスンには30分近く遅刻して到着しました。聖人のご加護は私には無かったようです。

<おまけ>
囲炉裏の上のなべねこさん
マイナーアップデートされてグッズが増えたねこあつめ。雪まで降りました。床の間にぴったりの囲炉裏を置いたらあらら、とんでもないところになべねこさんが来ました。

このところ小物電化製品が立て続けに壊れます。今の家に来て10年X2を少し超えたところですから時期ですかね。パソコンのスピーカー、コードレス電話そして昨日にはまさに夕飯を調理しようとしたら電気コンロが壊れてました。仕方が無いので電子レンジで調理しました。そして新しいのはニャマゾンで注文プライムで猫パパさんちへ明日届く予定です。

レッスンの帰りに間に合いました。コープへ寄りました。
シチリアオレンジ2キロ
安売りになると買ってしまうシチリアオレンジ大袋2ユーロ59セント(キロあたり170円)。なぁに2キロで9個。ビタミン補給に腐る前に食べ尽くします。
コープのビオシリーズ
今日まで安売りのビオ(無農薬)シリーズ。カムット(古代)麦の食パンとパネット(薄い塩味のクラッカー)、トウモロコシのガレット(薄焼き)など感覚は○っぱえびせん。食べ出したら止まりません。

<おまけ>
産みたて卵
こちら金曜日にアンナおばさんに頂いたオリーブ園のファビオ君の鶏の卵。イタリアでは普通に売っているのは褐色の卵。白い卵は珍しいです。ちょうど炊飯器をセットしてあったので帰ってあつあつ炊きたて御飯の上にかけて食べました。ご馳走様でした。

朝の気温
本日はいつもより1時間早くロベルティーノ君宅へ伺いました。朝は冷え込みます。

そして今日のレッスンはこれだけ。帰宅途中に坊宅へ足を伸ばします。坊の職場隣のお菓子工場併設アウトレットで職員割引で買えるお徳用割れクッキーを頼んだので。
お徳用割れクッキー
1袋って頼んだのに500グラム袋が3袋。そりゃ湿気る前に食べ尽くしますけど・・(苦笑)

さて、帰宅して昼ご飯を食べ再び外出。ミケリーノ君のピアノ選びに同行。
カモメの餌付け
ローマは冬の間のヒヨドリの大群を除くと大体カラスと鳩とカモメのテリトリーで覆われています。我が家はカラスの巣が道路隔てた向かいの木のてっぺんにあり、カラスのテリトリー。テヴェレ川に近いこちらはカモメ。

我が調律師さんのピアノ工房はローマではなく35キロほど郊外のそれも田舎。私とミケリーノ君のお母さんの仕事の都合に合わせて土曜の午後に特別に開けてもらいました。倉庫のように広い空間にはピアノが20台ほど。
ドイツ製ピアノ
猫の額のミケリーノ君宅に合わせてお母さんがこだわったのは奥行きの少ないピアノ。いや、日本製の普通の大きさのピアノより約10センチ薄いですがこちらの方が割高です。猫足で脇にスタンドも付いていて可愛いです。

私は生徒用にピアノ椅子まで買い込んでお暇しました。土曜の夕方はどこも道が渋滞。帰宅したのは夕飯時でした。これで我が家に10ヶ月ぶりに電子ピアノが戻るめどがつきました。

今年初めて郵便局へ行きました。うっかりオンライン払い込みのワンタイムパスワード生成機を日本帰国の際トランクに入れてしまい液晶表示画面を割ってしまったので。(汗)
さて、業務別番号札の機械の前で迷いました。去年と機械が違うじゃないですか。ゆうちょ銀行口座所有者用ってボタンが無い・・ので通帳貯金という番号札をとって窓口へ行くと、「貴女、ここは通帳預金用よ、口座預金の番号札とって」と言われたので「画面のどこにも出ていなかったけどどれ?」と聞くと「銀行カードを入れる口がすぐ下にあるじゃない、そこにカード入れると出るわよ
良いけどそんなことどこにも書いて無いぞ・・

さて、無事に口座預金の番号札でパスワード生成機を交換してもらい、自宅へ戻って今年度の車の車両税の払い込みを・・と専用ページに行きます。車の税金支払いその1業務車両の場合下から該当する割り引き項目を選んで下さい・・その2車の登録してある州を選んで下さい・・ってローマのあるラツィオ州だけありません。無視して先へ進もうとしましたがストップ。払わせてもらえませんでした。ラツィオ州の人は払わなくて良いのかい?まさか。orz
ということで車の税金の支払いは自動車連盟支部に列を作るか郵便局で振込用紙に書き込みまた並ぶかタバッキで高めの手数料を払うかの三択・・なんでイタリアのお役所のやる事って気が利いていないんだろう・・

<追記とおまけ>
車の税金は3軒目のタバッキで目出度く払うことが出来ました。1軒目・・うちは機械置いていないけど・・どうして期限の1週間以上も前に支払うの?(勿論、日本人だからよ)2軒目・・えっ??(機械が無い=まっとうな返答もしない)3軒目・・現金払いなら受け付けるよと言いながら目の前のテレビのドラマの画面に集中しながら打ち込んでくれました。ちゃんと記載確かめたけどあっていました。(汗)

そしてこれは22日未明の出来事(画像はコリエーレ誌ローマ版サイトより)
崩れたアパートビフォーアフター
テヴェレ川沿いの1920年代のアパートの上3階分が崩れ落ちました。住人が変なきしみ音に気付いて警察や消防に連絡して住民が避難したお陰で怪我人は出ませんでした。自然崩壊でなく改装中にどこかの柱に何かしちゃったらしいです。しかし・・(絶句)

