Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

カテゴリ:ごはん > おうちごはん

出発まであと3日。絶賛冷蔵庫整理中です。
冷やし中華
白い御飯のストックもなくなったし暑い日には冷やし中華。プチトマトと紅ショウガも添えて。ちょっと大盛りになっちゃいました。まあいっか。

昨日はメーデーで祝日。朝からNoriさん宅へ発表会招待状コピーに伺い、合計320枚余り印刷。午後はレッスンに行くはずが結局キャンセルになり、久しぶりに私は家の掃除をしてカレーを仕込みました。
そして今日は朝からロベルティーノ君宅。グランドピアノの楽譜立ての高さに慣れるため楽譜を上に載せられる厚い本か箱を用意してくださいとお願いしておいたのですが子供用の靴箱が譜面台に載っていました。そして先週脅しをかけた兄ちゃん達。やっと練習してありました。まだ完璧とは言えないけれどここで気を抜かないで発表会まで練習を続けてくれれば何とか・・かな?
ロベルティーノ君は出だしの2小節は完璧、その後は途中で用意しながら進むので途切れ途切れ・・「ねえ90点?95点?」と聞くので「まだ80点だなあ。途中でしゃっくりしながら進むもん」と言ったら吠えられました。うん、幾ら吠えたって事実は事実だよキミ。
手を用意するポイントで号令をかけ、時々指図して弾かせ「このぐらいすらすら弾けたら95点だよ。もうちょっと頑張ってごらん」と言い渡してきました。
楽譜台の上の靴の箱、ボクのこの靴の空き箱なんだ」とロベルティーノ君。サイズは30(19センチ)だそうです。何年かしたら追いつかれるんだろうな。

続いてはエリーサちゃん宅。発表会の曲は2回弾いてくれましたがそれ以外の曲は殆ど弾く気無し。というので音符カードを出して並べたりしました。昔は弾くのに飽きるとただのお絵描きの時間になってましたがこの頃はピアノに関係あるお遊びが出来るようになっただけそれでも進歩です。

今日は午前中だけですが明日午前も補講。また1週間連続師走が待っています。頑張れ自分。

<おまけ>
カレー個別パック
昨日仕込んだカレーを夕食に食べ残りを冷凍用に個別パック。これで3食分は夕ご飯の心配をしなくてすみます。

最後にお知らせ
こちらのブログが全機能完全無料化とかで今まで有料プランしか使えなかった便利機能が使えるようになったので仕様を変え、サブドメインをhttp://パッリーナ.ブログ.jp(むろん横文字)にしました。今までのアドレスでも自動転送されますので変更の必要はございません。

朝起きると昨日とは打って変わって良いお天気。イタリアでは復活祭翌日はピクニックの日と相場が決まっています。よって郊外へ出かける道は混むので、帰りに至っては休みから戻る人の車も加わって激混みするので私はどこにも出かけず、台所に籠もって料理三昧。
再々度頂き物の無農薬レモンでレモンマーマレードを作成、更に昨日から戻してあったひよこ豆を蒸したブロッコリの茎と一緒に挽いてなんちゃって挽肉団子に・・のつもりが片栗粉の瓶をひっくり返してまずはお掃除と洗濯(洋服が真っ白になった・・)の手間を増やし、ひよこ豆はミキサーが回らないので水分を足したらどろどろになり過ぎ、片栗をまぶして揚げたら膨らんでもちもちになりました。あれれ??想定外です。まあ食材として使えなくは無いので良いけれど。
台所を片付け洗濯物を干してぐったりしていると食い倒れ帰省から戻ってきた猫パパさんから電話です。「ピサからご馳走の残り物持って帰ってきたから取りにおいで」。今年度は姪御さんのご主人も料理したとかで2日前からマリネしたウサギのロースト、カリフラワーのスフレ、トルテッリーニ入りスープ、お客様の持参したお菓子も。と言うので本日の我が夕食は丸ごと復活祭のご馳走のお裾分け。
夕食
ティラミスと自家製ケーキ
ティラミスは小さなチョコチップスが入っていました。そしてサヴォイアルディやフィンガービスケットでなくちゃんと焼いたケーキ生地を使ってある本格派。ご馳走様でした。

午後アドリアーナちゃんのレッスンに行ったらおばあちゃんちの台所にはリゾットが1人前お皿に載ってラップがかかったものが置いてありました。レッスン後に誰の?とアンナおばさんに聞いたら「今日はとっても美味しく出来たのにミキはぎりぎりに友達とお昼食べるってドタキャンしたの」と言うので「食べる人が居ないなら私が今晩の夕食にもらっても良い?」と半ば冗談で聞いたら本当にくれました。(汗)
カボチャのリゾットとジャガイモのクリームソース添え
と言うことで頂いてきたカボチャのリゾット、本当に美味しかったです。ミキ君、昼食ドタキャンしてくれて有り難うね。(違)

