Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

カテゴリ: 私事

今年初めに買った安物が更に半額だったハンドバッグのファスナーが出勤前に突然崩壊した!と言うことぐらいしかネタが無いです。それだけ平和と言うことで喜ばしいことです。(違)

猫鈴なり
初めてのアスレチックタワー満員御礼。これとストーブって猫が良く集まります。まあリアル猫もそうですけど。

猫パパさん以外にも我が生徒2人(イタリア人と日本人のハーフの子)がアプリをインストールしているのを発見。レッスン終わって一緒に猫さん来てるかな〜ってスマホ点検。(笑)

胡てつ、もんさん
胡てつ君ともんさんが来てくれました。でもここ2日程誰も来ず。コラボ終わっちゃったのかなあ、残念。

あまりに月日のたつのが早くて困惑状態です。(トシ?)

先週水曜あたりからずっと足と背中と腰が痛くてエレキバンを貼りまくっていました。原因?先週火曜に久しぶりなのにミロンガで踊りすぎた→筋肉が痛いまま木曜にタンゴのレッスンで板のような初心者の相手をしてぶり返した→週の間苦手なブラームスを生徒のために一杯練習して背中も痛くなる→月曜に大渋滞に巻き込まれ半クラッチの連続で膝上の筋肉痛になる→重いレッスン鞄を抱えて行軍して肩こりになる・・・何一つ体に良いことをしていない私

新しいスマホの設定をいじって勝手に他社接続になる(繋がらなくなる)→肝心のぐるぐる君を頼りにしようと思った出先でネットに繋がらないことに気付く→家に帰るとわさっぷにメッセージがたまっている→文明の利器は諸刃の剣だと気付く・・

猫パパさんちの子豚君が推定8歳で白血病でみまかりました。野良でやって来た子なのでおそらく猫白血病のキャリアだったのでしょう。昨夏に若い未去勢オスも家出したきりだし、猫口はぐんと減ってピッコラ1匹になりました。



我が生徒のお母様でお友達であるcilieggiaさんの料理の本(イタリア語)が出ました。興味のある方はこちらからお買い上げをお願いいたします。<(_ _)>

2代目玩具が青息吐息で動かなくなり出したのは今年に入り出した頃からでしょうか。メモリーお掃除アプリを入れたりして頑張ってきていましたがネットに繋ぐとぐぐっととメモリー消費が85%ぐらいになってぐるぐる君がなかなか動かなく、夏前頃から次期玩具を物色していました。機種は目星を付け、日本で買おうか調べましたが、simロックを外すのに半年かかるので断念。どうせ購入を先延ばしにすれば値段は下がる・・とたかをくくっていたら、お目当ての機種が2代目を購入したオンラインショップのサイトから消えてしまいました。え〜〜ん、もう日本でケースカバーと液晶保護フィルム買ったのに。(泣)

この期に及んでももたもたしているうち2代目は電池が寿命に近づき、動きが不穏になり出しました。電源に繋いでいないとネットに繋いで5分ともたなくなり、そして遂にメッセージを送ろうとしたら再起動を繰り返し、更にはかけていないのに日本の病人の携帯に電話がつながった昨日は意を決してイタリア版カカクコムで最安値のオンラインショップにオレンジ色をオーダーしました。本当は白が欲しかったのですが数日の差でなくなりました。まあ電話はまず性能で選ぶものだしまあいっか。更にローマの店へ取りに行くと現金支払い可、送料割引・・と言うので今朝取りに行ってきました。往復のガソリン代と送料割引額を天秤にかけるとガソリン代の方が高いかもだけど、要するに待ちきれずに。(苦笑)

品物を受け取り、そして帰りにはその足でコープへ寄ってsimサイズを変更。帰宅して充電しつつwifiに繋ぐと凄い勢いで更新が降ってきてOSは最新版の5.1.1へなりました。凄いです。必要なアプリをダウンロードし・・モバイルインターネットを手動設定して何とか使える体裁を整えて仕事へ。帰りに試しにぐるぐる君を使ってみましたがあまりにサクサク動くのに感激。今までのは何だったの?
表
我がお供、いやライフラインになった3代目日本メーカー製(でも中国製造)のスマホ君。当たり前だけど最初から日本語設定が入っていて嬉しかったです。前の韓国製はアプリでチチンプイプイして日本語に化けさせて使っていたから。ワンタッチで日本語とアルファベットの入力キーボードが換えられるのも嬉しい。これも前は日本語入力がプレインストールされておらず、アプリでチチンプイプイしてそれでも3手間かかるショートカットを作っていたから。まだ撮っていないけどカメラが高性能という噂です。音質も抜群です。
裏
そして機種決定の時の最後の決め手になったのはこのピアノと猫のケースカバー(日本のニャマゾンで購入)に出会ったから。ピッタリでしたよ

昨日何気なくパソコンさんにOSをアップグレードする時期が来ましたよと言われてポチリコして8.1から10にアップグレードしました。思ったより時間もかからず・・と安心してアップグレード後に家計簿ソフトを開こうとしたら開きませんでした。ガガ〜ン(((( ;゚д゚)))←真っ青

私が多分98の時代から使ってきたこの家計簿ソフトは今でも紙バージョンの家計簿は売っていますがソフトはとっくに販売終了、会社すらもなくなりました。至ってシンプルな仕様なのですが自分で入金と出費の項目が幾らでもカスタマイズ出来るのが便利なのと個人的には残高調整が気に入っていました。何せ性格がおおざっぱなので気づくと微妙にお金があっていない・・財布の中の1円玉まできちっと数えて、2年前までは紙の家計簿にちゃんとつけていた実家の病人とは似ても似つかず、実は私は時々これで帳尻を合わせていたと(汗)