水曜と木曜日は夕御飯たかりました。
とこ。さんちのごはん
お餅をお届けしてたかったとこ。家の御飯
ミケリーノ君ちのごはん
こちらミケリーノ君宅はレッスンへ伺い、食パン持参しました。今回は食パン真ん中からむしってむしゃむしゃ食べてくれました。先生名誉挽回しました。(笑)

木、金曜日はまたもや末尾番号交通規制で私偶数末尾は金曜車ストップの大師走。レッスンは昼から3軒。こちらからバスで。
バス始発停留所
生徒宅でお昼にトーストまでご馳走になって2軒目は市電で。そして3軒目へもバスで終点鉄道駅まで。
鉄道駅のクリスマスツリー


カラブリアクリスマス菓子制作中
カラブリアクリスマス菓子制作中2
カラブリアクリスマス菓子その2
3軒目、ドアを開けると揚げ油の臭い。うちの病人と同い年ながら矍鑠としているアドリアーナちゃんのお祖母ちゃんが総監督でカラブリア地方伝統クリスマス菓子制作中。
お裾分け頂いたクリスマス菓子
帰りにお裾分け頂きました。これで2000カロリー??美味しいですが胸焼けが恐ろしいので猫パパさんに半分押しつけお裾分け。

プレゼーペ
ロベルティーノ君ちのプレゼーペ
どこのお宅もプレセーペが飾られクリスマス気分です。

出発前最後の週末。トランクの準備はほぼ出来ました。来週もまた月曜、火曜日と末尾番号交通規制(正式にはTarghe alterne ナンバープレート代わりばんこと言います)。でも偶数規制の火曜日には機上の人です。

少し前に我が生徒アドリアーナちゃんにスシ(巻き寿司)を作りたい、巻きすはどこに売っているの?と聞かれたので巻きすで作るのより簡単だよと100円ショップで買った細巻きの型をプレゼントしました。でもどうやって使うの?と聞かれ、いつものレッスンの後に巻き寿司のレッスンを兼ねた夕食を企画しました。

5合半の日本米と自家製スシ酢、かんぴょうにしゃもじ、海苔、紫蘇梅のチューブ、日本の醤油(うちの親戚は醤油屋)、電気釜を持参でレッスンへ。お米を洗って電気釜にセットしてからまずピアノのレッスン。レッスンの間に御飯も炊け、今度は細巻き作成レッスンスタート。いや、型があれば作るのは簡単ですからレッスンと言うほどのことでも無いですけど。

細巻き
こちら先生こと私の作ったスモークサーモンとツナマヨの細巻き

ヴェジタリアン細巻き
こちらは弟子作のヴェジタリアンヴァージョン(アヴォカド、かんぴょう、梅紫蘇カッパ)

細巻きとパンとチーズ
テーブルにはワイン、パンとチーズ、ハムが並んでアドリアーナちゃん家族4人+お祖母ちゃん+アンナおばさん+私の食卓。細巻きは凄い勢いで売れました。先日中華食材屋でガリを見つけたので買って持参しましたがこれもスシに合うと好評でした。

手作りミニ大福
そして盛り上がったのは折角の和食だからと朝作って持参した大福。こしあんの材料が何であるか誰も当てることが出来ませんでした。栗みたい・・いやイチジクかな・・ハチミツ?やはり甘い豆という発想はなかなかたどりつかないようです。

いやミケリーノ君宅でレッスンの後タンゴに行く前に毎週夕食までご馳走になってしまって・・とドラえもんが好きというミケリーノ君の為先日どら焼きを作って持って行きました。イタリア語ではどら焼きはドラえもんのパンで中にはチョコレートが入っていると訳されていますが、あえてオリジナルに忠実に粒あんで作っていって、チョコレートでは無いからねと念を押したのですが、皮の中から豆が出てくるのを見たときの彼の驚いた顔といったら・・ゴメンね、カルチャーショックだったよね。(汗)

朝起きてメールチェックをしたらメールマガジンでアドヴェントカレンダー販売のお知らせが来ていました。やめてくれ、もうクリスマスの話?
アドヴェントカレンダー
こちら17種類の製品と7つのおまけ入りとのこと。
伝統的アドベントチョコは買うかも・・ですがさすがにこれは買わないな。

蜘蛛の巣のはった電子ピアノとミキ君
朝わさっぷにこんな画像が届いていました。

今年は親に引率されたスケルツェット オ ドルチェット(トリック オア トリートの伊語訳)の御団体さんの襲撃はありませんでした。ほっ。

週末エネルギー切れでネタになることを何もしていない私。と言うのでネットからのネタ。

その1:昨日仕事帰りにフランス系スーパーの看板に24/7と言う文字が加わったのを見ました。イタリアにもついに7-11的スーパーが出来るという話は小耳に挟んでいましたが7-24(時)の間違いでないの?とググるとありました。
24時間スーパーHP
24時間、週7日のこと。日本語で言えば24時間営業。おまけに幾つかのオンラインショッピングの受け取りが出来るところもある・・ってコンビニ的です。
夏前にパリに行ったときはこのフランス系スーパーの7-24(朝7時から夜中まで)にお世話になりました。お総菜も売っていてちゃんとスプーンいる?ってレジのお姉さんが聞いてくれて、ここで夕食2回ほど買いました。ローマにはどうして無いのかなと思っていたら夏過ぎより今までのスーパーの営業時間延長をしている店を増やしているとか。日本より30年遅れてやっとですね。ちなみに我が家の最寄りは1キロほどの所。タンゴの帰りに途中で買い物っていう選択肢が出来たって嬉しいです。ジプシーの居住地そばなのでちょっと治安上不安がありますけどね。

その2はあと数週間で幕を閉じるミラノ万博。トシがばれますが、子供の頃大阪万博に連れて行ってもらった私はあの頃一番人気がアメリカ館のアポロ宇宙船と月の石だったのを記憶しています。勿論入れなかったことも。そしてミラノ万博の一番人気は日本館。(画像はラ・レプッブリカ誌電子版より)
ミラノ万博日本館
ついに入場待ち時間が8時間に達したとか。うちの生徒も家族でこの週末にミラノ万博行ってますが・・ピカチュウファンの彼らは果たして日本館に入れたのかな?