本日レッスンに伺ったcilieggiaさん宅で久しぶりにレモンちゃんにご対面。
レモンの木
息も絶え絶えの状態でお持ちし、その年の大雪でかなり瀕死状態になったところから去年は2つ、今年は何と5つ実が付くまでに盛り返しました。これでも一応樹齢15年余りになります。

そしてこちらはお宅の食べる盆栽?山椒もどきですがちょっとニオイが違うかな?そう言えば実家の老人が山椒の木を育てていましたがアゲハの幼虫に丸裸になるまで葉っぱを食い尽くされて駄目になったそうです。
山椒もどき


我が家は紫蘇のタネを蒔きました。途端に寒くなったので風呂場にプランターを置いてあります。もうすぐ春ですね。

<おまけ>
お夕飯
cilieggiaさんにレモンと金柑のみならずお夕飯まで頂いてしまいました。美味しかったです。

ぐたぐたと昼前に起きだしパンを焼いて家の片付けを。そしておやつ時にNoriさん宅へ伺いました。コピーをしていると出てきたおやつはじゃじゃ〜ん、たこ焼き。
たこ焼き
中身には日本直送天かすも加わりこの前より習熟度アップ。もっと上手になったらたこ焼き屋を開くと言っているご主人、半分本気かも。

日本に10日間とんぼ返りして帰ってきたNoriさん、私と違ってちゃんと22.7キロのトランク1つで帰ってきたけど脇の筋肉が痛い、腰が痛いって・・わかります。私なんか毎回帰国後3日目にぎっくり腰もどきになるもの。
救援物資
それなのにお願いしたもの2つずつ買ってきてくれました。これは頑張ってカレー作るぞ〜。

おニューのマウス
そしてイタリアニャマゾンでお取り寄せお願いしたもの(彼らはプライム会員)。キーボードほどでは無いけれど私普通の人よりはマウスも破壊度が高いと思います。5年ぐらい使ったマウスの右ボタンが言うことを聞かなくなったのでおニューのミニマウス。標準サイズのマウスって鷲摑みする感覚が嫌いなのでいつもミニマウス愛用。新しいのもあるけれど結構押すとカチッ、キコッって音がします。仕事している気分。(違)

たこ焼きを10個ぐらい頂き、うちへ帰ってパソコンの前で仕事もどきをしてたら夕ご飯を忘れ気づいたら12時過ぎてました。何となくお腹も空いて朝焼いたパンをお夜食に。いかんなあ、寝る前に食べて太りそうな生活。(苦笑)

前回の我が帰国時、荷物に重量の余裕があるけど要る物無い?とNoriさんに聞いたらじゃあ・・と頼まれた食材がありました。今回はそれを使ってのお夕食にご招待いただきました。
お宅へ伺うとガス台の上には既に
たこ焼き制作中
たこ焼き器。鋳物のたこ焼き器をお持ちのNoriさんは勿論関西人です。そしてたこ焼きをせっせと器用な手つきでひっくり返しているのは
製作人
イタリア人のご主人。

完成品
こちらを前菜に

ラザニア
ラザーニアと写真を撮り忘れた蕪とワカメの入った和風サラダ。和伊折衷なお夕食。

Noriさんはたこ焼きだけの夕食してみたいわぁ、あなたたち何個食べられる?とお子様方に質問。お嬢ちゃんは一鉄板分(16個)、食べ盛りの息子君は20個ぐらい・・ってお答えが。う〜〜ん、もう一枚たこ焼き器の鉄板買ってこなくては(笑)。ちなみ関東人の私はたこ焼き器持っていません。実家にも無かったなあ。これぞ関東と関西の食文化の違い。

美味しかったです。ご馳走様でした

飛行機旅で眠れない(時々20分ぐらい気絶するのが限度)私は到着後時差ぼけに苦しみます。それも日本から戻って来た時に。

到着日は寝不足で寝入るのですが問題はそのあと数日。昨日は夜タンゴのレッスンに出かける時間には意識朦朧となり夕飯食べず9時には寝入ってしまいました。当然朝4時に目が覚め、これではいかんと5時頃再び寝入ったら・・次に目覚めたのが何と12時。コーヒー飲んでもまだすっきりせずもう一寝入り出来そうなだるさ。

頑張って仕事行って来ます。トランク上げ下ろしの腰痛もやって来たし、今日も根性なく車出勤だな

<追記>仕事が終わったらとこ。さんより帰りにお節を取りに寄れますかとメッセージが入っていたので寄りました。
とこ。さん作のお節
いつもながらすばらしい手作りのお節。ご馳走様でした。

