Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

カテゴリ: 自家栽戦隊マドギワー(園芸)

2ヶ月半家を空けて帰ってきて一番心配していたのが粉につく蛾。家中に蛾取り紙かけておいたのですが効果は2ヶ月。家のドア開けたら蛾が舞って・・いませんでした。但し台所の罠の中はいっぱいかかっていましたが想定内。

時差ぼけで5時に目が覚めた帰国1日目、まず最初の仕事は猫パパさんに手伝ってもらって車のエンジンかけ。予想通りかかりません。うちから500メートルの修理工場のマルコさんにお電話すると午後に行くと言われ、猫パパさんに頼んでコープへ買い出しに連れて行ってもらいました。だって家の中に食べる物が皆無ですから。
浄水器のフィルターに始まり、卵、豆乳、モッツァレラチーズ、そして野菜をいっぱいいっぱい買いました。だって日本に較べると安いもの。あまりの大人買いにさすがに現金の手持ちが足りずセルフレジにてデビットカードのご登場。あれ?暗証番号押しても動かないけど?と係の店員を呼ぶと「あ〜この機械接触悪いのよねー。私がここ支えるから暗証番号押して
イタリアに帰って来た実感。(違)

昼休みスマホからブログ記事を書いていたらワサップにオンラインサインが付いていたらしく、6月に会う予定だった新しい生徒のお母さんにつかまりました。今日は車無しなんですけど・・と送るとこちらから伺っても・・いえ、午後からは本格的に時差呆けますので明日お電話しますと送りました。昼頃まではともかく午後になると意識朦朧。マルコさんの助手さん達がバッテリーを携えて2人で車でやって来てエンジンをかけ、「バッテリーは交換だね、他に直すところは無い?出来上がったら明日朝ボスが電話するそうだから」と言い残して1人は私の車を運転して去って行きました。

夕食は久しぶりのカプレーゼ(トマトとモッツァレッラとバジルの葉)サラダを食べ、9時には気絶しました。

<おまけ>
紫蘇
ローズマリー

猫パパさんの庭に預けた食用植木。今年は生き延び、倍の丈に育ちました。

本日レッスンに伺ったcilieggiaさん宅で久しぶりにレモンちゃんにご対面。
レモンの木
息も絶え絶えの状態でお持ちし、その年の大雪でかなり瀕死状態になったところから去年は2つ、今年は何と5つ実が付くまでに盛り返しました。これでも一応樹齢15年余りになります。

そしてこちらはお宅の食べる盆栽?山椒もどきですがちょっとニオイが違うかな?そう言えば実家の老人が山椒の木を育てていましたがアゲハの幼虫に丸裸になるまで葉っぱを食い尽くされて駄目になったそうです。
山椒もどき


我が家は紫蘇のタネを蒔きました。途端に寒くなったので風呂場にプランターを置いてあります。もうすぐ春ですね。

<おまけ>
お夕飯
cilieggiaさんにレモンと金柑のみならずお夕飯まで頂いてしまいました。美味しかったです。

我がアパートにはベランダが無く、窓際で香草の類いをちょっと栽培しています。昔はかなりの数あったのですが、Noriさん宅へ夏休みの間お守りを押しつけたまま放置した物もあり、だいぶ減りました。

この夏休みは2ヶ月以上家を空け、猫パパさん宅の庭へニラ、紫蘇、ローズマリー、バジルを置いていきました。大体毎年ローズマリーは駄目になり、ニラは元気になり後は息も絶え絶えながら生き延びるのがパターンなのですが、今年はローズマリーだけで無く紫蘇もバジルも残念ながらご臨終。ローズマリーは鉢植えを買い直しました。

さて、ニラは6月に勢いが無かったので土を入れ替え、プランターの中一杯に伸びていた根を少し切りました。そのためか例年に増してに元気で9月には今まで見たことの無いほど一杯つぼみが出ていました。しかしこれを全部置いておくと栄養をそれに吸い取られるので、数本だけ残してあとはどんどん折って冷蔵庫で保存していたのがかなりの量たまりました。
花ニラ
○ックパッドには豚肉とキノコと花ニラというのがありましたがうちにはないのでストレートに鶏肉と花ニラだけ、味付けはちょっぴりの薄口出汁醤油とXO醤で。
花ニラと鶏肉のXO醤炒め
茎がかなり固くなっていてちょっぴり筋っぽいのがありましたけど美味しく出来ました