<追記>
ニセの赤ん坊

ミラノ万博で子連れ優先列にて摘発されたニセ赤ん坊。いや、ジプシーとか物乞いも時々ニセ赤ん坊(人形)抱えているので、驚かないけど。(画像はコリエーレ誌サイトより)

突然寒くなり何を着て出かけて良いのか戸惑います。どんどん日が短くなるのに冬の訪れを感じます。

新しくスマホを買いかえて、やっと常時オンラインにしていられるようになったのでワサップのアプリを入れました。

日本ではラインが普通ですが、イタリアではワサップことWhatsAppが一般的です。ケータイによるインターネットの普及の遅かったイタリアではメールではなくショートメッセージが普及しており、このアプリもスマホの普及と共に爆発的に広がりました。
でもこれって連絡用に使うには常時データ通信接続が原則。普通の人は当たり前なのですが、我がスマホはそれに耐え得ず、今まで導入を見送ってきました。メッセージ料金を倹約したい大学生の生徒とかに随分圧力かけられたのですが、坊にも2年前ぐらいに○○へケータイのキャリアを引っ越すか、わさっぷを入れるかどちらかにしてくれと脅しをかけられたのですが。確かに今やどこにいてもあの♪ドソドシ♭ドシ♭ッソォ〜♪の口笛音の着信音が聞こえると皆が一斉にスマホをポケットから取り出す・・ご時世ですから。

まずは坊にデビューのメッセージを送ると、Evviva(やったね!)という返答が帰って来ました。白が売り切れでオレンジ色のスマホ買ったと送ると驚きマークの顔絵文字付きの返事が返ってきました。そして次はタンゴの先生パオラさんにデビューのお知らせ。拍手マークが5つ返ってきました。イタリア式絵文字の使い方にも慣れなくては。

結局我が生徒及び親御さんでワサップをお使いでないのは駐在の日本人家族の奥様と生徒のお祖母ちゃんだけという驚きの事実。この前新しい生徒のお母様にお宅の住所をショートメッセージで送って下さいと言ったらワサップですか?と言われた訳がわかりました。

でもね、着信音は人と違うのに設定しました。あの口笛音が鳴っても私に着信ではないよ〜ん。(笑)

いくら寝付いたのが12時近くでも翌朝早く目が覚めるのはお約束(泣)
まずは我が車のエンジンをかける所から、いえ完璧にバッテリー上がっていて猫パパさんの車と繋げてもかからず、去年夏バッテリーを替えてもらった修理工場へ行き、小さな蓄電池を持って出張してもらい、またそのまま修理工場へ充電か交換の為乗って行って置いて来ました。続いては猫パパさんと一緒に猫パパさんの大切なものを引き取りに。

昨晩空港で我が荷物を載せたカートを歩道に乗せようとして余りの重さに猫パパさんカートをひっくり返してしまいました。あ゛ぁ〜と私は割れ物入りトランクを支えるのに必死・・で手前の手荷物入れに入れてあった猫パパさんのタブレット〈兼ケータイ)が転げ落ちたのに気づきませんでした。気づいたのは家の前に着いた時。荷物を下ろして猫パパさん空港へとんぼ返りしました。いやぁ日本じゃあるまい、すぐ誰かに盗まれてまず見つからないと・・

気になって40分後ぐらいに猫パパさんの自宅に電話するもまだ帰り着いていません。ふと思いついてタブレットの番号に電話すると何と中年の女性が出ました。「もしもし」「あの私の友達がこのタブレットを空港で落として今必死で捜しているんですけど」「大丈夫よ、私が拾って保管してあるから」これはほぼ奇跡的な事です
と言うので名前を伺い、後で帰宅した猫パパさんに連絡を取るように伝えました。

その奇特なマルチェルラさんは私が20年前まで住んでいた同じ通りにお住まいの60代半ばぐらいの方でした。ご主人と一緒にアメリカ在住の義兄夫妻を空港へ迎えに行き、猫パパさんのタブレットを発見、放置したらまず誰かが盗むに違いないと家に持ち帰り、住所録の幾つかに電話してみたけれど誰も応対しなかった所にその日2回も履歴のあった電話番号(私)から着信があったので応対してみた・・と。いやまだまだイタリアも捨てたもんじゃありませんね。

コーヒーまでご馳走になってお喋りし、その後コープへ寄ってもらいました。一日かけてトランクは食料品以外はほぼ片づけました。そして夕方修理工場からバッテリーは充電出来たと連絡がありました。ほっ、交換しないで済みました。

夜にはロベルティーノ君のお母様からお電話頂き、土曜からレッスン開始相成りました。

出発が延びたお陰でオフな日が出来ました。では金杯コーヒー店へコーヒーを買いに行こうと暑いけど朝から出かけました。最高気温は34度とか出ていましたけど・・見事に快晴です。
アルジェンティーナ広場
お上りしたからにはまず猫の聖域アルジェンティーナ広場へ。猫・・見かけません。こんな暑い日は猫パパさん宅の連中も日陰でぐったりしているものなあ。
猫日陰に
反対側に回って目をこらすと日陰に2匹居ました。写真日和ですが猫写真日和ではありません。

カンポディフィオーリ
何となくカンポディフィオーリ広場へ。地元民相手の野菜屋は僅か。殆どが観光客相手の屋台ばかりに成り果てました。当然売っているものも観光客値段。

