Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

カテゴリ: 壁の花(タンゴ)

先週タンゴのレッスンに行ったら来週木曜夜タンゴの夕べがあるから来るようにと言われました。何か訳わからないけど勝手に頭数にされてる・・(苦笑)

ちょうどスウィングのレッスンが先生ブルーノ君の用事で休みになり、おまけに私は補講などもあったのでバタバタしながら会場へ。
夜景
いつも思うのですが白熱灯に照らされたローマの夜景はなかなか絵になります。汚いゴミとか落書きが目立たなくて。
ポスター
よくわかっていなかったのですが、初心者にタンゴの魅力を知ってもらって、更にお試しレッスンもどきもやるというものでした。ワインの試飲?そんな物飲んで踊るなんてもってのほか。クラスメートも一杯来ていました。
礼拝堂
会場はちょっと変わったところで、踊れるスペースや椅子のある地階、そして床の一部分がガラス張りの地上階の礼拝堂。

タンゴ、タンゴ
久しぶりに足が痛くなるまで踊って気持ちよく帰ろうと車に戻ったら・・あはは、駐車違反張られてました。どうも町の中心ってどこに車を駐めて良いやらわかっていません。高いパーキングになったなあ。(苦笑)

実のところ一週間ほど風邪気味でした。どこへ行っても生徒は風邪引き、それもお腹に来る風邪から熱風邪、咳風邪とよりどりみどり。(泣)
水曜日のタンゴのレッスンはパートナーの誰かに風邪をうつすのも悪いので休みました。あとで先生、いや友達のパオラさんが土曜日午後に有名なアルゼンチン人のタンゴの先生のテクニックのコースがあるけど来ない?とワサップで誘ってくれました。折角なので久しぶりに出かけてみることに。

その女の先生が言うには、あなたがたひとりひとりにあなたがたのタンゴがある。人のことは気にしないで、目をつぶってこの曲を聴きながら思うままに手を動かしてみましょう・・というまるで禅問答のような所から始まり、そしてタンゴは頭の中に感じた音楽が血液のように体中を巡るもので足や手の動きは動かすものでなく突き動かされる物だと・・

音楽の鳴っている間生徒の間を回り、手を当ててここに貴女のタンゴを支えて・・みたいなことを言う・・とおおよそ予想していたタンゴのテクニックのレッスンとは全く違う物でした。でも1時間強のレッスンの後、リラックスして何かアルゼンチンタンゴの宝物をもらったような気分にさせられました。

我々日本人が西洋音楽を専門にするジレンマってあります。ましてやその本場のヨーロッパ人に日本人として西洋音楽を教える・・いや、私が教えているのはどう指を動かすかで音楽はひとりひとりが心に持っていると思っています。私はそれを引き出すだけ。何かおんなじだなぁ・・

月並みな言い方ですが興味深かったです。いつも日かブエノスアイレスへ行くぞ・・

本日のタンゴのレッスンは先週に引き続きコントラテンポもしくはコリーダ。1拍を2つに割る早いステップ。
技は下手でも数えるのが本業の私は男性役ならこれほぼ唯一まともに出来る技なんですが、あいにく女性数が足りず女性役に回りました。うう〜ん、これは大変です。何と言ってもこのステップは音楽を聴いて拍子を数える→女性に早めにキューを出してきちっとテンポでステップは普通の歩幅より少し短くとって歩くと言うのが基本なのですが、初心者いや、ミロンガでお誘いを受けるそれなりの経験者でもきちっと出来る人少ないです。

本日の相手はリズムは割ときちっと数えられるけど体が硬く一番初心者のVさん。「いちぃにいぃいちにいさん」と口に出して数えながら勢いよくステップを繰り出し、なぜかにいで急ブレーキをかけ、さんの所で我が足の親指の爪の上に勢いよく着地。見事な流血
まあタンゴのレッスン中に足を踏まれることは珍しい事では無く、ただ踏まれた本人よりも踏んだ当人や同じクラスの女性の方がびっくりして・・私的にはそれほど大したことではなく止血して液体絆創膏で固めて終わり。

先生のパオラさん後で曰く、Vはねえ、勘が良いし情熱もあるんだけどまるで行軍だからねえ・・ちなみに職業は消防士の訓練教官だそうです。やはりねえ・・中背だけど日焼けしてちょっとこわもて、オフィスに座っている職業では無いなと思っていましたが。今度は気をつけて行軍お願いしたいです。(汗)

去年の生徒のレッスン時間割がやっと落ち着きやっと新しい生徒を受け入れられる体勢になりました。本当は私も今年度こそは別の新しいダンスに挑戦・・と思ったのですがレッスンの始まりが去年度に比べて遅く、終了時間も遅くて8時半にどこかへレッスンって間に合いません。やはり知らないところへ習いに行くのにパオラさんのタンゴのクラスのように気楽に遅刻するわけにはいきませんから。

やっと身辺落ち着いたところで昨晩は今年度初めてミロンガへ出かけました。久しぶりの我が家最寄りミロンガ。DJボックスの場所が変わっていました。知り合いの顔も少なく・・それでもお誘いは割と多く、しかし初心者に毛が生えたような方が多く、こぞって数えられない・・拍から外れるなんてものでなく全く数えていないって何の技をいつ繰り出されるかわからなく恐ろしいです。

そのあげくにはその数えない男性のひとりが「これはタンゴヴァルスと言って4拍に数えて・・」と言い出したときは自分の素性を明かして喧嘩を売りたくなるのを堪えて「あの3拍ですけど」と訂正させて頂きました。全く何を言ってんねん