今年は冬も寒かったんですが、春の来るのも遅いです。ミモザも開花が2週間ぐらい遅かったし、桜も1週間以上遅かった気がします。猫の目のようにくるくる変わる天気は気違い3月と言って先月の典型的天気なんですが、4月下旬現在まだ天候不安定な今年。
紫蘇
そんな中3月に蒔いたら暑い日が数日続いて芽が出てしまい、さて枯らしてはと家の中と外と行ったり来たりした紫蘇。昔我が生徒のお宅からもらった紫蘇の種→我が家で繁殖→ねるさんにお裾分け→子孫繁栄、我が家は度重なる夏の帰省で全滅したのでまた反対に分けて頂く・・という歴史のある?紫蘇。
みょうが
こちらも日本に引き揚げる生徒から頂いたみょうが。去年はすごく芽が出たのですが猫パパさん宅の庭で夏に直射日光を浴びて葉っぱは全部落ち、収穫ゼロ。根っこは健在でした。

ローズマリー
こちらは台所の日陰の窓で通年生息するローズマリー。先がちょん切れて短くなっているのは私が料理に拝借したから。場所を取らないよう囲いをして無理矢理縦に伸ばしています。
にら
そしてニラ。これだけは夏に猫パパさんの庭のど真ん中へ置いて帰省するとかんかん照りの日を浴びてすごく元気になります。

ベランダが無く、窓辺にこれらを置いていますが、現在の下の下の住人はこれらに神経質。ちょっと水やりで水が下にこぼれたら怒鳴られました。去年はバジルの鉢が風で落ちて捨てられました。なのでこれ以上増やせない状況です。ミョウガの鉢は針金で家の中にくくりつけてあるし・・

昨晩より12時間爆睡した後Noriさん宅へ電話。車が修理中とメールがあったのでもし買い出しに行くならと。しかしご主人の仕事先の大型バンがあると聞き、反対にお願いをしてしまいました。

実は7年ほど前にローマを離れることになった日本人生徒からお宅のレモンの木を譲り受けました。しかしベランダの無いアパートに住む身、そのお宅の近くに住んでいた坊母のベランダに預けました。ベランダか庭のあるうちに引っ越した暁には引き取る予定で。

そして・・家族同様の付き合いをしていた彼女とも金銭的なことが原因で行き来しなくなって約1年。変わらず時々連絡をしていた坊を通して引っ越すからレモンの木を早急に引き取れと言われたのが半月ほど前。しかし大きくなったレモンの木を引き取ってもらう先も、大体どうやって運ぶかも考えあぐねていました。
昨日引き取ってくださる先を見つけ、今日は運ぶ車の手はずが出来るなんてラッキーです。

さて、私が立って荷台に乗れるぐらい背の高いバンにNoriさん、ご主人と私と3人で乗ってレモンの木を取りに行くと
レモンの木
ありゃりゃ最後に見たときよりだいぶ萎えてます。かわいそうに近頃面倒見てもらえていなかったようです。申し訳のように小さな小さな実が一つ。何か仰々しくバンを出してもらったのが気恥ずかしいような・・(汗)

そしてそこからローマ環状線を3分の1周してこれからの落ち着き先、cilieggiaさん宅へ着いたときも気恥ずかしく・・だって最後に見た1年前は植木鉢を含めて私の背の高さあったのですから・・(と言い訳)。

これからは地面に植えてもらえばちゃんと再生しますよね。来年の今頃には鈴なりとはいかなくても一杯実がなるぐらい元気になるといいな・・

発表会のために久しぶりにデジイチにズームレンズ付けてテスト。
みょうが
逆光ですが繁殖ぶりがわかるみょうが。

アロエのつぼみ
昔梅ママさんからもらって永年、初めて花が咲きそうなアロエ。

カメラOKですが、Okでないのは生徒の出来。もう今更遅いよう。(号泣)

ずっと気になりつつ放置していた窓際の植物。日本帰国も延びたし・・というので土を買ってきて整備しました。
ローズマリーとニラ
ここ10日ぐらいでえっ?と縦に延びたローズマリー。そして越冬したもののアブラムシがついてちょっと元気のないニラ。
メントゥッチァとアロエ
匂いにつられて買ったメントゥッチァ。アーティーチョークの料理には欠かせない物。そして永年我が家にあるアロエ。秋にアブラムシで全滅したネギも種を再びまきました。
シュンギク
だいぶ先を食べましたがまだまだ育つ春菊。後一月もすれば虫がつき、花が咲くので今のうちにせっせと食べなくては。
ミョウガ
日本に帰国される方からいただいたミョウガ。去年は収穫5個でした。掘り起こしたら芽が出かけていました。ふかふかの新しい土へ植え替え。