金杯コーヒー店へ行き、いつものコーヒー豆売り場で250g粉の真空パック・・と言うと、無いわ、真空パックの販売止めにしたのよと店員さん。えっ嘘?挽いた豆は香りすぐに飛ぶしお土産には不向きです。ちょっぴりだけ挽いたのを買い、グラニータも頼みました。ここに来てこれを食べずに帰るという手はない、いや、私はわざわざこれを食べにお上りしたことになってしまったではないか。

帰りにイータリーへ。日本人がチーズとチョコを爆買いしていました。これも夏はねえ・・結局頼まれた小さなお菓子買いました。コープは夏の間チョコ売り場を縮小、気の利いたお土産がなかなかありません。さすがに暑い中昼も食べずに移動していたら目眩がしたのでミネラルウォーターも買いました。

そのまま帰宅して金杯コーヒーの粉を渡そうと猫パパさん宅へ寄ると猫は家の中で床にお腹を付けて焦点の定まらない目をして伸びていました。毛皮着てるもの、そりゃ暑いよねえ。

お土産今回は少量ですが入れ子のトランクの中はもう満杯になりました。

日曜日、朝から郊外へドレスと楽譜と老眼鏡を抱えて出かけます。
逃避行の前に日本人の生徒のお母様から電話があり、ザガローロのおもちゃ博物館での起き上がりこぼしの展示オープニングセレモニーにてピアニストを捜している言うので実に軽く引き受けてしまいました。歌の伴奏だと知ったのは歌手の方からメールをもらった数日後のこと。楽譜だけメール添付で送ってもらって当日ぶっつけ合わせて本番。そんなに見ず知らずの私なんか信用して大丈夫なのかい?

初めての場所なのでぐるぐる君にお任せ。近くまではちゃんと連れて行ってくれたのに最後で左折禁止を左折指示。仕方ないのでぐるぐる回ってまた鋭角に左折・・は一方通行で出来ませんでした。仕方が無いのでちょっと遠くに車を駐車しててくてく歩きます。

大熊町から中継
セレモニーは大熊町とビデオ中継。日本からのご挨拶を会場の通訳が伊語に訳します。
イタリアからも中継中
そしてイタリア側の模様も日本に中継されます。勿論私のミスタッチも。(汗)

起き上がりこぼし作成中
終わった後は会場で起き上がりこぼしを描く人達。

起き上がりこぼし展示
2階では色々な方の描いた起き上がりこぼしの展示。京都の陶芸家の方の起き上がりこぼし。色合いがとても日本的です。
コシノヒロコさん、高田賢三さんらの作品
デザイナーの方ってやはり別の冴えた色彩感覚ですね。
その他ローマ市長、アランドロン、ポールゴティエなどなどの超有名人の作品がありました。

おもちゃ博物館展示
おもちゃ博物館展示
こちらはおもちゃ博物館の普通展示。初めて見ました。
(残りはその2へ続く)
<追記>
ブログの解析から知ったのですが顔本に大量の写真がアップされています。この記事の題名そのままで検索すると出てくると思います。

先月末のことです。我がアパートのはす向かいの住人G君は彼女と一緒に10日間の日本への観光旅行に出かけました。出発時には日本のコンセント用のUSB充電器を貸してあげ、コレお土産に良いよと抹茶キットカットの空き袋を渡したら私のためにも一袋お土産に買ってきてくれました。
ちょうど遠距離恋愛の彼女が週末に遊びに来ると聞いたので細巻き寿司の夕食を申し出ました。猫パパさんにも発表会の後お礼代わりに細巻き約束していたのがまだだったし。
と言うので5合の御飯を炊き最後のレトルトミニ稲荷と細巻き。彼女がキュウリが嫌いだというのでカッパ巻きはパスしてツナマヨとスモークサーモン紫蘇、カニカマと梅しそ。御飯が余ったので冷凍庫の納豆を解凍して自分用に納豆巻き。
何人前?

我が家よりほんの少し狭いと思えるネズミの額のG君宅には一応食卓と椅子が2脚あるので我が家から椅子を持ち込んでそちらで夕食。G君は納豆巻きまで美味しいと言って食べました。彼女はさすがに糸を引く豆に恐れをなしましたが。(笑)
調度彼らが出発した翌日に小笠原諸島の地震があったので(パニックにならなかったか)心配していましたが皆周りの人が冷静だったので怖くなかったそうです。
G君も彼女も日本が大変に気に入り、またお金を貯めて是非行く、曇りで富士山も見られなかったし、この次は桜の花か紅葉が見たいそうです。

細巻き、さすがに余りました。G君の彼女の胃袋の大きさは私並みでした。

最高気温が30度を超え夏になりました。地下鉄駅すぐ側のレッスン1カ所のために車でじりじり1時間焼かれるのは・・と地下鉄通勤。これで最高気温が35度ぐらいになるとまた熱中症が怖いので車通勤になるのですが。

いつもの地下鉄駅の駐車場に車を置いて。出口側は1レーン故障で1レーンしか使えず激混み。、入り口側はこないだからもう3日ぐらい地下鉄電子定期をかざす部分が故障中です。2つとも壊れるまで待っていたの?いい加減直せや〜。(苦笑)

そしてエレベーターも2つのうち1つ故障。階段で5階分下ります。そして改札をくぐり、行き先ホームを見るとすごい人だかり。また何本か列車が来ませんでしたね・・と思うと反対方向から地下鉄入線。あれれ?と思うものの皆が乗るので私も乗ります。扉が閉まり、車内自動放送が「L駅方面行き、次はXX(反対方向)」ひぇ〜と思ったのもつかの間列車はいつもの方向へ走ります。どうなっているの??