何より小学校1年生の小遣い帳からこの歳に至るまでずっと家計簿を付け続けてきた身としては家計簿データが無くなるのはスゴイショックです。どうしようかと思案してまだ幸いアップグレードしていなかった(こっちを先にアップグレードするつもりだった)ノートパソコンにソフトをインストール。ちゃんと動きました。そしてデスクトップパソコンからデータを抜き取って復帰。ちゃんと今年と去年のデータは復活しました。やれやれ。
今度は転ばぬ先の杖、先手を打って今年のデータはPDFに書き出しました。

でもねえ、家計簿だけの為に毎日ノートパソコンを引っ張り出して入力も面倒くさいです。まさかデータダダ漏れのスマホアプリのオンライン家計簿は無料でもお断り。と言うので折々今月分のデータを移行しながら新しい家計簿ソフトに移行しようかと。候補としては招き猫のアイコンのフリーソフト、もう一つは最も有名なマム。
招き猫のソフトは項目品目が自分で書き足せず、残高調整機能がありません。マムは有料だけあって完備。う〜ん、OSをアップグレードする度に買い直しになるとのコメントが密林で多かったけど買い直しの度に簡単にデータ移行が出来るマムをダウンロード購入する方が良いかも・・

8.1から10は互換性ある・・って噂でしたけどそれほどでもありませんでした。ノートパソコンのアップグレードはしばらく様子を見ることにします。あ〜〜くたびれた。


マムの試用版をダウンロードして動作確認&使用してみてじゃあこれで決まり・・と密林に買いに行ったら昨日から227円も値上がりしてました。ど〜して?再度値下がるのを期待しつつ自分の確認用にリンク貼り付けました。

<追記>再び値が下がったところでお買い上げ。今年度のデータも入力しました。頑張って使いこなして倹約するぞぉ。

朝5時半の目覚まし2分前に目が覚めました。実家で最後に残っていたエスプレッソコーヒーを持って来たものに豆乳を入れて駆けつけ一杯。ホテルの朝食のコーヒーじゃ薄くて到底目が覚めません。ついでに雨の中徒歩2分の○ブンイレブンにおにぎりを買いに。1ヶ月賞味期限のどら焼きがあったので坊へのお土産に2つ買いました。朝ご飯は何とパンがもう終わっており、ミニサイズの納豆とご飯半膳。6時40分の送迎バスで空港へ出発。
空港へ


実は数週間前に英国航空からメールでこれからはハンドバッグとカラカラだけしか手荷物に持ち込めないからね、超したら割増料金よとストップThe 千手観音を言い渡されました。近年せいぜい制限越すのは頭陀袋1つぐらいですが、タバコのカートン、週刊誌とカラカラに入るだろうか。
空港で宅配トランクを受け取り、大きい方を開けてパジャマと納豆入りの小さなタッパーを気合いで押し込みました。結果チェックインのお姉さんがこの大きさでこの重さはすごいですねぇと感心した23キロトランクと20キロのカラカラ。トランクには割れ物注意のステッカー貼ってもらいました。(滝汗)

タバコ1カートンぐらいはみ出しても大丈夫ですと言われ安心してお土産にお買い上げ。寒い機内で着るセーター出したらカートン入りました。

飛行機は予告通り30分遅れで出発。2回目の朝食は洋食で。
朝食

途中おやつにアイスクリームが出ました。

到着2時間前の昼食はお魚かビーフ・・のはずが一番最後の方でビーフしか無いと言われ・・私ちょっとビーフにアレルギーなのって言うとそれはいけないわと魚を工面してくれました。陶器のお皿。お魚と炊き込みご飯。多分ビジネスクラスの残り物です。美味でした。
昼食


ロンドンは30分遅れで到着。サテライトの空きが無く、タラップ下りました。ターミナルまでバスでぐるぐる回り、新宿の雑踏に匹敵するトランジットを抜けセキュリティーを無事抜けました。時刻的には搭乗口がもう表示されても良いのにほぼゲートクローズの時間に搭乗口お知らせとあります。御手洗いへ行って戻ると35分遅延の表示。迎えに来てくれる猫パパさんにメッセージを送り、wifi 接続してブログ一部更新とメールチェックをし、お水を買って型くずれしたおにぎりを食べて一息つきます。いつもヒースロー空港で買うビスケットが無いのであきらめていつもの○タバでダブルエスプレッソ。
ダブルエスプレッソ
まだ時間があるのでぶらぶら歩きます。11時間半座っていると腰痛くなります。お紅茶専門店も冷やかして。
お紅茶専門店


結局30分遅れで出発、軽食は小さなパンと甘いもの?パンの方だけ食べました。
軽食

ローマも駐機に手間取り、更に再びタラップ。うぅぅ
パスポートコントロールは中国人観光客で長蛇の列、荷物カートは無し。あぁぁローマへようこそ

カートをやっと入手、トランクとカラカラをその上に載せて税関の外に出た時にはもう気絶寸前。猫パパさんに何でいつもこんなに大荷物なんだとぼやかれました。

この後の顛末は翌日の記事へ続きます。

7年半使ったネットブック(死語ですね)がまたきな臭いにおいを発し始めました。ネットサーフィンするのもなかなかページが開かない状態。2年前は修理しましたが今回はお暇を出すことにしてネットで買ったのはこちらの2in1。即納モデルで週末注文してもう火曜に届きました。前回のネットブックよりさらに安価で大きさはほぼ同じ、ちょっぴり軽めです。いや、ちゃんと買う前に○ドバシに下見に行って大きさと重さ確かめて売り場のお兄さんにも疑問だったことも幾つか質問しました。お兄さんのとこで買わなくてゴメンね。ネットの方が安かったんだもん。

さしあたって・・速い、画面がきれいと言うことに満足しております。難点はキーボード。2つに折りたためるようにキーの高さがありません。そっとピアニッシモのタッチで押してあげなくては。(汗)