病人が是非会いたいと言うので,従姉妹とそのお嬢さん夫妻が訪ねて来てくれました。従姉妹は千葉県から,お嬢さん夫妻は東京から遠路はるばるいらして下さったので手抜きですがお昼を用意しました。
パスタ2種
バジルベストのベンネとしいたけのフェットチーネ。ボルチーニ茸の代わりに生椎茸使ってみたのですが美味しかったです。後は買って来たハムと出来合いボデトサラダにキュウリを足した超手抜き。
お昼

ワインすらない実家ゆえビール。アルコール入りと無しと。

家から出かけられなくなった病人は久し振りの来客にとても嬉しそうでした。

夜には早くも空港宅配にトランクを出しました。小さなコロコロカートは重点的に重いものを詰めたので17キロ、トランクは21キロ。取りに来た人に「このカート小さいですけど17キロあるのでみくびらないで下さい」って言ったら笑われました。

朝からいつものようにロベルティーノ君宅へ。今週は風邪でお父さんが在宅が多かったとかで皆さん良く練習してありました(笑)。ロベルティーノ君に至っては予習までしてありました。今の教本もすらすら進みそう。先生とっても嬉しいです。一方エリーサちゃん宅の方は朝メッセージが送られて来てドタキャン。こんなレッスン抜けていると全然進まないですけどね。

そして今年最後のレッスンはcilieggiaさん宅の前倒しレッスン。終わって帰宅したのは5時過ぎ。最後の餅屋をやりながらまず飛行機のオンラインチェックイン、家の片付け、そしてトランク仮詰め。パンドーロとパネットーネが引っかかってトランクが隙間だらけ。隙間を埋めるお洋服が少ないからなのですが。いつものトランク+カラカラにしました。2つも大きいトランク持ったら身動きが取れないし。2週間ぽっきりの滞在なので総重量30キロぐらいです。
トランク



そして一度仮詰めしたトランクからパルメザンチーズを引っ張り出してまた冷蔵庫へ。お餅を作成して台所を片付け出来たお餅を抱えて最後の晩餐に出かけます。
最後の晩餐
毎回出発前日はNoriさん宅で夕飯ご馳走になってしまいます。本日は息子君がシェフでご主人がコック手伝いという夕ご飯。ご馳走様でした。
幸い明朝は明け方の出発では無いですがもう私は頭が働いていません。お風呂に入ってゆっくり寝て忘れ物は明日確認することにします。途中つぶやきはあるかもですが次回ブログ更新は日本からです。

何か渋滞と出発準備と毎日猫の目のようにくるくる変わる生徒のレッスン変更で完全にできあがっている私。
額縁の上の3賢人
ミキ君のおばあちゃんちのプレセーペ(クリスマス生誕をかたどった置物)。クリスマスの日までは幼子イエスの置物を置かないのは普通ですがどうして赤い卵があるの?星に導かれてイエスの元にたどり着く3賢人は額縁の上に。ユニークです。

日曜日から餅屋開業。合計で1升8合分の餅作成予定。
3合分の餅米でお餅

出発前々日の晩餐はお餅をお届けしたとこ。さんちでご馳走になりました。ご馳走様でした。
とこ。さんちのご飯

こちらのリヴェンジ。私のやったことは相変わらず栗あんを作っただけ。後は全部Noriさんの手によるもの。私は楽譜のコピーをしながら時々覗いて写真を撮っただけ。
栗まんじゅう制作過程
お茶と共に口の開いたのを味見。美味しゅうございました。
私はそのまま仕事へ行きましたが、Noriさんは更に第2弾も作ってから出勤。帰りにそちらもお裾分け頂きました。
ちょうど帰宅したら猫パパさんは夕食が終わったところ。お味見にお裾分けしたら美味しいと言って私の目の前でぺろりと食べてしまいました。

今年もインフルエンザ予防接種を元主治医である生徒のお父様にお願いしました。
まずは予防接種の後、夏に日本でやった色々な検査結果をお目にかけて、びらん性胃炎を胃カメラ写真から見つけられ、もうアスピリンはなるべく飲まないようにと言い渡されました。あれ以来風邪っぽい時は葛根湯飲んでいるし、アスピリン買っていないです。血液検査の結果は花丸を頂戴しました。

そして生徒のお母様のすばらしいお魚ご飯2種。
白身魚とジャガイモのオーブン焼き
イカの詰め物
ズッキーニの酢漬け

イカの詰め物が絶品でした。詰め物に何を入れたかは聞いてはみたけれど私がこれを再現できるレヴェルではありません。

そして朝からレッスンでお菓子を作る時間がなかったので生徒宅の近くのお菓子屋でちょっぴりだけ買いました。
持参した市販のお菓子
マロングラッセが美味しかったです。
これでチビッコのインフルエンザに耐性つけて老人の待つ日本に上陸する準備できました。