何はともあれ無事レッスン先に時間通り到着。そして帰りも地下鉄駅は異様に混んでます。
そしていつもより少し待たされてきた列車、「この列車はM駅止まりです。」との車内放送。その先の区間で一体何があったのだろう・・
いつもよりゆっくり走る列車は徐行の末私が下りるM駅の1つ前で止まったままになりました。さすがに乗客はケータイを取り出し「今地下鉄○駅で5分以上発車しないよ」と連絡。待ちくたびれて情報交換のお喋りを始めたイタリア人の話を総合すると朝怪我人が出たほどの列車衝突事故があってまだ復旧していない。勿論不通区間はバス振替輸送だが数が足りていないで待たされる・・あら、朝から不通なのにまだ夕方になっても振替バスの手配がちゃんと出来ていないの?と茶々を入れるご婦人。まぁ期待しちゃいけませんな。

私の乗る地下鉄は反対車線の地下鉄2本が通り過ぎた後目出度く反対側から入線。引き込み線方式で運行していたのですね。納得。

地下鉄事故
帰宅して見たコリエーレ誌ローマ版サイトによると時速30キロ余りで衝突、怪我人は21人、うち列車に挟まれた2人は重傷。復旧は明日の始発だそうです。いつも帰りに空いているし出口に近いと先頭車両に乗る私、反省。

発表会が終わって10日になるのにまだ後始末が出来ていないって??まあ後は日本語DVD4枚焼いてCD作るのだけが残っているのでほぼ終わりには近づいたのですが。

その書留が来たのは発表会前日朝、我がプリンターが必死になってプログラム印刷にかかっている頃でした。ピンポ〜ン♪書留です・・・えっまたどこで違反切符切られたのだろう・・(うちに来る書留はまずこの類いだけ)と思い受け取ると電気会社から。「お宅に何度も伺ったのに電気メーターの検針の為に立ち入ることが出来ませんでした。つきましては電気を止めさせて頂くことも考えさせて頂きます。

イタリアでは自己検針が普通で検針員は1年に一度ぐらいしか来ません。約1年前には自己検針してネットで送ったのに反映されていないのを見てから放置していました。よって何やら訳のわからないお姉さんが来て国営から民営化の際に再契約をさせられて以来(これも義務でなく、なんで追い返さなかったのだと猫パパさんに後で怒られた)約2年余り検針員の入った跡がありませんでした。
まずは書いてあるお問い合わせ番号に電話。「こちら墓地照明部です。」 仕方が無いのでフリーダイヤルお客様係に電話。ひとしきり呼び出し音で待たされた後オペレーターが応対。これこれの書留が来たと言うと、「うちの係ではありません」ガチャン。おまけに後には自動音声で「1から5までのボタンを押してオペレーターの応対を評価してください。」0はないのかっ0は

ギーコギーコ動くプリンターを放置して猫パパさん宅へ。「明日の準備はどうかね」「ねえ、この書留読んでみて。どうすればよい?この電話番号は墓地照明部だしお客様番号係にはセクションが違うと切られたの。」「こんな訳のわからない書留放っておけ!」という猫パパさんを説得してフリーダイヤルに電話してもらいました。案の定セクションが違うと答えたもののどのセクションかだけは答えたので(一歩前進)そちらに電話。そのお姉さんもセクション違うとたらい回ししそうになったところで猫パパさん一喝。「アンタが解決しろ!」お姉さんどこか別の部署にメールを送りこれで大丈夫ですとのお答え。大丈夫かな?まあもう一度すぐに自己検針もしたしあとは果報?は寝て待てと。

そして発表会数日後電気会社から電話がありました。「XX様ですか?ガスの新規契約ご希望とのことでお電話差し上げました。」ちょっと待って?あのお姉さん何の内部連絡したの?大体うちにはガスがないので契約のしようも無いんですけど?
事情を説明すると「それは自己検針が長く行われていないお客様に自動的にお送りしている書留です。今まで検針員の不在証明に応対されたことがなかったのではありませんか?次の検針員の連絡にアポを必ず取ってください」。

今まで不在証明なんて一度も見たことないのにと思いながらも過ごすこと数日。メールで電気代の請求書が届きました。
電気請求書
最後の自己検針が反映されてました。2年間で436,78ユーロ(約6万円)の払いすぎにつき請求額0。この分だと後半年は電気代払わなくてすむって事になります。やったー、散財しよう。(違)

<追記>
猫パパさんによると6月4日のコリエーレ誌ローマ版サイトに私と同じ目に、いや、もう契約をしていないのに私と同じ文面の書留が届き、お客様コールセンターへ電話したところ、皆様に送りましたのでご心配ありませんと言う返答をもらったと言う投稿が載っていたそうです。何の目的でこんな信じ難い書留を皆様に送ることにしたのか大変理解に苦しみます。

昨晩タンゴのレッスンの帰りにNoriさんからのメールを発見しました。「明日交通ストなんだけど途中まで乗せていってもらえますか?レッスンは3時からxxです。」
普段なら勿論!という所ですが、朝から美容院の予約、大学生の生徒の補講、午後は3時から3レッスン・・時間より早く彼女を送るには危険そうなので、乗せていくのは良いけど時間の保証が出来ないと返答しました。

今朝、美容院の予約は9時。大渋滞したらどうしようと8時15分に余裕を持って出ましたが思ったほど混まずに到着、Noriさんからはご主人が鉄道駅まで送ってくれるから大丈夫とメッセージが入っていました。美容院からの帰りも順調、補講にも定刻に到着、一度昼ご飯を食べに帰宅しました。