5時台に起き、冷蔵物をトランクに詰めて冷蔵庫の最後の点検。水の元栓も閉めました。
空港の火事跡
出発は火事のあったターミナル3。ちょうどターミナル2と3の間の商店街に接するバールが出火元だったようです。有害ガスは無いと言いますがまだまだ焦げ臭く傷跡生々しいです。パスポートコントロールも仮ごしらえみたいな感じでこっちとあっちは縄一本で隔てられている感じ。中の免税店も手狭な感じ。まあ私としては出発できれば文句は言いません。

我が意に反して乗り換え時間が1時間40分となった今回の旅。いや、なぜか離陸は30分遅れ、着陸も30分遅れ。飛行機を降りてから次までの接続は何と1時間きっかり!!
駆け足で乗り換えコントロールを抜け、厳しいセキュリティチェックではトロリーが再検査。全てを抜けて見覚えのあるターミナルに出たときには既に搭乗開始中。搭乗口までの途中でお紅茶と水をひっつかんで買い、中の連絡鉄道の駅を下りてお手洗いに行こうと思ったときにはもうゲートを閉めますと最終搭乗案内がかかりました。仕方が無いのでまずチェックイン、飛行機の中で離陸前にお手洗いにいかせてもらいました。かなりきわどい乗り換えでした。機長からのアナウンスは「今最後の荷物が積み込まれるのを待っているのであと数分で出発致します。」あっ、それ私の荷物に違いない。荷物の方も乗り換えぎりぎり。(汗)

機内食
機内食(最初のはローマロンドン間の物)は代わり映えせず毎回ほぼ同じ。でも2食目和風フライドチキン(照り焼き風)はまあまあだったかな。

珍しく断続的に3時間ほど眠り、タブレットの電子書籍を2冊読んで羽田に着いたのは予定時刻30分前。トランクは割と早く出て来たのですが破損(ポリカーボネイトの本体が3センチほど割れた)していたので手続きをしてからそのまま宅配へ。コンビニの100円アイスコーヒーで目を覚ましてからで電車に乗って我が家と逆方向へ。
駅前改装中
こちら全面改装中で何が何だかわからない状態。住民票転入のための戸籍謄本を取りに本籍地の区民センターへ。番地を忘れていて老人へメールで問い合わせました。(汗)

帰りに最寄り駅で○ニクロの部屋着を買って帰宅しました。昼を回っていました。

朝は6時起き。昨日のパン屋が開くのは7時10分。残念ですが間に合わないので空港で朝食+お土産です。
メトロ→空港バスと乗り継いで空港へ。パンオショコラ2つを自分の朝食にと迎えに来てくれる坊へのお土産に。それとバゲットも1本買いました。

搭乗ゲート前で「持ち込み荷物は1つだけ、ハンドバックはしまって」と言われました。往きはハンドバッグ何も言わなかったのに。買ったセーターもかさばり、やっとの事でハンドバッグ押し込みました。
往き同様満席。操縦席入り口は丸見えでしたがちゃんと副操縦士がお手洗いに席を立ったらチーフパーサーがコックピットに入っていました。あの某格安航空機の事故以来ですね。ゲートの液体ものの検査も厳しかったし、勿論靴脱がされたし・・

坊には飛行機が離陸前と着陸してからとメッセージを送り、10分ほどで来てくれました。そして出発前に車をおいていったもう一つの空港近くの駐車場へ。着いてからごめんね、ハンドバッグ押し込んだからつぶれちゃったけど・・とパンオショコラとバゲット半分あげました。パンオショコラは美味しい美味しいと言いながら(坊は甘党)その場で完食。バゲットは明日のお弁当にするそうです。
帰宅してひと昼寝。洗濯機をかけ、現実の世界へ戻りました。
芥子の実付きのバゲット
夕飯にはこちらとサラダ。明日からまた仕事です。

朝は近くのパン屋さんへ朝食を買いに。今回ゆっくりと初めてポムオショーソンを食べました。日本にも支店のある有名チェーン店でなく本当の懐かしのパリ風。大きくて美味しくて安くて・・写真取り忘れて陶酔しながら食べてしまいました。無念。

午後からはまずセーターを買いに繁華街へ出た後こちらへ
ピカソ美術館

当日思い立ってネットで予約をしてカード払いし、スマホに入場券をダウンロードしてケータイを入り口で見せて入場という初めての経験。今やいずこもペーパーレス時代ですね。
天井
貴族の館を博物館にしたというこちらは4階にわたってピカソの作品が収められています。ピカソは驚異的に多作で大体3、4日で1作品仕上げていた計算になると昔画家さんから聞いたことがあります。いや天才はもう何を描けば良いのか頭の中にあるのでしょうね。そして駄作がない。やはり多作で天才だったモーツァルトを思い出しました。
クリムト風
クリムトのと同じ構図の作品と同タイトル。でも独創的。
ゴーギャン風
こちらはタヒチの女性的。でも素材の使い方がもうピカソ。
デッサン
スゴイまなざしでこちらを見つめる女性のデッサン。様式は普通でも凄くインパクトがあります。
ピカソスタイル
多分同じ女性を描いたもので抽象化されてます。
模写中の画学生
パリの画学生が模写していたのは後者でした。
セザンヌ風?
かなり晩年の作品でしたが枯れていませんね。ピカソの人並み外れたエネルギーを感じます。