今日は最後の夏休み明け初めての生徒のレッスン。4ヶ月ぶりです。ちょっと空きすぎで生徒は何か何も覚えていない状態。いえ、そのあげくには大譜表の用紙にずらっと線の音符を書いてこれ下から名前を書きなさいってテストしたら夏の間に音の順番が入れ替わっちゃってレの次がラになるし・・ううぅ

元の生活のリズムに戻るのにこんなに時間かかったのに、また2ヶ月強で休暇(年末帰省)とは・・。きついです。

まだレッスン時間割は月曜と土曜を除いては未定ですが、取りあえず新しいお宅へお試しレッスンへ行ってきました。
新学期初日にお電話下さってその週のうちに時間割が知りたいって・・イタリア人にしては珍しいです。でも普段は私は去年までの生徒の時間割を決めてから新しい生徒を承るんです。だってそうしないとオーバーブッキングしかねませんから。

さて、予め住所を聞き、ぐるぐる君で検索。地下鉄駅から歩いて1キロ13分とあります。近くにパーキングスペースがあるかどうかもわからないので余裕を持って地下鉄出勤、その目的の地下鉄駅には予定の30分以上前には到着。さてぐるぐる君・・なぜか動きません。いえ、我がスマホは入れてあるアプリの多さに昨今ぐるぐる君がしょっちゅう強制終了します。車ならガーミン君も積んでありますが今日は無し。プリントアウト地図だけでさてどうしよう・・
訳のわからないまま途中で何人かの人に道を聞くもここから遠いから地下鉄の駅に戻ってバスに乗りなさいとかあちらの道から何番のバスでどことかで下りて・・いえ、そのバス停すら見つからないうちお約束の時間に。それどころかどうしてかぐるっと回って地下鉄の駅まで戻ってきちゃいましたよ。あっぱれなり方向音痴。(違)
仕方が無いので「ただいま道に迷い中です」とメッセージを送ると数分後お電話下さって「今どこですか?車ですか?」「いえ徒歩です、車はローマの反対側の○○駅の駐車場に置いてきました。」絶句する電話の向こう側。(汗)
結局スマホ片手にお母様の言うとおりせっせと早足で歩いて目出度くお宅へたどり着いたときは約束の時間を40分ほど回っていました。足が完全に棒。
新しい生徒のお嬢ちゃんは12歳で1年ほどやっていた・・と言う割には前の先生一体何を教えていたの??と思いたくなることが多々。まあでも飲み込みは早いし、ちょっと遠距離だけど私は承っても構いませんけれど。

レッスンの後は教わった最寄りのバス停から地下鉄駅まで。バス停7つぐらいありました。そりゃ歩くと裏道を通るので距離は短いけれど行きは上り坂。13分では到底たどり着かないです。来週はよく調べて徒歩かバスか決めよう。

地下鉄駅から車を取りに戻り今度はまた別の方向へ。タンゴのレッスン年度初めです。もう遅刻するとはメッセージを送ってありますが途中で切り売りピザを買ってそれを囓りつつたどり着いたときには始まりを30分回っていました。足が痛くてあまりレッスンの気分ではなかったですが男性の頭数が足りなかったので男性役でお手伝いしました。結局去年の落ちこぼれ男性もろとも再度初心者コース留年となりました。と言うか去年の男性諸氏は落ちこぼれたみたいで別のコースの助っ人氏と私(どちらも正規のクラスのメンバーではない)しかいませんでした。女性はパオラさんのお姉さんと義姉さんと姪御さん(サクラ)を除けばたった一人だったし。来週は他に誰か来るかな。

朝は近くのパン屋さんへ朝食を買いに。今回ゆっくりと初めてポムオショーソンを食べました。日本にも支店のある有名チェーン店でなく本当の懐かしのパリ風。大きくて美味しくて安くて・・写真取り忘れて陶酔しながら食べてしまいました。無念。

午後からはまずセーターを買いに繁華街へ出た後こちらへ
ピカソ美術館

当日思い立ってネットで予約をしてカード払いし、スマホに入場券をダウンロードしてケータイを入り口で見せて入場という初めての経験。今やいずこもペーパーレス時代ですね。
天井
貴族の館を博物館にしたというこちらは4階にわたってピカソの作品が収められています。ピカソは驚異的に多作で大体3、4日で1作品仕上げていた計算になると昔画家さんから聞いたことがあります。いや天才はもう何を描けば良いのか頭の中にあるのでしょうね。そして駄作がない。やはり多作で天才だったモーツァルトを思い出しました。
クリムト風
クリムトのと同じ構図の作品と同タイトル。でも独創的。
ゴーギャン風
こちらはタヒチの女性的。でも素材の使い方がもうピカソ。
デッサン
スゴイまなざしでこちらを見つめる女性のデッサン。様式は普通でも凄くインパクトがあります。
ピカソスタイル
多分同じ女性を描いたもので抽象化されてます。
模写中の画学生
パリの画学生が模写していたのは後者でした。
セザンヌ風?
かなり晩年の作品でしたが枯れていませんね。ピカソの人並み外れたエネルギーを感じます。