さて勿論いつもよりだいぶ余裕を見て午後の出勤。水道橋をくぐった途端に大渋滞で1センチも進まず。遂に3信号目に観念して左折して迂回にかかりました。それなりに数キロ進みましたがコロッセオのあたりでぐるぐる君の指示が渋滞(道が赤色)になりました。到着までにあと26分。もう遅刻じゃないですか。急いでレッスン先にメッセージを送りました。
コロッセオ広場
目の前に見える修理中のコロッセオ。まだ渋滞の中でこんな写真を撮っているうちは車は動かなくても心に余裕はあります。そしてこのあと右折した途端所要時間がぐんと一気に跳ね上がります。う〜〜ん、まずい。おまけにぐるぐる君は左折の指示。私は分離帯で区切られた右折側に居るのにどうしろというのだ。
イタリア人の車に続いて歩道用に分離帯が途切れたところを無理矢理車線変更。向かっていますが、いつ到着するか見当が付きませんと再びメッセージを出しました。この時点で1人目の生徒の外出時間に間に合わないので1レッスンキャンセル。(汗)
朝は雨模様で肌寒かったのに突然日が差してきて気温は29度。車の中でアイスクリームよろしく溶けかけている私。いや、何とかして生きてたどり着かなくては。

結局コロッセオあたりから6キロ余りに1時間半かかりました。

2レッスン終了後帰りの道をぐるぐる君にお伺いを立てます。43キロ46分・・大環状線経由ですね。これが一番早いって事は普通の道路(距離は15キロぐらい)がどんな悲惨な渋滞か・・・もう渋滞は嫌だ。

ガソリン代に目をつぶって来た道を反対に走り、郊外へ向かって折れ、大環状線に乗って43キロ走って帰りました。疲れました。

私は子供の頃からチョコレート中毒。冬はチョコレート、夏にさしかかるとチョコアイス。おかげで子供の頃は虫歯一杯作りました。(汗)
ダブルチョコミニアイスに続いて安売りの誘惑に負けて買った同じメーカーのチョココーティングのヘーゼルナッツとピスタチオ味のミニアイス。今年はナッツ系のアイスがマイブームで早くもブラックチョコとココナッツ、ブラックチョコとピスタチオのジェラートを食べました。
アイス
まずはピスタチオのアイスから食べてみました。綺麗な緑色のアイスですが味はちょっと人工的で思ったほどでも。ヘーゼルナッツ味に期待してみよう。
発表会近づきつつある為生徒にハッパをかけ、疲れたきった私の脳みそへのおやつです。これだから発表会の前って体重増えるのよね。(泣)

朝起きると昨日とは打って変わって良いお天気。イタリアでは復活祭翌日はピクニックの日と相場が決まっています。よって郊外へ出かける道は混むので、帰りに至っては休みから戻る人の車も加わって激混みするので私はどこにも出かけず、台所に籠もって料理三昧。
再々度頂き物の無農薬レモンでレモンマーマレードを作成、更に昨日から戻してあったひよこ豆を蒸したブロッコリの茎と一緒に挽いてなんちゃって挽肉団子に・・のつもりが片栗粉の瓶をひっくり返してまずはお掃除と洗濯(洋服が真っ白になった・・)の手間を増やし、ひよこ豆はミキサーが回らないので水分を足したらどろどろになり過ぎ、片栗をまぶして揚げたら膨らんでもちもちになりました。あれれ??想定外です。まあ食材として使えなくは無いので良いけれど。
台所を片付け洗濯物を干してぐったりしていると食い倒れ帰省から戻ってきた猫パパさんから電話です。「ピサからご馳走の残り物持って帰ってきたから取りにおいで」。今年度は姪御さんのご主人も料理したとかで2日前からマリネしたウサギのロースト、カリフラワーのスフレ、トルテッリーニ入りスープ、お客様の持参したお菓子も。と言うので本日の我が夕食は丸ごと復活祭のご馳走のお裾分け。
夕食
ティラミスと自家製ケーキ
ティラミスは小さなチョコチップスが入っていました。そしてサヴォイアルディやフィンガービスケットでなくちゃんと焼いたケーキ生地を使ってある本格派。ご馳走様でした。

ウサギチョコ
復活祭の日曜。昨日到着したケニアさんの「復活祭おめでとう!!」の声で目が覚めました。彼らがローマに戻るのに合わせたような悪天候。突然天候が冬に逆戻りしました。

グリーンアスパラ卵ソースがけ
近年1人で過ごすことの多い復活祭。伝統に縛られない気ままなひとり御飯はいつもグリーンアスパラ。毎年年1回の贅沢と思って買うのですが、今年は割と安価でした。
そして午後から開くとネットで読んだのでアウトレットへ出かけました。冬物のジャケットにヒートテックGパン、そして熱いお茶もポットに入れて。

アウトレット入り口
何やら日本フェア開催中と言うことで日本風のBGMが流れていました。復活祭の日曜の午後は予想通りがら空きで、いるのはスカーフを被った(回教徒でキリスト教のお祝いである復活祭に関係ない)観光客と店に入っても口すらきかない不機嫌な店員さんぐらい。普通のイタリア人はまだご馳走の腹ごなし中の時間ですから。
マンガの展示ブース
祭日と言うこともあり何も催し物はやっていませんでしたが着物やお茶、マンガなどのブースが広場にありました。本当は冬のセールの終わる前に来たかったのですが忙しくて来られませんでした。大体外気温8度、小雨の降る中冷たい風が吹いて到底夏物のブラウスを買う気分になりません。

結局ゆっくりと2周ぐらい回り、お気に入りの店の高価なハンドバッグを買う決断が付かず、6割引の夏物ハンドバッグにキーホルダー、卵チョコと新製品チョコを買ってローマへ戻りました。以下本日のお買い上げ。ハンドバッグも32ユーロ(4100円)ならまあ許せるかな。
本日のお買い上げ

皆様復活祭休みで居なくなり、本日のレッスンは1軒だけなので地下鉄通勤。地下鉄の中も観光客や卵型チョコを抱えた人などが多く、何となくヴァカンス気分。
そして帰りには今晩コロッセオで行われる十字架への道の儀式の為地下鉄はコロッセオ駅を通過。