ピカソに圧倒された後はカフェテリアで珈琲を飲み、帰り道に発見。危険です。見てはいけません。(汗)
お菓子や


夜はまた昨晩と同じ川岸のミロンガへ。買ったばかりのセーター着て行った日に限って風がなくて誘われると今度は汗ばむよう。アルゼンチン人だという年配のオジサンにお誘い受けました。すばらしいリードのお陰で生まれて初めてこんなに上手にというほどにミロンガが踊れました。今まで上手な男性はインテンポでリードしてくれる=女性は一瞬遅れてそれをフォローするものと思っていましたが本当に上手な男性は早めにリードしつつインテンポでステップ踏むんですね。勉強させてもらいました。楽しい夕べでした。

翌日は朝から電車で郊外へ・・なのに3分の差で電車に乗り遅れ、こちらで2時間待ち。
サンラザール駅
ルノアール?の昔から変わらないサンラザール駅。
列車で45分、更に駅前からバスで20分ほど。行った先はモネの家と庭。すごい浮世絵コレクションの数でした。それも画家が選んだだけあって良い作品ばかり。北斎漫画のようなものもありました。
モネの家
浮世絵

そして
水蓮
ウォーターガーデン
まさにこれを点描画で描けばモネの作品。で肝心の有名な太鼓橋の写真を撮っていませんでした。観光客鈴なりだったし。

お昼をセルフで食べ、パリへ戻り夜はこちらへ。
リヴゴーシュ
リヴゴーシュと言われるセーヌ川左岸。有名な観覧船が往き来しているその川岸にあるのは
屋外ミロンガ
屋外ミロンガ。原則無料です。
狭い場所で岸壁側には皆の荷物がくくりつけられるロープが張られ、それが柵代わり。ぐるっと踊りながら回っていって岸側に来ると緊張します。ターンした途端ボチャンと川へ・・ってことはないけど。それに水辺で涼しい・・いや踊っていないと風が冷たく寒いです。お誘いがかからないと凍えそうになります。
パリの若者は皆ビールを抱えてきて踊っている人を見ながらお喋りにふけっているけど下戸の私は暖を取るものがない。この夏にセーターはさすがに荷物に入れませんでした。
ミロンガは11時でお開きになりメトロで帰途につきました。週末は午前2時ぐらいまで動いているそうです。利用客も一杯。いつもローマでは車で遠くのミロンガまで出向く私としてはうらやましいです。

日本に帰国する前に現実からプチ逃避行。行き先は御方が滞在中のパリ。

格安航空便を予約、人の手を煩わせないように空港の近くに長期駐車場も予約しました。なのに出発2日前になって「お客様の便はフュミチーノ空港第3ターミナル火事の現場検証の影響でチャンピーノ空港発となります」とメールが来ました。げげげっ、結局駐車場予約を急遽変更、帰りは空港から空港へと坊がアッシーしてくれることになりました。

朝車を駐車場に置き送迎バスで空港へ。手荷物だけ、EU国同士の移動なので荷物チェックだけで簡単にゲートへ。さすが格安、飛行機はびっしり満席。飲み物も有料。でもあの値段なら納得。

ガレット
お昼御飯は今回唯一のクレープ屋でフランス料理。20センチ四方のガレット、重かったです。
そして今回の行きたかった場所その1へ。
ショパンの墓
ピアニストである以上ショパンの墓詣ではしなくちゃ。墓地の向かいの花屋でお花を2本だけ買い、1本はこちらへ捧げました。

もう1本はうちの老人がファンである稀代のソプラノ歌手の墓へ老人の代わりにお参りしようと捜しましたが見つかりません。おまけに前もってきちっと墓所のナンバーまで控えて来たのにそれを書いた紙が墓所を捜している間に見つからなくなりました。火葬場地下の外国人用の納骨堂というのはわかりましたがコインロッカーよろしく壁一面に1万柱ほど並んでいる中から見つけるのは番号がなければ不可能。彼女は私がお参りして欲しくないようです。仕方が無いのであきらめ、さっきショパンの墓の近くにあったケルビーニ(イタリア人作曲家)に残りのお花を供えて帰ろうと思ったら途中で40代で早逝された日本人ピアニストのお墓を見つけたので、そちらへ手向けて帰りました。

御方は用事があったので夕方遅くからちょっと1人でシャンゼリゼを散歩。ここはローマ以上にジプシーが多く観光客からお金をせびろうとまとわりつきます。
シャンゼリゼ通り
夕日の差す凱旋門。パリはローマより日が長くこれでで大体夜9時前。
記念写真撮影中
写真絶好スポットは道路の真ん中。私は信号が赤の時にすかさず撮りましたが、中央分離帯でしっかりポーズを撮る東洋人新婚夫婦とカメラマンと愛フォン構える親族。いや〜ドレス轢かれたら危ないって。(汗)

オリエンタル風キノア
夕飯はスーパーのお総菜で。美味しかったです。

久しぶりに疑似兄から連絡を頂き海の近くまで伺いました。
今回は彼のアパートの管理をしているおじさんと疑似兄さんの日本人マネージャー君も一緒でおじさんの行きつけのいつもと違うレストランへ。
ヴォンゴレスパゲッティ
いつものヴォンゴレスパゲッティと
ローマ風アーティーチョーク
アーティーチョークのフライ
今が旬のローマアーティーチョークのローマ風蒸し煮とフライ。
白身魚のグリル
そして近海で捕れるお魚のグリル。美味しかったですけどヴォンゴレはちょっとニンニクが焦げていたのが残念。

疑似兄との話題はズバリ介護。指揮者をしながら日本にいるときは介護という大変な生活の疑似兄。お忙しいだろうからこちらから連絡はしなかったのですがやはり色々と大変だったようです。色々と有用な情報を頂きました。

昔より食べる量も飲む量も減った疑似兄。トシですからと笑っていましたが大変だったことがうかがわれます。こちらも家族の事情で演奏家休業中ですが落ち着いたらまた宜しくと言うことでお暇しました。