2日続けて午前中ケニアさんの運転手を務めた木曜日、ケニアさんご夫婦にお昼に呼ばれました。ちょうどケニアから(イタリア人の)お友達が来ているというので、そのご夫妻も一緒に昼食。まずはひよこ豆のスープ。こちらは普通にパスタ皿に載ってきました。
ひよこ豆とパスタのスープ

セコンドはお肉とジャガイモ。これもお肉は一切れにジャガイモが4切れと適量。
鶏とジャガイモ

そしてデザートは私がHBで作った抹茶ケーキ。お客様にも美味しいと好評でした。
レモンママレード入り黒糖抹茶ケーキケーキ

ケニアさんは私にワインを飲ませたがったのですが仕事出勤前なので断固拒否しました。今度いつか仕事のない日に舐めますから。(汗)

そして彼らの出発日、今日は昼過ぎにお昼ご飯の余りと残り物のケーキとブドウ一房を頂きました。と言うので夕食は作らずにすみました。
キノコのパスタとチコリとケーキ

それは良いけどこのフルーツ・・ブドウ確かに一房だけど凄い量・・
巨大な一房

到底1人では食べきれないので猫パパさんに大部分さしあげました。だって普段1人で食べきれないから私ブドウ買わない人なのに。
これで当分大音量のラジオの音と彼らの愛犬の吠え声も聞こえなくなります。朝存分に惰眠出来るけど・・ちょっぴり寂しいかな。

昨日作った栗の甘露煮。実はこれを使って作って食べたいと思った物があったのですが、天火が無いと作れません。昔々グリル付き電子レンジでやってみたことがありますが勿論うまく出来ませんでした。

と言うことで材料(栗の甘露煮と白あん)をNoriさん宅に持ち込んで作成をお願いしました。彼女は余り食べたことが無いとかで作るのは初めてだそうですが。
さて朝から材料を押しつけ、生徒の楽譜のコピーだけして帰宅、レッスンに行きました。夕方仕事が終わってケータイを見ると「出来た!うちによって夕飯食べてく?」とメッセージが入っていました。図々しく夕食もご相伴することにしました。

からすみのパスタ
からすみとレモンの皮のすり下ろし、フェンネルの実入りのパスタ。ご主人作。そしてカリフラワー揚げとサラダはNoriさん作(写真取り忘れた)
自家製栗まんじゅう
そしてデザートにはじゃじゃーん、私が作成をお願いした栗まんじゅう。ここでは売っていない栗まんじゅう(感涙)
甘露煮の栗も種類が違うし、白あんは粉から作ったものだし小麦粉のも日本と微妙に種類が違う上に処女作という条件を加えれば・・上出来です。
私は甘露煮のリベンジの予定が無いので次回は日本から私が栗の甘露煮を買ってきたら再挑戦してくれる・・そうです。Noriさんの息子君は早速ケータイで撮影、お嬢ちゃんは栗まんじゅうのフォルムがお気に召したようでした。菓子職人有り難うございました。ご苦労様でした。

この前HBで初めて凹んだパンが出来ました。えっ?どうして?と思ってリベンジしたら普通に出来たので気にしていませんでしたがまた今日再び凹んだパンが出来ました。説明書によると水が多すぎるそうですが私は分量はいつも通り。ちょうど一つ目のへこみパンから小麦粉新しい袋開けましたが。いや、いつもと同じメーカーの同じ製品なんですけど。
今日もちょっと水を減らしてリベンジしてみました。良い匂いもしたし1個目よりは遙かにマシですがやはり山が出来ません。多分あと一息発酵が足りないのだと思います。まさかHBが壊れつつある?まだ5年しか酷使していないのに・・

小麦粉以外にもイースト菌が日本から持ってきた物の残りで賞味期限を過ぎている(真空パックだけど駄目?)、いつもやっていたおまじないの素も新しいのを開けた・・など考えられる理由はあるので色々試してみます。まずは凹みパン消費しなくては。決して不味くは無いけどどうして気持ちよく膨らまないの??(泣)

レッスンの後コープの前の交差点までたどり着いたのは8時20分。これじゃ車をショッピングセンターに駐車して店にたどり着いたら8時半を過ぎます。9時閉店=8時45分には店員にレジへほぼ強制誘導されるイタリアの店。15分未満では落ち着いて買い物が出来そうに無いのであきらめて、帰り道の脇にある小さいスーパーへ。こちらちょっとお高いので普段は余り寄りませんがまず8時50分過ぎまでは閉店の放送もしません。8時30分過ぎに飛び込んで切らしていたトマトとキュウリとそしてアイスの代わりにこれを買いました。安売りになっていたし。
カフェ味ヨーグルト
カフェ味のヨーグルト。えっと驚かれそうですが結構いけます。いつもブラックでコーヒーを飲む私にはちょっと甘すぎだけど。