西に黄色い花
そして女性の日にいただいた黄色い切り花の後釜。風水で言う金運アップを目指す西に黄色の花。

非常食料になりそうなほどの植木はないですが・・菜園というよりは香草園ですね。紫蘇もこぼれ種から芽が出かけている鉢に少し残っていた種をまき足しました。夏の薬味も育ってね。

一人で昨日作ったケーキを完食するのはまずいので(汗)猫パパさんに強制お裾分け。私は感じませんでしたが、猫パパさん、一口食べて、緑茶(抹茶)の強烈な香りだねとのコメント。やはりイタリア人には日本のレシピの抹茶の量は結構たくさんなのかも。

隣の子猫は昨晩は猫パパさんのベッドで寝たとか。猫パパさんの肩に乗って頭を目指し、楽しそうによじのぼっていました。(笑)
収穫したミョウガ
こちらトウが発つ前に収穫したミョウガ。これで5本目です。明日こそはまた冷やし中華を作って薬味に使おうっと。

肝心のケーキはあと一切れを残すところとなりました。ケーキは忘れた頃に作るペースの方が良いようです。

週末からの風邪が発表会前の追い込みに重なり、遂に夜は絶え間ない咳と唾が飲み込めないほどの喉の痛み。発表会前最後のレッスンに行ったついでにホームドクターである生徒のお父さんに診察していただきました。消炎剤と一緒に万が一高熱が出たら・・と抗生物質の試供品を「はい、お守りです。土曜までに高熱が出なければ返してくださいね」と渡されました。熱が出ないでお返しできますように。(注:イタリアでは抗生物質は普通には買えず、医師の処方箋を持って薬局に買いに行きます)

生い茂る茗荷












そしてこちらは帰国する日本人から頂いたもの。茗荷です。昔根を送ってもらって植え、結構生い茂ったんですが花が出来る前に夏の一時帰国中坊宅に預けたら根腐れしてしまいました。
こちら去年は一つ収穫できたそうですが・・果たして我が家の窓際で生き延びるでしょうか・・・

天候が極端に不純で雨ばかり降って寒い今年。紫蘇の発育も過去最悪です。日本から持ってきた種によるものはまだ葉っぱが2センチぐらい。
日本の紫蘇













そして去年のこぼれ種からの紫蘇はと言うと
イタロジャポネ紫蘇













思う存分とは言わないけれど数枚ならちぎって薬味に使えそうな大きさ。新しく蒔いた方が新しい土で栄養分もあるはずなのにこの差はいったい何?

今日も雨の中師走です。帰宅予定時間は・・↓
炊飯器タイマー時刻

昨日の朝出勤時はなんと摂氏11度。これが5月の気温なのか・・とあきれる肌寒さ。
本日はお日様もでてそれなりの温度。著しく成育の後れている紫蘇の間引きを少ししました。ニラは季節外れの花が咲くし、天候異変です。
花盛りの春菊











そしてこちら、忘れている間に花盛りとなった春菊。春に花が咲くから春菊なんですね。(汗)

残り少なくなったオフの日。窓ガラスを磨いてカーテンを洗ったら・・案の定雨が降りました。(泣)
DSC_1001こちらトウの立ったニラ。いつも花が咲いたことが無く珍しいことです。これ以外にも数本花穂が出ていますが食べることにして・・いえ、数本じゃ料理にならないですね。(笑)

元祖カメラマニアの父。今回古くて使っていない交換レンズをせしめようかと思ったのですが、オートフォーカス一切無しのレンズ達、まだ初心者そのものの私には手に負えませんでした。(涙)
父がせっかくだから誕生日祝いの先渡しだ(誕生日は12月ですけど)と私が値段調査に明け暮れていた明るい単焦点レンズ、通称牛の目玉(こちら)をプレゼントしてくれました。
さあて、試し撮りは父に叱咤激励されて綺麗に花が咲いている胡蝶蘭。嬢が日本に2年前に来て泊まった時お礼にと買ってきたものだそうです。
まずは数日前撮影の標準ズームの一枚
DSC_0984
そして単焦点レンズの一枚
DSC_0985
ただシャッター押すだけモードで撮ってみましたが全然違いますね。やっぱり道具が違うと下手でもこんなに違うと思わせる一枚です。
DSC_0986
こちらは実家のベランダからの眺め。遠景も綺麗です。これからも色々と楽しめそうです。