帰りは普通の国道でローマに戻ったのですが、ここは自動速度摘発機械がここかしこにしつらえてある道で、かくいう私も一度気持ちよく走っていて突然の市内50キロ制限を見落としヤラレタことがあります。なので後ろの車が嫌がろうと40キロ制限の所は粛々と走って。私は飛ばし屋では決してありませんが気分的に苦痛です。やっぱりお金払っても高速で帰れば良かったかな。

火曜日についにプリンターがご臨終しました。オールインワンプリンターを簡易コピー機に使用している関係上私にとって必需品なのですぐに買いに量産店へ行きました。買ったのは日本のメーカーの安物。でもプリンターもハイテク化したものでワイヤレス接続可。これでタブレットから理論上は印刷出来るようになるはず・・

日本語で同機種(製品番号は違うが)の説明を読みながら悪戦苦闘。火曜日はさしあたってUSBで接続。水曜日にはタブレット経由でワイヤレス接続に成功。案の定日本の機種と微妙に違う点があり、英語の説明書も読み、一つ問題が解決しました。木曜日は忙しく今日金曜日はやっとプリンターをグーグルクラウドブリンターに登録に成功。タブレットから初めて印刷が出来ました。ぱちぱち

まだもう一つの新機能、両面印刷を試していません。これは日曜日の課題かな?文明の利器って使いこなすのも大変ですね。(汗)


日本における同機種はこちら。イタリアでの値段も似たようなモノ。私個人的には拡大縮小コピーが出来ないのだけが残念、あとは○。

<追記>いとも簡単に両面印刷成功。一度印刷して吐き出した紙をもう一度吸い込んで・・まるで反芻動物みたい。(笑)

昔なら鬼の霍乱からの復活も早かったですが流石にトシなのか完全復活までに手間取っています。空腹感と胸焼け感に同時に襲われ、食べると今度は胸焼け感がひどく、食べないとめまい感。
そう言いつつレッスンには出かけ・・今日は中華街近くのレッスンにやはり車で出かけ、奇跡的に無料スペースに駐車。レッスンの後は閉まりつつある市場に飛び込んで青梗菜と小カブと里芋を買いました。

まださすがにタンゴのレッスンに行くエネルギーは無く、それに強烈高熱菌をお相手の皆さんにうつしたら悪いので仕事の後は帰宅。夕食に電気釜に日本から抱えて来た(父方の伯父が実家に毎年贈る)南魚沼産○シヒカリ米と小カブの葉を刻んで入れて粉末ダシちょっと入れてスイッチオン!七草粥ならぬ一草粥。(病み上がりで何となく訳わからん写真ですみません。)
一草粥

半合多いかなと思ったけど完食してしまいました。美味しかったです。さすがお粥は食後胸焼けしなかったし。

精付けてぼちぼち回復します。

爆睡中
朝起きたら39℃の熱。寒気がひどくて眠れなかった訳です。こんな高熱本当に久し振り。解熱剤飲んでも寒気と関節の痛みは止まったものの熱はそんなに下がりません。1日仕事は休んでタブレット片手にお布団の中で過ごすことと相なりました。

<追記>
バズーカ2発で翌日ほぼ復活、仕事出かけます。

飛行機旅で眠れない(時々20分ぐらい気絶するのが限度)私は到着後時差ぼけに苦しみます。それも日本から戻って来た時に。

到着日は寝不足で寝入るのですが問題はそのあと数日。昨日は夜タンゴのレッスンに出かける時間には意識朦朧となり夕飯食べず9時には寝入ってしまいました。当然朝4時に目が覚め、これではいかんと5時頃再び寝入ったら・・次に目覚めたのが何と12時。コーヒー飲んでもまだすっきりせずもう一寝入り出来そうなだるさ。

頑張って仕事行って来ます。トランク上げ下ろしの腰痛もやって来たし、今日も根性なく車出勤だな

<追記>仕事が終わったらとこ。さんより帰りにお節を取りに寄れますかとメッセージが入っていたので寄りました。
とこ。さん作のお節
いつもながらすばらしい手作りのお節。ご馳走様でした。

朝6時半に起きてまずはコンビニへ。おにぎり2個と100円コーヒーを買って戻りました。エスプレッソは望むべくも無いですがホテルの朝食の味の無いコーヒーに較べれば。

ホテルではバターロールとオレンジジュースで軽く朝食を。7時半の送迎バスにて羽田空港へ。トランクを引き取って蓋を開け、最後の納豆とゆずを押し込みます。最終重量はトランク21キロと小さなカラカラが20キロ。
ちゃんと前もってweb チェックインしておいたのにすごく並んで時間がかかりました。慌てて先ずはセキュリティーと税関を抜けて中へ入りました。ところが搭乗ゲートに近い売店にはお茶も週刊誌もありません。仕方なく反対側の端の本屋まで競歩。週刊○春はありませんでしたが他はどうにかゲット。メールチェックする暇なく搭乗。
空港内の食べ物や

お寿司やとお好み焼き、たこ焼き屋。目では食べたくてもお腹には入りません。
空港内のお寿司や



飛行機は見事に満杯。今回の機内食その1は昼食。鶏のテリヤキとサーモンサラダ。
機内食その1


外はずっと何となく薄暮。下には流氷らしきが見えます。
機上からの風景


週刊誌を3冊読み、おやつのミニカッブアイス、自分で持って来たおやつも食べて到着1時間半前に出た機内食その2はは夕食。ご飯と豚肉。ポーク オア パスタ?ってそりゃポークです。ご飯部分だけ食べました。
機内食その2



ロンドンは雨上がり。こちらのセキュリティーチェックも激混みで通り抜けるのに1時間以上かかりました。そしてまずは待望のエスプレッソダブル。覚醒効果はほんの一瞬。
エスプレッソ