ピカソに圧倒された後はカフェテリアで珈琲を飲み、帰り道に発見。危険です。見てはいけません。(汗)
お菓子や


夜はまた昨晩と同じ川岸のミロンガへ。買ったばかりのセーター着て行った日に限って風がなくて誘われると今度は汗ばむよう。アルゼンチン人だという年配のオジサンにお誘い受けました。すばらしいリードのお陰で生まれて初めてこんなに上手にというほどにミロンガが踊れました。今まで上手な男性はインテンポでリードしてくれる=女性は一瞬遅れてそれをフォローするものと思っていましたが本当に上手な男性は早めにリードしつつインテンポでステップ踏むんですね。勉強させてもらいました。楽しい夕べでした。

翌日は朝から電車で郊外へ・・なのに3分の差で電車に乗り遅れ、こちらで2時間待ち。
サンラザール駅
ルノアール?の昔から変わらないサンラザール駅。
列車で45分、更に駅前からバスで20分ほど。行った先はモネの家と庭。すごい浮世絵コレクションの数でした。それも画家が選んだだけあって良い作品ばかり。北斎漫画のようなものもありました。
モネの家
浮世絵

そして
水蓮
ウォーターガーデン
まさにこれを点描画で描けばモネの作品。で肝心の有名な太鼓橋の写真を撮っていませんでした。観光客鈴なりだったし。

お昼をセルフで食べ、パリへ戻り夜はこちらへ。
リヴゴーシュ
リヴゴーシュと言われるセーヌ川左岸。有名な観覧船が往き来しているその川岸にあるのは
屋外ミロンガ
屋外ミロンガ。原則無料です。
狭い場所で岸壁側には皆の荷物がくくりつけられるロープが張られ、それが柵代わり。ぐるっと踊りながら回っていって岸側に来ると緊張します。ターンした途端ボチャンと川へ・・ってことはないけど。それに水辺で涼しい・・いや踊っていないと風が冷たく寒いです。お誘いがかからないと凍えそうになります。
パリの若者は皆ビールを抱えてきて踊っている人を見ながらお喋りにふけっているけど下戸の私は暖を取るものがない。この夏にセーターはさすがに荷物に入れませんでした。
ミロンガは11時でお開きになりメトロで帰途につきました。週末は午前2時ぐらいまで動いているそうです。利用客も一杯。いつもローマでは車で遠くのミロンガまで出向く私としてはうらやましいです。

発表会前にストレスで増えた体重を日本へ帰る前に何とか落とそうと画策中。まずは久しく遠ざかっていた踊る阿呆に復帰。日曜日午後はパオラさんの先生、我が元師匠でもあるルチアーノさんとそのパートナーのチンツィアさんの主催するタンゴとミロンガのプラティカへ。プラティカと言ってもこのシークエンスをやってみましょうとお題が出るので半分レッスンに近いです。

ルチアーノさんに会うのは半年ぶり以上。レッスンもどきを受けるのは・・2年ぶり以上。プラティカの最中に回ってきてちょうどその時私のパートナーを務めてくれていた男性のリードを点検しながら私をつかまえてシークエンスの見本を見せながら、「キミ、ここでこっちにステップ踏まないでまず先に女性をこっちへリードするんだよ」私の方向いて、「また良くなったよ。前に覆いかぶさらなくなった。」と褒めてくれました。半分社交辞令でも嬉しいです。チンツィアさんは相変わらず。「脚真っ直ぐして。目つぶらないで。」間違っちゃいないけど習っているときもこれしか言われなかったです。
3時間ぶっ続けで踊りグチャグチャに汗かいたら一気に体重500g減っていました。まあでも一時的なもので翌日朝には減っているのはたった100gですが。

そして月曜夜は別のプラティカへ。結構顔見知りが多く、出ているおつまみも豊富・・ってコレをつまんじゃ元も子もないですが。(笑)
タンゴ生演奏
何と若いアルゼンチン人によるタンゴの生演奏もありました。このクラスの男の先生はテクニックで女性を振り回すタイプ。女の先生はイタリア屈指のタンゴダンサーですが教えるのは・・・。
かなり年配のクラスの生徒ではない方からミロンガに誘われました。まだミロンガに苦手意識の強いそして踊るのが下手な私はつい「ミロンガは得意でないけれど・・」って言い訳してしまいます。でも今回は忍耐強くお付き合いしてくださってまあまあそれなりに踊れました。現在の目標はミロンガを言い訳しない程度に踊れるようになること。
火曜日夜も3連チャンでミロンガへ行こうかと思ったのですが雨が降って異様に寒くなったのでやめました。体重は・・まだ目標まで減っていないけれど・・(汗)

木曜日はタンゴのレッスン。今回のレッスンのシークエンスは360度方向転換。
女性役として何年も前に習ったときは何か訳がわからず、何か男性にあっちこっちに引きずり回されてえっ?元に戻ったの?・・と言う印象があったのですが今回はその引きずり回す側。

男の先生ロベルトさんの言うように一つ一つのステップは今までに学習した目新しいものでは決して無いのですが、それを組み合わせて一回り出来ちゃうって面白いです。但し男性は行きの90度回転X2と帰りの90度回転+45度強+調整がきっちり出来ないと勿論元に戻れません。
まずはレッスン場の床の木目を基準にトライ。10回ぐらいやったら360度にはなっていないもののステップの構成がわかり、更に10回ぐらいやったら180度ずつに分かれるものの何とか元の方向に戻れました。そしてレッスン時間の終わり頃にはクラスで一番若い大学生Bちゃんに、「うわ〜っすごい、ちゃんと1回転して元に戻ってるぅ。出来てるよぅ」って褒めてもらいました。ちょうどプラティカにやってきた初心者男性があんぐり口を開けてみていました。だってちっこい東洋人女性が頭一つ背の高い女の子(Bちゃんは私より20センチ背が高い+ヒールのタンゴシューズ)相手に1回転しているから。いや、このシークエンスに関してはリードする側の方が簡単です。