窓際菜園の紫蘇

























私にとっていわばヴァカンス入りの初日。久しぶりにデジイチを引っ張り出し、窓際の紫蘇を撮影してみました。西向きの我が家、日がぎんぎんに当たっています。しっかりと外は夏の気温、今晩は紫蘇の薬味でざる蕎麦といきましょう。

そしてスペインにおいでの階上の住人ケニアさんからはスカイプでラブコールが入りました。「元気かい?こんな時間帯にオンラインって珍しいねえ」あはは、監視されていますね。(笑)

あと一週間で発表会と言うところまで来て医大生の生徒から電話。「じつは6月3日の試験が急遽発表会の後の月曜に前倒しになったので急に準備しなくてはならなくなりました。ずっと缶詰になって勉強しなくちゃならないし、発表会の曲もまだ完璧でなくてもう一息だしこのままじゃ発表会も試験も両方駄目になりそうです。すごく残念なのですが本業を優先します。
仕方ないけれど先生立ち直れません。(号泣)

上のご夫妻は夏のお住まいスペインへ旅立たれました。私はいつもの日曜のように掃除洗濯。気づくと窓際のミントの葉が葉脈だけになっています。よ〜く目をこらすと針ぐらいの太さの1センチぐらいの青虫。ははぁ、我がミントの葉をご飯にしていますね。しかし1匹でこんなに食べるわけはない・・と徹底的に調べてみるといるわいるわ青虫が11匹・・・皆様お食事中の葉っぱと共にゴミ箱へ移動していただきました。

紫蘇著しく成長の遅れていた紫蘇。目出度くお蕎麦の薬味ぐらいに出来るぐらいに葉っぱが成長しました。スモークサーモン紫蘇寿司が食べたいです・・発表会が終わったら作ろうっと・・

いよいよ明日から夏時間。1時間寝る時間が少ない日です。
写真はやっと発芽した紫蘇。早く大きくならないと挟みでちょん切るぞ〜って昔話の一節にありましたね。うちの紫蘇は早く大きくなってもかわいそうに私に摘まれてしまうんですよね。めげずに育ってね。(笑)
紫蘇の赤ちゃん

ミモザ














本日は女性の日。今年は例年になく女性の日のシンボルのミモザの開花が遅くちょうど今頃満開です。こちらはお隣緑の親指おばさん宅のミモザ。苗木を買ってきて空にそびえるほどにまで育ちました。
続きを読む

紫蘇















やっと少し晴れの日が続いています。気温も30度に達しようかと・・例年だと40度近い猛暑にあえいでいるのから較べると楽ですが異常です。今まで泣きそうなほど育たなかった紫蘇、やっと暑さと共にそれなりに葉っぱが大きくなりました。

季節が良くなると下の下にお住まいの自宅療養中の方もだいぶ体調が良くなったと見え、庭に出てテーブルにカンガルー猫クーキ君を載せて雑誌を読みつつ通る人に「チャ〜オ」。返事をしたら最後捕まリますので(笑)無視しています。少し生徒のレッスンが減って我が生活はゆったりになったとは言え余暇は少し練習と家の片付けに振り向けるべきですので・・。

ねずみ色の空が広がっています。ここ数日ずっと雨が盛大に降ったりやんだりの天気。ちっとも暑くなりません。今週末には良いお天気・・だそうです。期待しましょう。
さて我が家の窓際菜園も悪天候を反映してぱっとしません。その中で健闘しているのはこちらメントゥッチア(野生ミント)。アーティーチョーク料理の季節もほぼ過ぎ、摘まれる心配の無くなった途端?野放図に育っています。
野生ミント
続きを読む

11時間爆睡しました。これでまた一週間乗り切るぞ〜。
猫パパさん宅にて日照をお借りしている植物。ラズベリーは実らしくなりました。
ラズベリーの実






















そして紫蘇は・・惜しいっ。(笑)
間借り紫蘇2
続きを読む

ラズベリー祝日の今日、久しぶりにラズベリーを点検に猫パパさんちの庭へ。太陽の光は偉大ですね。実になりそうなのが一杯なっていました。ラズベリーチーズケーキの飾りぐらいになるかな。