私はこの前買い忘れた物を買おうと地下鉄駅からイーベルコープへ。すごい買い物客で会員用セルフレジバーコード読み取り器が不足。やっと手にしたと思ったらあっという間に充電切れ。こんな事初めてです。仕方ないのでカスタマーサービスコーナーへ並び、もう一度会員証を通して・・会員証すら読んでくれず3回目には後ろに並んでいた人に嫌味言われたので、何も買わずに帰宅しました。明日仕事の後別の所へ行こう・・

明後日はもう聖金曜日。小中学校はもう明日からイースターのお休みです。

いつもと同じ時間にうちを出て環状線に乗ろうと掲示板を見上げると、アッピア通り20分カシリーナ通り32分の表示。えっ?まずい、もうヴァカンス渋滞の始まりです。仕方ないので町の中心を抜ける道を選択、さて、ぐるぐる君のお伺いを・・とハンドバッグの中をまさぐりますがスマホありません。充電のコードに繋いだままうちに置き忘れてきました。全くどうしてこういう肝心な時に限って
仕方が無いので頭の中で混雑の少なそうなルートを組み立て、幹線道路からまず裏道へ右折。ちろっと混んでいますが想定内。信号を越し、右折。うわっ、混んでいます。まずいなあ10分以上遅刻するぞ、こりゃ。でも連絡するスマホは無し。渋滞が一瞬であることを祈りつつ・・いいえ、駄目です。牛歩の如き進みよう。
結局予想しない場所で道路工事、その先で事故のダブルパンチが大渋滞の原因。ぐるぐる君があれば回避できましたね。大失敗です。

結局20分遅れでレッスン先には到着。次のレッスンがキャンセルだったので私は事なきを得ました。そしてレッスン後出来上がった脳みそへ糖分補給。車を駐車したすぐ近くにあった初めてのジェラート屋さんでしたがブラックチョコ味、とても美味しかったです。
ブラックチョコとココナッツ味のジェラート


いつものコープでなく帰り道沿いのイーペルコープへ。幹線道路から見えるのに入り口がわかりにくいのですが、めでたく入れました。店の中はどこに何があるかわからない状態で慣れない店での買い物って疲れます。そして駐車場へ戻り幹線道路へ戻ろうとしましたが目出度く道に迷いました。orz
勘で走っていたのですがいっこうに見覚えのある景色にたどり着かないので意を決してがーみん君をダッシュボードから取り出してお伺い。自宅まで25キロ。えっ?逆の方向へ走ったようです。

帰宅したら夕飯の前に一瞬爆睡してしまいました。明日からは心して早めに出勤します。勿論お出かけにスマホ忘れないようにしなくっちゃ。

先週のある朝生徒のお母さんの同僚で5歳半の息子にピアノをさらわせたいからお試しレッスンをしてみて欲しいという人から電話がありました。いえ、正確に言うと学校(実際は幼稚園だった)で先生が音楽の才能があるからやらせてみてはと言われ、当人に聞いたらピアノがやりたい、でもピアノもキーボードも持って無いし、家が狭くて置く場所も無い・・
日本と違い、学年度は6月で終わり。おまけにレッスン時間の兼ね合いもあり、9月から始められたら如何ですかと申し上げたのですが、一度話に来てくれって・・話に行くだけじゃお試しレッスンにならないじゃないですかと言うことで我がキーボードを車に乗せてお試しレッスンに伺うことにしました。

運悪く朝から雨。殆ど降っていない瞬間を狙ってキーボードを昼休みの時間に車にあらかじめ積みました。いや、夕方出かける頃にはこりゃどうやって車から下ろそうかと言うぐらいの大降り。ぐるぐる君は30分と言うけど信用せずに45分前に出かけました。ぐるぐる君の提案する中からちょっと遠回りだけど渋滞の少なそうなルートを選んで出発。途中右に下りるのではないかと思われる所で左にと言われました。あれ?そして少し先で右と言われるので右に折れたらすぐに「左折して下さい。」何を言うのだ!そこに曲がる道なんか無いぞ。
そのまま渋滞が予想される幹線道路の方へと近づき、ある五叉路で「Uターンして下さい。」何と?ロータリーじゃ無いから危なくってここでUターンは無理。事故れって言うのかぃ
まっすぐしか行けないのでまっすぐ行ったら、ほらね渋滞に突入しました。だからここに出たくなかったのに(泣)
それからは遅刻への道をまっしぐら。途中で遅刻するとショートメッセージも打ちました。どうせ車は動かず止まっているし。そして更に途中であと何分の数字が赤い文字に変わり、分数が跳ね上がり、Uターンして他のルートを通ると7分早いと提案されました。何これ
ナビのおねいさんの声に悪態をつきながらご意見に従って多分曲がっては行けない所を左に曲がり、裏道をずんずん抜けてお宅へは20分近く遅刻で到着しました。遅刻したお陰でちょうど雨が小降りだったのが不幸中の幸い。

まだ幼稚園生だけど5歳半・・と言うことはちょうどロベルティーノ君と同じぐらいですね。普通にやんちゃで(笑)でも人の言うことはちゃんと聞いてくれて234の指で黒鍵を弾いてくれました。1から5迄の数字ちゃんと読めたし、2つと3つの黒鍵も直ちに識別出来たし上出来です。右手と左手がよくわかんない(ごっちゃになる)というので「普通鉛筆持つ方が右だけど、どっちで持つ?」って聞いたら「ボクわかんない、どっちも」って。えっ?と思いましたが弾かせてみてすぐわかりました。左利きです。後でワークブックのお絵かきに色鉛筆持たせたら案の定無意識にすぐ左手で持ちました。