安物の男の子用タンゴシューズ(私の靴サイズ)をネットで買いました。海を越えてはるばる来るようでまだ届くまで時間かかるようですけど。タンゴ男性役道も邁進中です。(^_-)

<追記>ロベルトさんとパオラさんの方向転換模範演技録画追加しました。

今日は地下鉄通勤しました。そして帰りは午後8時ちょっと前でしたが客はまばら。信号待ちか地下鉄が駅で一時停車していました。多分前の地下鉄が通ったばかりだったんでしょう。先頭車両に座り2駅目。また信号待ちらしく停車しているその時、後ろの方の車両から若者が2人ほどばたばたとホームを駈けてきて窓越しに運転手に何か言うと、若い運転手は運転室に鍵をかけ若者とバタバタと後ろの方へ走っていきます。また運転室に戻ってきたかと思うと「急病人です。誰かお客さんの中にお医者様は居ませんか?」と放送。そしてまた後ろへと。我が頭によぎるのはいつぞやの急病人による運転停止。まだ私が車を駐車してあるところまで10駅。地下鉄なら30分弱ですがそうでないと市電に45分ぐらい揺られて更に鉄道に乗り換えて2駅。

ちょっと野次馬的に車両からホームを伺ってみます。かなり向こうの方の車両で起きたようで詳細は見えませんが、病人はホームにいる模様。ちょうど列車の止まっているのはポリクリニコ(複合病院)駅で公立病院は駅のホームのほぼ真上。救急車より病院に駆け込んで医者を呼んだ方が手っ取り早い距離。

駅員を呼んだのか地下鉄は4分ほどの停車で何事も無かったように発車しました。ローマ交通局のツイッターにも何も書いてありませんでした。

おうちに帰って昨日と同じ御飯を温めて食べて・・でも今日のタンゴプラティカは筋肉痛とマメで行くの取りやめ。

土曜日は仕事疲れでいつものミロンガに行く元気が無かったので日曜日にうちの近くでやっている先生指導付タンゴプラティカ1時間半+ミロンガプラティカ1時間半ってのに行ってみました。座っていたらお誘いがかかり、途中でちょっとこれをやってみましょう的な指導付きプラティカかと思いきや殆どレッスンのようにずっと技の練習でずっと踊っている状態。タンゴで既に少し疲れた後のミロンガで相手になったのが超初心者では無いけど一人で重心を保てないグラグラの100kg超の肥満男性・・だいぶ何度もよろけられ・・3時間のプラティカの後シューズを脱いだら大きなマメが出来ていました。そして足と脇腹の筋肉痛。

先週木曜はロベルトさんの所でもお試しレッスンにやって来たずんぐりむくむくした奥様の相手(男性)役をして翌日背中が痛くなりましたけど今回の方が断然強烈だなあ

いよいよ謝肉祭の木曜。タンゴのレッスンにも仮装小物を持って来る人、それで楽しむ人。
ピエロ
Mさんはピエロ
ゾロと・・
男の先生ロベルトさんのゾロと仮装マスクのパートナーGさん

お菓子も沢山あったのですが・・写真取り忘れました。もうぼちぼちキャッキェレも飽きてきました。

土曜日はどこのミロンガも仮装の指定。私の行きつけは1920年、30年代のファッションでお越し下さいってショートメッセージが来ました・・ぐぐってみたけど該当する雰囲気の洋服が無いので行くのはやめ。大体ヴァレンタインデーに一人で行っても多分お誘い少ないだろうしな〜・・・

実のところ結局水曜日からの補講がキャンセルになってエビの下ごしらえを終えるなり30分ほど夕寝した私。こんな日でも無けりゃ夜遊びの元気もわかないかも・・
充足の夕ご飯の後、先日半額セールで買った黒のワンピースを初めて着て出かけたのは土曜行きつけのミロンガ。上手な方ばっかりでお誘いは少なめですがこちらでミロンガデビューして以来時々通っています。席を予約しないで行きましたがクリスティーナさんの所で一緒だったVさんに遭遇、今日は奥様は一緒に来なかったというので相席をさせてもらいました。

Vさんとも久しぶりに踊ったのですが、上達したと褒められました。先週のパオラさんのプラティカでも本当に久しぶりに初心者の頃からお見知りおいているAさんに久しぶりに誘って頂きお褒めの言葉を頂いたのでした。レッスンに行くのを止めてから上達したと褒められるのは複雑な気分。まあ、こう踊らなくてはと言う色々な忠告のしがらみを一時的に捨ててリラックスしたからでしょうけど。それと男性役でのお手伝いとは言え、古巣に戻ったのも役に立っているのかも。

Vさんは翌朝が5時起きだからと真夜中頃には帰り、その後顔見知りや我が憧れのAさんにもお誘いを受けた後、丑三つ時だしぼちぼち帰ろうかと思っていたらミロンガの前にプラティカを主催している先生らしきに誘われました。鋭いステップのリードにしばし遅れ、上達したと思っていた自分が恥ずかしいほど冷や汗もので・・はい、精進して出直して参ります。

勝負服
新しい勝負服。コンデジではどうやっても地模様がうまく写らず久しぶりにこれ撮影のためだけにデジイチを引っ張り出しました。あと5年ぐらいはこれ着て頑張ります。サイズもぴったりなので体重も増やさないように頑張らなくては・・