そして猫も日向でなく日陰で寝そべる良い季候。狩り猫ピッコラはせっせとトカゲ狩り。
狩り猫ピッコラ
続きを読む

一晩中突風が吹き荒れた後の朝。お天気は一応晴れ。一昨日咲きかけだったラズベリーの花は花びらが散っていました。この分だと数粒の収穫は見込めそうです
ラズベリーの花 続きを読む

野沢菜の花
















やっとお天気になった今日、窓の外では花が咲いていました。こちら放置していたために咲いた野沢菜の花です。野沢菜漬けを夢見て栽培した野沢菜、プランターでは葉っぱは全然大きくならず、出来た野沢菜はほんの一口分でした。何か過去の15さや収穫の枝豆に次ぐ不作です。(汗)
続きを読む

やっとお天気が良く、春日和になりました。緑の指おばさんを始める季節です。猫パパさんと植木屋へ。私は添え木とメントゥッチアの苗を買いました。だって3週間で(画像合成に見苦しい点がありますが・・)ラズベリーの苗こんなにすくすく育ったんです。お日様の光は偉大です。
ラズベリー

続きを読む

この前までの寒さとうってかわって良い天気。暖かな春を思わせる日差しです。
昨日苗を買いました。去年は日差しの当たらない我が窓際でご臨終したので本年は日向(猫パパさん宅の庭の一角)をお借り中です。さしあたって植え替え翌日、元気なラズベリーです。我が家の窓際菜園はニラと三つ葉を植え替え、枯れ草になっていたラベンダーを捨てて紫蘇のこぼれ種が落ちているに違いない植木鉢を出して水をやりました。
ラズベリーの苗
続きを読む

隣のミモザ久しぶりに天気の良い本日。隣の緑の指おばさん宅のミモザはほぼ満開です。

それにしてもたった4年あまりでこんなに育ったミモザをはじめ、庭中植物だらけのお宅の全ての植物が見事に茂っています。専業主婦仕事は孫の子守というこのおばさん、しょっちゅう帽子をかぶって手袋をはめ植物の手入れに余念がありません。やはり植物も一杯愛情を注ぐとすくすく育つんだろうな〜。

野沢菜















夏に帰省したとき寄った温泉の近くで野沢菜の種を買いました。秋に蒔いてそれなりに葉っぱがでて育って来たのですがなぜか葉っぱが穴だらけ。虫が食べているのかと随分葉っぱをひっくり返してみたのですが勿論時期柄青虫はいません。誰がこんなに我が貴重な野沢菜を食べてるの?

夜、水をやってひょいと見たら小指の先ほどのカタツムリ!かわいい角をふりふり葉っぱの上を行進中。よ〜く明かりの下で観察したら10匹以上いました。こりゃ穴ぼこだらけになるのは当たり前です。
カタツムリさんは食べかけの葉っぱと共にゴミ箱へ移動していただきました。今週末には野沢菜漬けもどきに挑戦!の予定です。(こちらの写真は間引いたもの。大部分はプランターで茂ってます)

紫蘇に実が付くこの頃、秋を感じます。(笑)
ニラローズマリー











我が窓際菜園の植物も夏の帰省時にだいぶ坊母宅で虐待放置されてたくましく生き延びた物が戻ってきました。まずはニラ。これはうちの日陰より坊母宅の日光がお好きと見えいつも元気になって戻ってきます。この前花穂も出かけましたが無慈悲に摘み取りました。(汗)

そしてこれまた坊母宅へ預けると摘み取られて食べ尽くされ半分の高さになってしまうローズマリー。我が家に戻って当分食べないで放置すると元気になる代物です。
続きを読む

夏本番です。ひたすらあぢぃです。
我が家の窓際は日当たりが悪いので反対側の日差しぎんぎんの猫パパさんの庭にも植物を預けてあります。1ユーロで去年買ったこの小さな鉢植え、放置状態でしたが可愛い花が咲きました。観葉植物? 続きを読む

生い茂る三つ葉忙しくて自分のご飯がワンパターンならぬ3パターンになってます。ひよこ豆のココナツカレーとご飯、ベジ麻婆豆腐とご飯、そしてパンとカプレーゼサラダ時々他の野菜入り。お肉を摂るとアレルギーがひどくなりそうで怖くて一時的にゆるベジ生活です。
ということで窓辺の食用植物共は観賞用と化してのびのびと育っております。春菊は茂って固くて食用にならないししっかり黄色い菊の花が咲いちゃっているし。(笑)

こちら生い茂る三つ葉。花穂も出てきています。これからはアブラムシとの闘いの季節です。

このページのトップヘ