まだ生徒のスポーツなどの時間割が出ていないのでレッスン時間が最終決定できません。年々こういう時間割が発表されるのが間際になる気がします。それに昔は学校とカトリック教義の時間割以外は無視して私が時間割を決めていたのですが、今時の子供は習い事とかが多すぎてこの日のここしか時間が無い!って言う子が増えました。裏を返せば毎日のピアノの練習時間が確保できていないってことなんですが。おまけに師走範囲がローマ中、いえ、ローマ環状線外、市外にまで広がったため組み合わせも難しくなりましたし・・ってのは愚痴ですが。

さてうちの通りに入る道を曲がろうとしたら入り口に違法駐車した車がつかえて2両編成の市営バスがハマって放置してありました。仕方が無いので1キロ以上迂回しました。(怒)

結局1レッスンだけとなった出発前日。オリーブオイルを取りに行きトランクに詰めて再軽量。ちょっと重いかな・・と思ったら25キロ。キッチンスケールを出して、一つずつ量りながら自分用コーヒーを手荷物へ移し、パスタを出しました。

ひじきご飯
ホイル蒸し

Noriさん宅でご馳走になった夕飯。トランクから出したパスタ、その他我が家の残り食材をお持ちしたら(押しつけたら)蛾まで付いて来ました。ひらひらしていたのを2匹抹殺しました。(滝汗)

結局シャワーを浴びて色々片付けて寝たのは11時半を回っていました。

我々の発表会は5月最終土曜日(月末で6月2日の祝日に近い場合その前の週)と決まっていますが去年も伺ったミキ君の田舎の家のBBQパーティーは6月第1土曜。発表会の時にミキ君のお母様に是非来て下さいって誘われました。このときは急な用事でアドリアーナちゃんは間に合わなかったし、彼女にも会いたかったのでお言葉に甘えて伺いました。

先日ブロンクスへレッスンの時ミキ君のママの同僚であるお母さんに「貴女の作るスシ(細巻き)って凄く美味しいんだってね。この次でもレッスンの後一緒に食べない?」って言われました。あ゛〜それってまるで坊母のセリフですよ。(苦笑)
彼女のお誘いは丁重にお断りしましたが(笑)市場調査をするまでもなく、BBQパーティーも細巻きを待っているなとの確信を得ました。
と言うので朝からツナマヨの中身を仕込み、お米を5合炊飯器にタイマーを帰宅時間に炊けるようセットしてまずエリーサちゃん宅へレッスン。ほぼ大環状線半周なのですが帰りは突然夏になって海へ向かう車で大渋滞していたので逆回りして帰宅。ちょうど大環状線1周。行きも帰りもほぼ30分。
昼ご飯にヨーグルトを食べつつおさんどんおばさん開始。練り梅入りカッパ、かんぴょうから始め更に5合ご飯を炊き、ツナマヨ、スモークサーモン紫蘇と9合ほど作ったところでネタと根性が尽きたのでやめ。残った1合のご飯は我が夕食用にラップで分包してシャワーを浴び、本日2度目の旅へ出発。大環状線を3分の1周+田舎へ向かって約20キロ。奇跡的に迷わず到着!
畑
畑は撒水システムが完備されていました。窓にカーテンが付いたし、毎年ちょこっとずつグレードアップしています。
前菜
メロンと生ハム
アンナおばさん作パスタ
細巻きmade by me
溢れる食べ物群。しっかりとお客様の中には細巻きを待っていた!方いらっしゃいましたよ。
肉焼き人ミキ君のパパ&ベニートさん
せくしぃな肉焼き係

バーベキュー
肉
肉
そして肉。サルチッチャ(イタリアンソーセージ)が唐辛子入りでした。そうだった、彼らは辛い物命のカラブリア人だっけ。

日の入り

そして日が落ちても食い倒れは続き

隣で採れたサクランボ
ミキ君の畑の桃
数百メートルの産地直送果物、そしてお客様方のお手製トルタ+ミニヨン(一口ケーキ)

トルタ
クロスタータ
クロスタータ
お菓子
ミニヨン

12人前?はあろうかというコーヒーマシンでたてたエスプレッソ
巨大なエスプレッソマシン

帰りはフランカ伯母さんの車の後にくっついて帰りました。1人じゃ絶対あそこから街道までたどりつかないと今年も確信した方向音痴の私でした。
高校を卒業したアドリアーナちゃんはこの9月からはまたピアノに復帰するそうで、先生はとても嬉しいです。ハノンとスケールとアルペジオ、そしてツェルニーから復習しておいてねと指示を出して来ました。