ピアノ好き?ってお父さんが聞いたら「好きが沢山!(笑)」って言うのでキーボードもちょっとお貸ししてお試しレッスンもあと数回やってみることにしました。時々2回目のレッスンで豹変するチビもいるんですが、そうで無いことを祈って。そうそう、お宅、確かに狭かったですけど、椅子を2つどければキーボードを置けそうなスペースはあり、お父さんが巻き尺で計測していました。

昨日も新しく日本人のお嬢ちゃん2人お引き受けしたし、復活祭開けの再来週からは更にもう1人。お陰様でレッスン予定表がかなり満員御礼になりました。

部分日食記事
金曜日午前に部分日食があるという記事を数日前に読みました。ローマでは60%強の欠け
当日天気予報
そして当日の天気は良好と言うことでカメラを用意して待機。
微妙な薄暮
最大に欠ける時刻になると回りは何となく微妙な色に薄暗くなり、風が冷たくなります。太陽の恵みって凄いんですね。

??
肝心の撮影・・素人機器では無理。真っ白けになります。下に小さく欠けた陰が写っています。何十年にいっぺんの天体ショーのために機器を揃えるほど凝っている訳ではないし、大体ファインダー越しに太陽見ても目に良くないんですよね。

@ミラノドウォーモ
と言うんでプロの撮った写真を。アイスランドあたりでは三日月ぐらいまで欠けたようです。あっけなく終わって元の快晴に戻りました。
(画像はいつものコリエーレ誌サイトからお借りしました)

ローマと言えばスリ。昔ローマ日本大使館の主な業務は掏られたパスポートの再発行と聞いたことがあります。今はどうなのかしら。鞄ごとひったくるのは減っても財布、ケータイの盗難は増えている気がします。
スリに注意看板」
テルミニの駅に出現したスリに注意看板。まるで禁煙!の看板と同じよう。
テルミニ駅
ここにも
ゴミ箱と看板
あそこにも。でもこんなの見とれているうちヤラレますよ。(苦笑)
スリの少女達
こちらは防犯カメラに写ったスリの少女達。いや、私この子達地下鉄の中で見かけたことあるけどもう1人女の子がいるはず。

テロ監視の為地下鉄車内の警備員は増え、下手なアコーディオン弾きは減りましたが、無言で仕事をするこの人達は健在。テルミニ駅だけでなく地下鉄車内、そして飛行場も要注意です。
(画像はコリエーレ誌ローマ版サイトよりお借りしました)

<追記>この3人組は空港行きの列車に乗るのに荷物運搬を手伝ったからと荷物をたてに日本人から10ユーロ(1300円)強請り取ったという疑いで逮捕されました。まぁ未成年も含まれるようだし、どうせ数日でまたお仕事に戻ると思うけど。

本日はエリーサちゃん宅から伺いました。珍しくご機嫌で30分以上レッスンできました。まあこうやって少しずつ成長してくれるのかな。だと良いけど。
そして昼ご飯の自家製サンドイッチを車内で食べ、時間つぶしにロベルティーノ君宅近くの駐車場に車を止めると目の前に白いものが。ものでなくて何やら拾い食い中の牧羊犬。あららお仕事は?
牧羊犬

そしてサイドミラーを覗くと後ろにいました。放牧中の羊の群れ。
羊の群れ
この辺は我が家近く同様まだまだ田舎で羊の群れよく見かけます。

ロベルティーノ君は黒鍵も弾けるようになり、ピアニストへの道を驀進中・・とまではいかないけど順調に進んでいます。今の教材の残りのページをめくってまたもや「今日この本の終わりまでやる!」いや、出来なくは無いと思うけど別に慌てて終わらせなくて良いよ。(笑)
だんだん上手になると先生は色々と注文が増え、どんどん優しくない先生になります。「そこの音ドーォーって数えてね。左手はおリボンさんで結んであるから(タイ)放しちゃ駄目よ。その右手の3434、頑張ってお指動かして歩いてね。」立て続けの注文についにロベルティーノ君に「意地悪!!」って怒られちゃいました。
来週は彼らの家族はスキーにお出かけなのでお休み。みんなどこも骨折しないで無事に帰ってきてね。

その後ジョー君のレッスンをやって帰宅したのは夕ご飯時。一日外で過ごすと疲れてタンゴの夜遊びはパス。長いこと土曜日のミロンガに行けていません。

<おまけ>
ミモザ満開
昨日撮影した隣のミモザ。明日は女性の日で男性が女性にミモザの花を贈ります。今日は幹線道路の信号待ちではいつもの窓拭きがみんなミモザの花売りに商売替えしていました。

風水では金運を上げるには西に黄色の(花や実の付く)植物・・と言われます。朝晩はまだしっかり寒いものの昼間は気温が上がり春めいてきた今日この頃。うちの向かいの緑の親指おばさん宅の庭はレモンの実とミモザの花で一杯。その他オレンジもちょっぴりはなっていますが。
鈴なりのレモンと7分咲きのミモザ
こちら我が家から見てちょうど西の方角。借景では金運は上がらないかな?(笑)

いよいよ謝肉祭の木曜。タンゴのレッスンにも仮装小物を持って来る人、それで楽しむ人。
ピエロ
Mさんはピエロ
ゾロと・・
男の先生ロベルトさんのゾロと仮装マスクのパートナーGさん

お菓子も沢山あったのですが・・写真取り忘れました。もうぼちぼちキャッキェレも飽きてきました。

土曜日はどこのミロンガも仮装の指定。私の行きつけは1920年、30年代のファッションでお越し下さいってショートメッセージが来ました・・ぐぐってみたけど該当する雰囲気の洋服が無いので行くのはやめ。大体ヴァレンタインデーに一人で行っても多分お誘い少ないだろうしな〜・・・

このページのトップヘ