クリスマス前最後のタンゴのレッスン。私は忙しくて用意が出来ませんでしたが予想通りちゃんと皆さん食べ物を持ち寄り。夕ご飯食べる時間なかったけどこちらでお腹いっぱいにしちゃいました。
切り売りピザ
ケーキと飲み物
小型ピザ
この他にもついに開けなかったパンドーロもありました。

パオラさんとロベルトさん
レッスンの後の一コマです。また来年もタンゴに精進します。

本日はアルゼンチン人のフランシスコ法王の78回目の誕生日。ヴァチカン広場では法王のために皆でタンゴをと言うイヴェントがあり、3000人ものタンゴダンサーが集結したそうです。
サンピエトロ広場のタンゴダンサー達
すっかり忘れていましたが昨晩行きつけのミロンガがイタリア各地からこの催しに参加するため上京?した60人もの団体で芋洗い状態になって思い出しました。

私はお仕事時間だったので残念ながら参加できませんでした。(画像はコリエーレ誌サイトローマ版より)

揚げひよこ豆団子
性懲りも無くひよこ豆団子作成。今回は揚げたら家中揚げ物臭くなりました。おまけに焦がしたし。(汗)
中華炒め
野菜室の残り野菜と乾物をかき集めて中華風炒め。ごま油をたらっと垂らして・・まあまあの出来。

ロベルトさんとパオラさん
先週からタンゴのレッスンの後にプラティカ(練習会)の時間が設けられました。まだ外部からやってくる人数は少ないですが踊る機会があるのは嬉しいです。いえ、私が代わりに男性役やってあげたいような初心者の男性に捕まり、しっかり足踏まれましたが。(苦笑)

もう来週から12月です。えっ、もうすぐ1年終わっちゃうの?あっという間過ぎて何も言えません。

パオラさんと昼食。ちょっとタンゴのことで相談したくてわざわざオフィスに寄ってお昼を一緒しました。
彼女がダイエット中?でいつもの切り売りピザで無くバールの軽食。豆のスープがあるから頼んだらななんとボールで出てきました。こんなに食べたら昼食だけでなく夕食も完了になりそう。案の定夕食はお茶漬けになりました。(汗)
白インゲンとパスタのスープ

パオラさんは皿に山盛りの野菜と肉。切り売りピザとどっちがカロリー高いだろうか。
野菜盛り合わせと鶏


そしてクリスティーナさんのタンゴのレッスンであったことを話して、私はだんだんタンゴが下手になってきている気がする、どうしよう・・と相談すると、貴女は技術だけに目が行ってタンゴの本質である踊っている2人の対話から離れてきている、下手になんかなっていないから気にしないでレッスンでなくてどんどん踊りに行きなさい!と言われてしまいました。うん、確かに。更にパオラさんのクラスにレッスン毎週伺っているからたとえ男性役とは言えレッスン代払うと申し出たら、若干一名レッスン代を払わず来ている昔々の(私より前に始めた)生徒である男性がいるのですが、足を引っ張っている彼がレッスン代払わないのにはるかに(男性役として)上達して貢献している貴女がどうして払うのよっ、と怒られました。では有り難くタンゴ道精進します。いや、男性役も難しいなと思う今日この頃。ピアノでは無いけれど難しく思う=上達している証拠と思うことにしましょう。

クリスティーナさんのレッスンはしばらくお休みすることにし、せめて週1回は踊りに行くように努めようと思います。

4ヶ月ぶりにクリスティーナさんのタンゴのレッスンが再開されました。今日だけかもだけれども男性4人に女性が7人。まあこの不均衡はどこのクラスでも珍しいことではないですが。
まずはウォーミングアップ、ウォーキング、そしてヒーラ(回転)の練習。もともと回転が恐ろしく下手で苦手な私。おまけにパオラさん(ミロンゲーロ)とクリスティーナさん(サロンタンゴ社交ダンス寄り)では全くやり方が違い、無意識に時々前者でやって、そういう時に限って目にとまり、クリスティーナさんに注意されます。まあこれも想定内。そしてボレオ。女性全員をバーに並べて高いボレオの練習。あぁぁ、新学期早々実力テストにぶち当たった気分。学生時代を思い出すなあ。(苦笑)
これもパオラさんの時には低いボレオしかやったことが無く、私が殆ど出来ない物の一つ。大体ミロンガ(タンゴホール)ではスペースが無く危険なのでボレオは低いのが普通。おまけに私だけ姿勢まで直されます。えっ?こんなにくの字になって良いの?支えている膝が痛いです。足で円を描いてって・・私のはカクカクになります。(涙)
極めつきはミロンガ(速い2拍子系タンゴ)の基本ステップ。私、いつもミロンガでお誘いがかかるのがトラウマなほど下手です。だって男性でなくて音楽の方にステップがついて行ってしまうから。だって音楽通りにミロンガを踊ってくれる男性は10人に1人いるかどうか。今日は男性が少ないのでクリスティーナさんが男性役になって私は彼女に徹底的に絞られます。「貴女、4歩目クロスしていないじゃない、だから真っ直ぐ進まないのよっ!ハーフステップでないのに何でそんなに早くステップ閉じるのよ。誰が横ステップ2回リードした?1回よ!!」オープンスタイルのミロンガはタンゴ友O君以外のお誘いは受けないので出来ないんですけど。おまけに今まで4歩目のステップをクロスするなんて私に言ってくれた人は誰もいなかった・・