次いでジュースとお水を買って軽く腹ごしらえ。ケールとキウィとリンゴのジュース。こんなマズいものよく商品化したなと感心する代物。
ジュースとおにぎり


空港の無料Wifiでメールチェックやブログチェックをしているうち睡魔が襲って来ます。何と言っても乗り継ぎ時間は5時間。まだまだあります。
空港の夕暮れ

そして午後4時半頃には外は薄暗くなります。

ヒースロー空港のターミナル5は改装されてお紅茶の老舗はコーナーの一角でなく店が出来ました。店員は暇だったと見え、ティーバッグ売り場の私にまで製品の説明をして量り売りの缶を開けて匂いを嗅がさせてくれました。ティーバッグ2箱しか買わなくてごめんなさい。(汗)
ターミナルを端から端まで散歩し、また元の場所で座り込み、睡魔で気絶しそうになった頃ゲートナンバーが表示されやっと待ちに待った搭乗。
飛行機に乗ってから離陸まで気絶していました。そして最後の機内食は行きと寸分変わらぬサンドイッチが出ました。

ローマには2分遅れで着。猫ババさんから定刻10時きっかりにもう着いたかい?とメッセージが入っていました。前の方の席だったこともあり、手早く中国人団体より前に税関にたどり着き、荷物の出る所までは順調でしたがここで待ちました。乗り継ぎ時間が空いていると真っ先に飛行機の奥の方に荷物積まれてしまうのかも。
猫パパさんにはいつものようにどうしてそんなに荷物が多くてかつ重いのかとあきれられました。だって元々2つ+羽田とヒースローでちょっと買い足すからです。

やっぱり羽田空港近くのホテルからローマの我が家まで約1日かかりました。2週間暖房を入れていなかった我がアパートは氷のように冷え切っていました。

クリスマスツリー

こちら昨日徘徊した我が家最寄りの駅前で。私が帰省するなり病人気がゆるんだらしく早速病院へお供。風邪のようです。

今回は早朝便が取れず昼出発。14時発なのに飛行機はなかなか出発しません。ロンドンの空港が雪でタラップで乗客を下ろさずサテライトに駐機しなくてはならないので45分程出発が遅れるって? 私は自分の英語力に自信持てないけど・・
45分後離陸、最初の機内食は小さなチキンサンドイッチ。いつもよりパンは柔らか。でもクランベリーソースって甘いのね。気分は西洋風テリヤキチキン。
チキンサンドイッチ+クランベリーソース


遅れは15分取り戻すって言っていたのに空港上空で着陸許可を待つのに3回旋回、やっぱり45分遅刻で到着。雪なんて見かけませんでしたけど?いたのはスノーマンだけ(笑)
スノーマン


今回はターミナルもバスで移動。ターミナル3には○タバがありませんでした。でロンドンー羽田間は久々に鶴のマークの飛行機で。

いやはや待合室に入るのにパスポートと搭乗券を係員が既に事前確認。出発30分前にテキパキと優先搭乗案内を始め、続けてエコノミーの後部座席の客から先に搭乗させて出発時刻ぴったりにドアを閉め、「定刻出発に皆様ご協力有り難うございました」のアナウンス。さすが日本の航空会社。お見事です。

近年ご飯も美味しくなりました。ただ和食が底をついて洋食のチキン。美味しかったです。デザートにアイスクリームもついたし。
機内食その1

いつものように眠れない私は映画を3本見ました。久し振りに邦画も見たし。そして1時間気絶してはっと気づいたら既にオホーツク海上空。朝ご飯(ロンドン時間で)は至って普通。
機内食その2

そして定刻どころか20分ほど早く到着。荷物から冷蔵品を取り出してトランクは宅配に預け、電車バスを乗り継ぎ、スーパーで夕食にお寿司を買って帰りました。

また1年がたち、また1つトシを取りました。
一番最初のお祝いはみくしから。フライングで前日夜に日本時間で下さったから。そして友達からのメール、メッセージ。実家からも老人はメールで、病人は電話でお祝いをくれました。
昼前には坊からも電話。「お誕生日おめでとう。毎年記憶が定かで無いんだけど昨日だったっけそれとも今日だっけ。」
昔は祝日である12月8日に坊宅で祝ってもらっていたので坊の記憶が一日ずれるのは頷けます。いやいや電話くれるだけで嬉しいですよ。
そして本日のレッスン先の一番大きい生徒は「誕生日おめでとうございます。うちの両親が我が家の近くのレストランで夕食にご招待したいと申しております。よろしければいつもより遅いレッスン時間に来て頂いてそのままってのはいかがですか?」とメッセージをくれました。喜んでお受けしました。
フォカッチャ
ほかほかのフォカッチャに始まり
ムール貝
ムール貝の前菜
ヴォンゴレスパゲッティ
そして私はヴォンゴレスパゲッティ。ちょっと油多めでしたが美味しかったです。
漁師風リゾット
こちらは生徒の頼んだ漁師風リゾット。
ビフテキとフライドポテト
生徒の同居人は肉食人種。
鯛とジャガイモのグリル
生徒のご両親はプリモ無しで鯛とジャガイモのグリル。

ティラミス

かなりの満腹度で直接デザートに突入。私はティラミス。かなり重かったです。
リンゴのケーキ
生徒のご両親はリンゴのケーキ。
普通イタリアでは誕生日の人が奢るのが普通なのにご馳走になってしまいました。もはや家族同然の20年以上知り合いの彼女のご家族だからこそ出来る(イタリア的には)非常識。続きを読む