朝起きると熱っぽいです。でもレッスンをお休みする選択肢は無し。元主治医の生徒のお父さんに電話をかけました。何とフランスに滞在中(滝汗)。でも症状を説明すると抗生物質飲んで下さいとメッセージで買うべき薬の名前を送ってくれました。本当は処方箋無しでは抗生物質は買えないのですが、土曜日は主治医はお休み。緊急なので保険割引はきかないけど、1箱は目をつぶって売ってくれます。さしあたって、熱冷ましだけ飲んで出勤。

さて、1軒目のロベルティーノ君。言うことを聞かないでクラッカーを手に居間を走り回り、お母さんに怒られて大泣き。あじゃ〜。こうなるとレッスンには・・なりません。仕方が無いので昼休みに再び伺うことに。

5歳なりたてのお嬢ちゃんの方はちゃんとおうちでのリハーサル、こなしました。私と一緒に出てきてお辞儀して、弾いて・・ご両親もお兄ちゃんも緊張の面持ちで見守っていましたが。そしてお兄ちゃん。お熱がある・・って。レッスンは少し短めにしましたがリハーサルは決行。来週には治ってね。

さて、ロベルティーノ君宅へ逆戻り。近くの木陰でサンドイッチの昼食を食べ、熱冷まし補給。さっきとうってかわって、ロベルティーノ君ご機嫌でした。ピアノの弾けるお父さんがご在宅で、後ろで一緒に見守ってリハーサル・・だいぶ考える人(爆)ですが何とか弾けるかな??。一緒に指番号でエアー練習(空中で弾く音の指を動かしてみる)もやってみました。時々違う番号の指が動いていました(笑)。お父さんに一週間の練習のフォローをお願いして、金曜日最後のレッスンに夕方もう一度見に来ることにしました。本番の時、途中で私が指示出しても怒らないって約束してくれたし何とかなるかな。

次は4キロほどさっき来た道を戻ってcilieggiaさん宅。中学生のお嬢ちゃん、リハーサルした途端、あがりました。一番上がるお年頃ですね。何とか本番落ち着いて乗り切って欲しいです。

今日は8レッスン。まだジョー君のレッスンが残っています。抗生物質を近くの薬局で無事入手しお祖母ちゃん宅へ5時に行くと、彼らは5時半って連絡があったと言われました。あ〜〜、時間すらも覚えていないとは。お願いして図々しく30分ピアノを練習させてもらいました。お陰でいつもの指慣らしメニューだけ出来ました。残りは夜にキーボードでさらおう。

コンフェッティ
来週の発表会は初聖体授与式の日と時間まで重なったので発表会は参加できませんが、引き出物のコンフェッティ頂きました。コンフェッティ(アーモンドの砂糖がけ)はパッケージの下になってよく見えないですが。パッケージはお母様の手作りです。

8レッスンの後はコープへ。発表会当日のお菓子を買いに。薬局コーナーでバズーカ買いたかったのだけど、いたのはアンチバズーカの薬剤師さん。顔覚えてくれたらしく会釈までしてくれました。と言うので大量消費したコープ印のアスピリンだけ買いました。(^^;)

お夕食
cilieggiaさん手作りのお総菜。お夕飯にとお裾分けを頂きました。一口カツもごま和えの上に添えて。これと昨日のケータリングの入れ物に入りきらなかった細巻き6個でお夕飯完了。優しいお母さんの味がしました。感涙。ご馳走様。

呆けていてケータイをうちに置き忘れて出勤。そういう日に限って渋滞に巻き込まれるものです。
レッスンに遅刻したのでレッスン終了も遅れ、タンゴのレッスンにも30分遅刻。まあ今日は10時までの2時間レッスンの日だから構いません。そして2時間レッスンの日はいつも誰かが何かを差し入れに持ってきます。
甘いケーキ
マレッラさんの作った甘いトルタ
野菜のトルタ
オルガさんの作った野菜のトルタ
いつもの細巻き
しっかりピンぼけですが。昼休みに5合ご飯を炊いて作った細巻き3種。久しぶりに細巻き大量生産しました。

来週の今頃は翌日の発表会の用意をしてそわそわしているだろうなあ・・

夜8時半頃猫パパさんから電話。「いやぁ、まいった。今やっと帰宅したよ。すごく渋滞してて。で帰るなり猫共は腹が減ったと大騒ぎで息もつかせてくれないし。一杯食糧があるから取りに下りておいで。
知ってますよ。昨日の夕方私がご飯を用意しに行くと5匹の猫は勢揃いして10年ほど何も食べていないような大騒ぎで私の指まで囓りそうでしたから。

ピサに年2回食い倒れに帰る猫パパさん。お兄さん、そして義姉さん他界後は姪御さん宅へ。帰りに残り物のご馳走を全部抱えて来るあたりも同じ。今回はモロッコ風に羊もタジンでカレー風味。シチリア人のお友達が持ってきたという野菜のクスクス。北イタリアに出向中のご主人からお米も。猫ちゃん用にはスープを取った後のお肉の塊までありました。更には私は明日発つからとケニアさんの奥様にはパン、サラダ、すり下ろしパルメザンチーズその他色々の残り物も頂いて3日間ぐらいはご飯を作る必要が無さそうです。冷蔵庫が一杯!
救援物資