タンゴ始めて年数だけは長くなりつつあるけれどだんだん下手になる気分。まあ下手の横好きとはいえ、ほんの少しは上手になりたいと男性役に挑戦してみたり、バランスを良くするためインナーマッスルトレーニングの本を買ってやってみたり・・なのにこの有様。錆落としどころか今日は完璧に凹みました。

パオラさんのタンゴのレッスンが今日から始まりました。と言うので3ヶ月ぶりにタンゴシューズの鞄を持って。開けたら中からまだ我が家に棲息中の粉に付く蛾が飛び出しました。キャーッ
まさか台所に置いていたわけではないのに、いつ入ったのだろう。時々まとわりつくひらひらするのを完全無視してレッスンを。

男性役としては2年目で最初はオチョコルタードのやり方も忘れていて焦りました。何回かやるうちに何とか思い出しました。まだぎこちないけど。錆びているのは新学期の生徒のピアノと同じですね。(苦笑)
それに久しぶりに1時間以上ぶっ続けで踊ったら足の筋肉痛になりました。でも気分のもやもやも晴れるし楽しかったです。途中で一曲だけ女性役で踊りました。永年やっているこちらの方はさすがに覚えていました。今年度は少し早く始まるので何とか生徒のレッスン時間と重ならないと良いなぁ。

大部分の生徒は早速レッスン後ビザを食べに行きましたが、ハイカロリーをすぐ補給するのは良くないと自制して昨日と同じ野菜とご飯の夕飯の待つ家へまっすぐ帰りました。

やっと身辺少し落ち着いたかなという感じです。
レッスンの後はパオラさんのタンゴのレッスンに。今日は2時間レッスンで食べ物付きの日。
ピザとかフォカッチャとか
ピザ
フォカッチャ
私は久しぶりにどら焼き作りました。
どら焼き

そして
ケーキとメンバー
マレッラさん作タンゴシューズの模様入りケーキ。作り主でない人が一緒に写っています。
この頃男性役のコツを幾つかつかんで、私は初心者女性方にパートナーとして人気です。そりゃ初心者男性に較べれば少なくとも音楽に合わせて何かやるものなあ。(苦笑)

追記:写真レタッチし直して張り替えました。いつもいかにちちんぷいぷいしているかがばれますね。(汗)

やっと落ち着いて地下鉄通勤しようかな?と思ったら交通機関スト。最寄りの鉄道が閉鎖でお仕事の足がないNoriさんも乗せて車出勤。道もいつもより混んでいますが 、おしゃべりの相手がいると渋滞も少しは気が紛れます。
そして帰りはパオラさんのタンゴのレッスン。シューズを車のトランクから出そうとしたら、まだ発表会の時の足台とカメラの三脚が入ったままでした。(笑)

タンゴは先週レッスンお休みしたので先々週のステップ半分忘れてました。でも他の初心者男性もまだ誰も身についておらず、復習となりました。そして現在落ちこぼれ街道まっしぐらのBさん、ロベルトさんが何回右足の膝を曲げたまま左足を前から後ろに曲げないで移動・・って説明しても出来ません。Bさんが帰った後、ロベルトさんが溜め息をつきながら一言、「こんなことも出来ないってイタリアの学校で体育の科目が必須で無いからだ!

いや、そういう問題ではない気がすると小学校の体育の成績が3だった人間は思うんですが・・

帰宅して夕飯はお茶漬け。発表会終わったし、おさんどんオバサンにも復帰せねば。

呆けていてケータイをうちに置き忘れて出勤。そういう日に限って渋滞に巻き込まれるものです。
レッスンに遅刻したのでレッスン終了も遅れ、タンゴのレッスンにも30分遅刻。まあ今日は10時までの2時間レッスンの日だから構いません。そして2時間レッスンの日はいつも誰かが何かを差し入れに持ってきます。
甘いケーキ
マレッラさんの作った甘いトルタ
野菜のトルタ
オルガさんの作った野菜のトルタ
いつもの細巻き
しっかりピンぼけですが。昼休みに5合ご飯を炊いて作った細巻き3種。久しぶりに細巻き大量生産しました。

来週の今頃は翌日の発表会の用意をしてそわそわしているだろうなあ・・

この題名のご本家サイトも猫さんの具合が悪く本日休業。私は1週間以上咳風邪でアスピリンとお友達になりながら昨晩踊る阿呆を強行して本日はアスピリン増量。パオラさん門下のミロンガデビューに同席して私はそれなりに常連でない人からも(ほぼデビューだろうなと思わせる男性からも)お誘いもあり、楽しかったんだけどな。発表会まではもうさすがにミロンガに行く元気はないかもです。
マックメニューin Italy
昨日遂にお弁当のサンドイッチを作る気力が失せ、外食のお昼に食べた本当に久〜〜しぶりの○ックメニュー。日本の値段を考えると6.95ユーロ(977円)は高い。

4種類の1ユーロ
財布の中にスペイン、ドイツ、イタリア、オーストリア4カ国の1ユーロ硬貨。ミロンガで3個(プラス5ユーロ札)放出しちゃいましたけど。

朝10時頃起きだし、食パンを焼きながら家の大掃除をして、パンのへたで昼食。トマトソースを作り、洗濯機を3回回し、はっと気づいたら午後を回っていました。タンゴのレッスンに行く時間。