前の記事をアップしたその日の午後から突然にアレルギー性鼻炎が勃発しました。ひよっとしてイケアの店内のハウスダストが原因?。こんなに酷いのは何年ぶりかしら。
そしてお約束のごとく鼻炎→鼻風邪→喉風邪に移行。葛根湯から始まってハチミツ大根、熱いお風呂、抗ヒスタミン剤と色々手を尽くしたもののついには熱まで出して解熱剤のお世話に。木曜日には生徒の風邪でレッスンがお休みになったので解熱剤を飲むのを控えたら38度超えの熱・・
と言うことで結果的に熱を薬で止めないで出し切り、13時間ぶっ続けで寝ました。週の間、車通勤で仕事には行きましたがブログネタに成りそうなイベントは全てキャンセルしてネタ無しでした。

やっと少し体調の落ち着いた土曜日はロベルティーノ君宅へ。何とロベルティーノ君は両手で弾く曲に突入してしまいました。最初は片手ずつ弾いて、それから両手持って弾かせてやって、やってごらん!と言ったら無理だと怒られたので片手を持ってお手伝いしてあげて、冒頭の音に両手用意してやってさぁこれとこれ同時に押してごらん・・と言ったらさらっと出来ました。すごい。ロベルティーノ君の辞書に不可能という言葉は無い。

宿題にはせず、また今度一緒にやろうねって言い残してきましたが彼のことだから週のうちに再トライして来週にはおそらく弾けていると思います。

そして午後ものんびり車出勤にしました。こういうときは無理をしないに限ります。パーキング物色にかかったその途端目の前で無料スペースに駐めていた車が切り返して出て行きました。うんラッキー・・だけど出て行った車私のよりサイズ小さいし、いけるかな?
完璧な縦列駐車
ちょっと我ながら感心する見事な縦列駐車。いえ、体調悪いときはてきめんにきちっと車が駐められなくなる私。大丈夫、まだローパワーだけど体調は良くなりましたよ。

遂にパソコンのキーボードがたたらを踏むようになりました。入力しながら凄くストレス・・と言うのでキーボード交換。
私は伊語キーボードが嫌いで日本語キーボード使用しています。勿論イタリアには売っていないので日本から抱えてきます。安物で構わないのですが結構かさばります。というのでいつもテンキー無しの省スペースキーボード。何と言ってもピアニストのタッチで2年に1個ぐらい駄目にしますから。
うちの最後の在庫を引っ張り出してみると・・あらら、こりゃ小さい。おまけにキー配列が違ってシフトキーが左側しか無い。使いにくいですけどさしあたって次回帰国まで約2ヶ月はこれで我慢しなくては。何か玩具のピアノでエリーゼの為にを無理矢理弾く気分。(違)
ミニミニキーボード


スマホのフラワータッチ入力(○TOK)も好きで無いけどこれもなあ

突然コメント欄にスパムの嵐が来たので私が確認後に公開する形に改めます。ご了承の程を。

普通変な時間に眠くなったり変な時間に目が覚めるのを時差ぼけと言いますが、それだけではありません。変な時間に異様な食欲に見舞われたり、いつもの時間にトイレに行けない胃腸の時差ぼけ。私は眠気以上にこちらの方が辛いです。朝5時台に目覚めるのもかなわないけれど。

珈琲とピスタチオ味のミニコーンアイス

昨日食材の買い出しの時買ったミニアイス。コーヒー味とピスタチオ味。両方共美味しかったです。

朝5時27分起床。5時半に目覚ましはかけてありましたが鳴る前に目覚めました。ホテルから歩いて2分の距離にある24時間営業の7ー11でおにぎりを3つ買い、ホテルへ戻って朝食。
ホテルでの朝食
さすがに朝早いのでちょっぴりだけ。部屋へ戻り用意をして荷物を持ってロビーへ下り、6時40分の送迎バスで羽田空港へ。前日空港宅配に出したトランクを受け取って開け、山芋を押し込みチェックインカウンターへ。23.5キロで係員のお姉さんにお褒めの言葉を頂き、でもヘビータグを付けられました。「このサイズのトランクで23キロ超とは中にお醤油とかお米とか重い物入れられましたか?」と聞かれました。いえ、お米入れたかったんですけど駄目だったんですけど・・・(汗)

飛行機はほぼ満杯。離陸して日本海を越えたあたりで機内食。朝食でした。本日2度目の朝食。
機内での朝食
毎回同じですがまあまあの味。そして3時間ぐらい後、おやつボックスが配られます。中身はこないだと全く同じなので写真流用。
IMG_1087p

最新映画を続けて2本(マレフィセントとディズニーの消防飛行機のアニメ)見ました。2本目はうたた寝したのでよくわからなかったけれど。(汗)
そして到着寸前に昼食。こちらも見事なまでにこないだの帰りの時と同じメニュー。
昼食
日本から乗せられる方は不味くはないけどたまにはメニュー替えようよ。(苦笑)

ロンドンの空港はトランジットでも検査が厳しく時間がかかります。今回はカプセル(透視検査)に入れられることはなかったけど、手荷物満載で危惧した割に何も言われなかったけれど羽田で買った美容液はそのままではジップロックの袋に入りきらず、開封して瓶だけ入れました。

身体検査がすむとほっとしてお紅茶を買いに。免税店改装中で6月の時と勝手が違い店を捜しました。そしてお水を買い直して1つ目のおにぎりで一休み。食後は○タバで珈琲を。今回は眠気を飛ばすべくダブルエスプレッソ。サーヴしてくれたヴェールを被った(回教徒)の若い店員さんに「どこへ向かうの?」と聞かれ、「ローマへ戻るの」と言うと「ローマ!ロマンチックな響きだわ」。ふ〜ん、そうなのかなあ。住めば都でないのがローマだけれど。
ダブルエスプレッソ


今回はいずれも飛行機が空港の外れに駐機。しっかりと重い手荷物を抱えてタラップ上り下りしました。そして今度はローマまで。
スナック
サンドイッチの種類はこの前と違ったけど大きくてごわごわしていて。やはり食音痴で定評のある国のナショナルフラッグだなあ