そして猫パパさんの姪のフェデリーカさんから私へとプレゼントまで。
チョコで出来たピサの斜塔
食べるのが勿体ないようですが飾りにしておくのももっと勿体ない。卵チョコを食べ尽くしたらこれも頂くことにします。

いつも日曜日はお疲れなのですが、今週は特に疲労度が高いです。何故だろう・・と考えて思い当たったのが金曜日にロベルティーノ君兄弟宅へレッスンに伺ったこと。そうです、トシですから疲労は一日置いてやって来るのでした。(泣)

<おまけ>
image
cilieggiaさんに頂いた手打ちラーメンと醤油味スープ。冷凍庫の自家製焼き豚その他を載せて。美味でした♪

Noriさん宅に御方共々ご飯に呼ばれました。
コック助手(ご主人)がいないから・・と言いながらお嬢ちゃんを助手に出てきた豪華ご飯。お菓子は我々の持ち込みですが。
Noriさんちでの昼食

しっかり食べてしっかり飲んで(誰かさんだけ)帰って案の定大いびきで昼寝。むくっと起きたと思ったら「踊りに行こう!」。昼寝も出来ず、運転手の私は機嫌悪く着替えて出かけましたが、ミニワンピース着用にもかかわらずお誘いはほぼ皆無。余程私機嫌悪い顔していたんだろうなあ。(ため息)

御方とは踊りに関することが唯一の喧嘩の種。こちらは下手の横好きで踊りを楽しんでいるのに、こういう練習をしないからこのステップが出来ないのだ、こういうのはこう練習しろと命令しないで欲しい。おまけに誰かの滞在もあと数日、誰かと踊りたいのに、ボクはこちらの部屋で踊るからキミはあちらの部屋にいた方がお誘いが多いからあちらの部屋に行きなさいって追っ払うなよなぁ・・

先週元主治医の生徒のお父様からメッセージを頂きました。「本年度もインフルエンザ予防接種入手しました。夕飯がてらおいで下さい。」
と言うので今年も行って参りました。去年はちょっとしたハプニングもありましたが今年は無事に。そして美味しい魚ご飯。
お魚ご飯
私は夏に買ってまだ手渡せてなかった小型ようかんとHBで作った黒糖抹茶ケーキを持参。今年はまだレモンマーマレードが作成できておらず、コープの無農薬オレンジマーマレードを代わりに入れましたが美味しく出来ました。

実は今日はNoriさんちでケーキとコーヒー、昼ご飯までご馳走になり、夜はこちらで。皆様ご馳走様でした

昨日土曜は6レッスンの後空港近くのスーパーへ寄ろうとして○ーミン君の指示に逆らったのですが道を間違えて結局指示によって帰宅しました。(汗)
というので今日こそは買い出し。探しに行った目当ての物は見つからず、余計な物ばかり買うことになります。
フランス系スーパーのパン
おフランスなパン。菓子パンは先週のショーソン・オ・ポムとは似て非なる物、麻の実入りフランスパンは美味でした。柔らかくて噛み心地がないけど。
そしてここのスーパーは3ヶ月に1回ぐらいしか来ないのでコープに売っていない物を色々とお買い上げ。新発売のお菓子も。
新発売チョコ
せっかく開閉自由のジッパー付きって書いてあるのに一気食いしてしまいました。美味しかったけど二度と買わないぞ

猫パパさんの姪であるフェデリーカさんから母の一周忌を母を知る人々と過ごす会を開こうと思っているのだけれど猫パパさんと来ませんかと誘われました。

10年以上前猫パパさんと一緒にお宅にお邪魔したこともあり、その後も日本からのお客様を連れてピサ観光へ行った時押しかけたり、年2回の食い倒れのお裾分け、レシピの相談などなどコンタクトを取ってきました。なので去年10月日本から3ヶ月ぶりに戻り、迎えに来てくれた猫パパさんの最初のニュースが猫パパさんの兄嫁リーナさんの訃報だったのはショックでした。そしてお葬式に伺えなかったのも申し訳なく心残りだったので、今回はその埋め合わせもあり、伺うことにしました。