3週間ぶりのレッスン、絶不調でした。忙しかったりしてミロンガに踊りに行けていないのも理由の一つですが、やっとこれが出来るようになった初心者でなくこれが出来ていない中級者になったようで、出来ていないことをことごとく注意されます。出来ていないことは自分でわかっていても対処法がなかなかわかりません。と言うか何から手を付けるべきかがわからず悶々としています。

茄子のパルミッジャーナ

そんな日の夕ご飯は電子レンジのグリルで温めるだけ、揚げない茄子のパルミッジャーナ。1日目は昼に焼いた食パンをお供に。たまにはイタ飯もどきも悪くないです。

最後のレッスンを8時10分に終え、車でタンゴのレッスンに急ぎます。今日は先月の補講を加えて10時まで2時間パオラさんのタンゴのクラスのレッスンがあると言うので30分遅刻してですが伺いました。

私の方の金曜日の最後のレッスンは2週に一度なのでレッスンのない日はいつもお手伝いに行って男性役を務めています。と言うのも大体タンゴのレッスンに来るのは圧倒的に女性の方が多く、ローマの幾つかのタンゴ教室ではカップルでレッスン受講すると割り引き・・というところすらあるほど。パオラさんの所も最初は男性1人女性4人でした。そのうち昔々の生徒だった男性1人が戻り、更に新しく男性が1人、女性1人が増え、更にカップルが3組増えました。更に1組カップルがお試しでやってきていました。というので現在はまあまあ人数のバランスは取れていますが、生徒のレベルがばらついています。それでも2時間のうち間に10分ほど休憩を入れて後半はカップルをどんどん入れ替えて自由に踊ると言うのを初めて取り入れていました。

私の男性役として出来る技は初心者クラスの入りたて男性諸氏レベルで4つぐらいしかないですが、せっかくのレッスン時間、何もしないで座っているよりは女性が踊る機会が増えるのは、私がやはり初心者の時に女性が男性の倍近くいてレッスンの時間の半分近くは自分の番が来るのを待っていたのを思い起こすと、よいのではと。それに初心者クラス、初心に返って色々気をつけなければいけないことも思い出すし、中学校の物理の先生が本業でタンゴの先生が副業である相棒ロベルトさんは教え方が凄く論理的で的確、お手伝いという名の下に男性役の基礎を学ぶのも有意義です。

そして10分の休憩にはカップルの奥様の一人が腹の虫押さえに焼いて持ってきてくれたピザまでご馳走にあずかりました。

五十肩で右腕が思い切り上に上がらない状況で(タンゴも女性は右腕を上げるが肘を曲げるので痛いけどなんとか・・)やむを得ずサルサを3ヶ月近くお休みしている現在、上げるのが逆の左腕である男性役はうってつけです。

朝からレッスン。お昼を食べにうちへ帰りまた午後レッスン。そしてレッスン先で生徒のお祖母ちゃんにヴァレンタインおめでとうとお花を頂きました。
頂いたお花

その後家へ戻らずパオラさんのタンゴのレッスンへ。
ハートチョコ
昨日買って今日タンゴのレッスンに持って行ったハート型のチョコ。今日お休みだった2人分以外売れました。パオラさんに名誉の負傷を披露したら、そういう逆走してボレオかける非常識な男の人の顔は覚えておいてお誘い受けちゃ駄目よって言われました。

先週は踊る阿呆に精出しました。火曜日そして土曜日と週2回もミロンガに出かけたなんて御方帰って以来初めて。それも一人で誰かさんの言いつけを守って黒のノースリーブミニワンビース着用して。

確かに(素敵な)上手な女性と踊るのを目的にミロンガに来ているイタリア男性諸氏にとって、パンツ姿より長く細くなくてもミニワンビースで足が見えている方が目に留まるようで、いつものミロンガでなく土曜に久しぶりに出かけた場所でもお誘いも倍増。それに一人の方がO君と出かけるよりお誘いも多いです。いえ、引っ込み思案なO君はまず一人でミロンガに行かないし、連れ立って行っても私に張り付いていて他の方殆ど誘おうとしませんから。

土曜日は一人の所を同じクラスのVおじさんに見つかってしまいました。「おい、Oは一緒じゃないのか?」「いや、ぎりぎりに来ようと決めたから連絡しなかったの」。ミニワンビースもパンツも関係なく、踊ることだけ楽しみに来ているVさん、「じゃ踊ろうぜ」と行くなり最初のお誘い。いえかなり混み合っていたフロア、2曲目で前のカップルと衝突しかけて女性のヒールに接触する事故になりました。Vさんは引き止めてくれたのに止まり切れなかった私にも非がありますが、一定方向に向かって回りながら踊って行くのが原則なのに、Vさんはちゃんと方向通り進んでいたと言うことは非が一番あるのは前のカップルの男性。混んでいるところで逆向きでハイボレオを仕掛けるなんて。(ボレオ参考動画)↓


染みるなと思いつつ伝線しないようストッキングの穴を液体絆創膏で止めてそのまま踊り、翌日よく見たらふくらはぎに7センチほどのミミズ腫れが残っていました。(泣)

Noriさん宅に御方共々ご飯に呼ばれました。
コック助手(ご主人)がいないから・・と言いながらお嬢ちゃんを助手に出てきた豪華ご飯。お菓子は我々の持ち込みですが。
Noriさんちでの昼食