ローマの空港には定刻前に着くもパスポートコントロールには一足先に着いた中国からの便で中国人でぎっしり。おまけに連中、前に並んでいる知り合い友達の所に平気で入り込むし、審査を抜けるのに45分もかかりました。更には有料なのにカート置き場にカートが1つもありませんでした。そのうえトランクが出てくるのに更に待たされ、片手に23キロ超トランク、もう片手に10キロ超トロリーを引きずりながらずっしり重いハンドバッグと免税店で色々お買い上げした品でいっぱいの大きなトートバッグを抱え、夢遊病者のようによろけるようにして外へ。猫パパさんに電話して「どこにいるの?荷物一杯で動けないからこちらに助けに来て」とお願いして捜してもらいました。いつもながらどうして1人でこんなに荷物を持って来るのかと呆れられました。
帰宅して2つめのおにぎりを夕食に。3つ目の赤飯おにぎりは冷凍庫に突っ込みました。いつもながらほぼ24時間殆ど起きたまま。時差呆けで目が冴える前にトランクの中身をその辺にぶちまけたまま寝ました。疲れました。

朝から検査結果聞きに胃腸科へ。異常なし!出発出来ます。
出先からすぐオンラインチェックイン。いえ、タブレットでは見づらくさしあたって席だけ廊下側に確保。

デパート内の○澤商店へ寄り、次いで区役所へ転出届を出しに。お昼を挟んで国際免許申請に運転免許試験場へ。帰りは駅ビルのスーパーへ寄り、次いで我が実家最寄りにも。お夕飯に限定お寿司を取りに再びスーパーへ。
食べ終わったらなぜか病人にせかされ手荷物を持ってホテルへ。慌ただしい1日でした。明日も朝6時40分の送迎バスです。爆睡します。
抹茶最中アイス
今晩のおやつ。美味しかった!

突然涼しくなった今日この頃。あまりの暑さにお盆に行かなかった伯母の墓参りに一人で行きました。
実家最寄りのスーパーでお花とおにぎりを買い、老人が書いてくれた行き方説明書通りにJR駅前から1時間に1本の霊園方面行きのバス・・えええっ、無いじゃ無いですか。あの霊園の正式名称なんだっけ?(汗)

ええぃとタクシーで行ってしまいました。運転手さんにバスが直通でなく、途中のバスセンターで乗り換えになったと教えて貰い、その場所も教わったので帰路はバスにてそのバスセンターまで。そこからは別のJR駅にも接続するバスがあり、まあ直通では無いにしろむしろ便利になったかも?でした。

帰りには町田へ。今回帰省で初めてです。今日より○ンズメッセ開催でした。レジの長蛇の列、待ち時間2時間ぐらい?のその列に恐れをなし、3品以内のスピードレジへ。それでも40分並びました。
そのあと○HCへ寄り、帰国目前に切れてしまったサプリメントとリップペンシルを買ったら抽選券をくれたので福引きに。地下から10階の抽選会場まで。まず何も当たらないのが普通なのに6等のバスソルトが当たりました。へぇぇ?
近くのデパートの○澤商店へ・・いえ、地下は改装中で8階へ移転中。捜していた物が無く、問い合わせると本店へ行って下さいと言われました。流石に歩き疲れたのでそのまま帰途へ。

実家最寄りのスーパーで3000円以上買ったのでまた抽選。白い玉・・でなく緑の玉が転がり出ました。4等でサラサラシートとトートバッグ貰いました。こんなツイていることなんて??多分伯母がお参りに来てくれたからって喜んで幸運のお返し・・かも。
景品
図に乗って宝くじ3枚買いました。本日大安って・・そんなに柳の下にドジョウはいないよね。(笑)

○ンズで買ったもの
○ンズで買ったキャベツピーラーは予想通り老人が欲しがったのであげました。昔トマトの皮むきプレゼントしてあげた時はその日のうちに流血騒ぎになった記憶が。今回は手をセン切りにしないでね。(汗)

お盆休み明けの月曜。朝8時半まで朝食を食べずに待って電話をかけた先は胃腸科クリニック。

先日Nさんとランチした時に彼女がどこに胃カメラ検査に行っているか聞いてみました。検査行かなきゃと思いつつ、喉が過敏な私は今まで躊躇、いえ拒否していました。昔病人の胃カメラ検査に列席したこともあってあれ以来更に怖じ気づきました。でもここ数ヶ月ちょっと何となく胃痛の日々。ついに覚悟を決めました。

Nさん曰く眠らせてくれて何もわからないうち検査してくれてハイ終わりましたよと肩を叩かれた・・と言うクリニック、朝電話して午後に予約が取れました。コーヒーは飲まないで下さい・・と言われたのが苦痛でしたが何とか耐えて午後、私が30年以上行きつけの歯科医院から歩いて3分の距離にあるそのクリニックへ伺いました。

まず問診、触診、超音波検査のあといよいよ胃内視鏡。結果から言うとほぼ何もわからないうちに検査が終わり、最後に何かを引き抜かれたショックで意識が戻ったというか。これなら耐えられるレベルです。

日頃のストレスに満ちた生活がたたり、ポリープもびらん性胃炎も十二指腸潰瘍の痕も胆石の疑いも・・・調べてみて良かったと思います。そして生検の結果を聞きに2週間後、まさに出発前日また伺うことになりました。ぼちぼち体のメンテナンスの必要な歳です。(汗)

ブラックチョコシェーク
朝からの固形物絶食、検査2時間後の自分へのご褒美は○ディバのシェーク。ちびちび味わいながら飲みました。

台風接近中でリューマチの病人の具合が悪いだけでなく私もまるで貧血のように頭がクラクラします。
明日朝は植木鉢の取り込みと買い出しの仕事が待っています。

このページのトップヘ