日曜日朝8時、ローマを出発。途中高速道路上で前が見えないほどの豪雨に遭いました。市の外れで猫パパさんの年老いた実姉ご夫妻を拾ってこれまた市内からぐっと離れたフェデリーカさん夫妻の一軒家へ。リーナさんはクリスマスや復活祭には親戚家族その他20人以上の人を招いて料理の腕をふるったものでしたが今度はその伝統は娘と息子のお嫁さんに引き継がれました。
前菜と故人の写真
お宅へ伺ったら既にテーブル一杯の前菜とサロンに一杯のお客。89歳になるリーナさんの実兄ルチアーノさん夫妻と息子さんと孫、そして猫パパさんの実姉夫妻、フェデリーカさんの実兄家族、リーナさんの住んでいたアパートのご近所さん、20年以上お掃除に通っていた男性などなど総勢23名・・
ラザーニア
リーナさんの得意料理の一つだったラザーニア。彼女のレシピに則ってオレンジの皮のすり下ろしが入っていてかなりヘビーなはずなのに口当たりが良い一品。
お肉(味見バージョン)
ミニカツレツと肉団子、他にもソーセージもありました。
手作りケーキと・・
お客様の持参した手作りのお菓子。ワインの肴はリーナさんの思い出話。
お掃除に通っていたという男性に「リーナさん、よく貴女のことを話題にしてましたよ」と言われました。いえ、去年夏に伯母が亡くなった後我が家に電話をかけてきた伯母の親友の方というのにも、貴女は彼女のご自慢の姪御さんでしたのよと聞かされて驚きましたが今回もそれ以上にびっくりしました。私が最後にリーナさんと電話で話をしたワイルドな頂き物のレシピの話をすると涙ぐんでいました。
フェデリーカさんと甥っ子
私がピアノの先生だと聞かされてフェデリーカさんの姪っ子さんは電子ピアノを持ってきて今習っている曲を聴かせてくれました。5オクターブしかない鍵盤幅の狭い電子ピアノで何か弾いて聞かせてって・・かなり無理ですよ。リクエストにお答えしてエリーゼのためにを弾いてあげましたがちょっと鍵盤足りませんでしたよ。
そしてボクも・・と小2の甥っ子君も。鍵盤のドの場所教えてあげて仲良くなっちゃいました。続きを読む

朝からスーパーに買い出しに行きました。冷蔵庫にネギとヨーグルトが無いと悲しい。
と言うので大束のネギ消費に作成したのはこちら。ネギ、にんにく、ショウガを油でじくじく茹で、さましてから漉します。
ネギ油
家の中が中華料理屋になったみたいな強烈な香り。そしてこちらを使って茄子を炒め、昨日の野菜入り肉味噌でとじてワンプレート夕ご飯。
肉味噌茄子丼
美味しゅうございました。

昨日になってレッスンがキャンセルになり、多分数少ない最後のオフの日。朝からメールを8通書いて病人の尻切れトンボで届くチャット的メールに返答していたら午前中が終わりました。ぼうっとしていたらもう外は薄暗くなります。まだ昼間は暑いけど9月になって本当に日が短くなったなあ。
冷やし中華黒ごまたれ
と言うので夕飯はごまだれの冷やし中華。口の開いている練りごまが黒だったのでお歯黒冷やし中華となりました。

どうもネタがアンテナに引っかからないので先週の話題を。

今年度からお引き受けした毎回レッスン時間を変えるお宅。最近やっと金曜夕方に定着して私はほっとしています。でも毎週何時に来るのよねってメッセージで聞いて来ます。ピアノのレッスンなんて何も言わなかったらその時間に伺うものではないのかい?ってのは日本人の常識で全てのイタリア人の常識では無いらしいとこの頃悟りました。いえ、この方決して悪気は無いのですが。それが証拠に先週はレッスンを30分遅らせた代わりに夕食をご一緒にと誘って下さいました。
お夕食
子供の喜びそうな怪獣の顔をしたクラッカーの前菜、そしてリコッタとトマトのパスタに写真は撮っていないですが水牛のモッツァレッラと燻製ハムにサラダ。至って普通の夕食、味も普通なのですが驚いたのはこれを作ったのはイタリア人のお母様でなくフィリピン人のメイドさん。えっ?こんな物も作れないの?

イタリアでは近年主婦がお掃除だけでなく食事作りまでメイドに頼むようになってきています。日本料理じゃあるまい、イタリア料理の夕食なんてパスタと肉か魚と野菜、場合によってはそのうち1品省略。大学生の坊ですら自分の夕食を自分で作るのに。
そして写真のティラミスはその日仕事に行かなかったというお母様の手作り。ティラミスってのは味をなじませるのに約1日置かせる必要があります。それすら知らないお母様がさっき作ったティラミス。ビスケットがまだピンとはねていました。いや、ご馳走になっていながらこんな事言うのは罰当たりですが。(苦笑)

<おまけ>
文明の利器
パソコンデスクに並ぶ我が文明の利器。左は玩具。そして右は海の向こうの方にプレゼントして頂いたリンゴ印。1週間でやっと大体使い方がわかり、音楽だけでなくアプリ少々と自分の演奏会ヴィデオも中に入れました。

このページのトップヘ