しっかり食べてしっかり飲んで(誰かさんだけ)帰って案の定大いびきで昼寝。むくっと起きたと思ったら「踊りに行こう!」。昼寝も出来ず、運転手の私は機嫌悪く着替えて出かけましたが、ミニワンピース着用にもかかわらずお誘いはほぼ皆無。余程私機嫌悪い顔していたんだろうなあ。(ため息)

御方とは踊りに関することが唯一の喧嘩の種。こちらは下手の横好きで踊りを楽しんでいるのに、こういう練習をしないからこのステップが出来ないのだ、こういうのはこう練習しろと命令しないで欲しい。おまけに誰かの滞在もあと数日、誰かと踊りたいのに、ボクはこちらの部屋で踊るからキミはあちらの部屋にいた方がお誘いが多いからあちらの部屋に行きなさいって追っ払うなよなぁ・・

朝坊父様に電話で起こされ意識朦朧としたまま起きて髪を洗って気づきました。あっ、今日工事で午前中停電の日だ。時既に遅し。(汗)
ドライヤーもパソコンも洗濯機もコーヒーマシンも使えない朝・・・と言うのでNoriさんに電話してドライヤーを使わせてもらいに行きました。ついでにコーヒーも入れてもらって。
さて、早起きしたし(当社比)とその後先日の検査の結果を取りに行き、そのまま土産に頼まれたチョコレートを買いに空港近くへ。そして反対側のショッピングセンターで顧客用セール先取り25%引きにつられて買ったのがこちら。
散財

パンツは買う予定で行ったけどセーターは店員のお姉さんのごり押しに負けて。これじゃ25%割引分散財しているじゃないですか。(苦笑)

続いて洗車に寄り、帰宅。ご飯を食べて再び出勤。今日は交通規制奇数番号で偶数の私は走って良い日。1軒目の後ローマ横断して2軒目へ。ついでに早めに来年の車の保険もお金をパオラさんに預けてきました。
帰宅中貴方のほうれん草茹でておいてと電話したらほうれん草だけ茹でてありました。と言うのでばたばたと夕食の用意。それにしても今日は凄くいろんなこと出来たなあ。

夕食後今年最後の踊る阿呆に行く前にキミはいつもパンタロンで出かけるから男性のお誘いがないのだ、ミニワンピースにしなさいと御方に言われてほぼ口論になりました。ほぼ外気温氷点下に近いのにワンピース??誘いがないのは私が下手だからで関係ない。これで誘いがいつもよりあったら、明日の夕食は私が奢ってやる!と息巻いて出かけて・・・賭に全面的に負けました。夜10時半から1時半まで全タンダ(多分10人以上)に誘われ、途中でホールの反対側のお手洗いに行こうとたった途端にお誘いにつかまる有様。今までいくらこういう格好して出かけても全然効果無かったのに何これ???

出発前最後の更新です。日本にパソコン持って行こうか思案中。持って行かなければスマホより簡単更新となります。

久しぶりに朝7時半起床8時10分出勤。土曜の朝早くは環状線ががらがらでゆったり出勤できます。そして2軒目にロベルティーノ君宅へ。彼は今日は盛大に咳をしていました。お熱を出して何日か幼稚園を休んだそうで・・あはは、こりゃ元気いっぱいのロベルティーノ君風邪もらうこと必至だな。ちゃんと口元にお手々を当てて咳をしてるんだけどその手は鍵盤に、そしてそれを私は共有・・ですから。
続いて4歳児宅その2。お嬢ちゃんも鍵盤に向かって「クシャン!」これで風邪は2種混合。(笑)

とここまで怒濤のように7レッスン。今日は1人お休み1人移動したのでレッスンこれでおしまい。お昼ご飯前に終わるなんて

帰宅して昼ご飯を食べて爆睡。2時間昼寝したら寝過ぎて呆けました。でも元気は回復。タンゴ友O君に今晩踊りに行く?とメッセージを送ると、車が故障中と返事が来ました。あらあら。電話してみるとバッテリーがご臨終したって?じゃあと言うのでミロンガ最寄りの地下鉄駅で待ち合わせ、ピックアップすることにしました。

久しぶりのミロンガは劇混み。こちらちょっと遠くにあり、一時期閑古鳥が鳴いていたのですが土曜に開いていた他のミロンガが営業法違反(風営法の類いでなくレストラン部門無許可営業)で閉鎖されて以来昔からのタンゲーロはここに集結するようになりました。真夜中12時のコルネット(イタリアのバールの朝ご飯。夜遊び帰りの真夜中ってのもあり)はパスしました。だって久しぶりにタンゴ用パンツはいたらぱつぱつだったんだもの。(汗)

帰りにはO君をお送りして午前様帰宅しました。

朝はさすがに10時過ぎに起床。ただのクロワッサンで無くてショーソン・オ・ポム(葉っぱの模様のクロワッサン生地の中にリンゴのピュレが入った菓子パン。レシピはこちら)がどうしても食べたい!と駄々をこねました。ローマでもクロワッサンは見つかりますが、昔パリに来るたびに買っていたこれは見つからないので是非食べたくて。

オペラ座の近くまで出向いて・・と言っていたらメトロを降りるなりありました。パン専門店の喫茶店。
パリの朝ご飯
老舗のショーソン・オ・ポム(手前。奥はチョコパン)は砂糖がけで上品なお味でした。う〜〜ん満足。これでパリでしたいことの2つ目遂行。

オペラ座
オペラ座内部
オペラ座と中のショップを覗きました。まだここでオペラ見たこと無いなあ。この次来るときの目的にしよう。
続きを読む

このページのトップヘ