Pallina気まぐれ生活日記

イタリア在住Pallinaの気まぐれな生活ぶりを綴っています
History View

カテゴリ:ピアノ > 門下生発表会

朝は目覚ましより前に目覚めました。珈琲を飲んでキーボードをサイレントにしてスケールをさらい、さあ出発。
まずはピアノの椅子やお水のクーラーボックスで大荷物のNoriさんを拾い、次いで朝一番にリハーサルのSちゃんを拾って会場へ。時間で車進入制限区域にある会場前へ乗り付けてお2人と荷物を下ろしてから区域外へ車を駐めに。
ピーカンの晴天
それにしても良い天気です。
楽屋でお昼
リハーサルの後はNoriさんお手製のサンドイッチと我が家から持参の珈琲でお昼。
一寸色々あっていつもの調律師ピーノさんをお呼びできず、外部から他の人が来ました。何かちょろちょろと20分も触らないで帰って行きました。特に狂っている音がなかったのでこちらとて何も言いませんでしたけど。

ゴミ分別
本当はお菓子を持ち込んではいけない楽屋なので分別ゴミの袋も用意。

去年尻込みしたエリーサちゃんの為に今年は一策を講じました。発表会にお友達がいれば心強いかと思い、実は9月にお母様にお願いして同級生に生徒募集のメッセージを流してもらいました。結局怖じ気づいたのはエリーサちゃんよりそのニューフェースの子でしたが、とにかく作戦は当たり、二人とも上手に弾けました。めでたしめでたし。
ヴァレちゃん
こちらブログに一杯話題を提供してくれたヴァレちゃん。発表会デビュー曲は勿論ジングルベル。(激爆)
季節外れだし、先生は他の曲を推薦したのですが、黒い鍵盤は嫌だ(差別だ!)この曲は難しいとかなんとか言って結局これに。おうちでは完璧に弾けていましたが、上がってちょっぴり間違えました。後で楽屋にやって来た生意気な弟君が「ヴァレ、音まっちがえたぁ」って、キミはまだ世の中が何もわかっておらん。(笑)
ロベルティーノ君
こちら完璧だったロベルティーノ君7歳。実は我が日本人生徒K君6歳に猛烈なライバル意識を持っています。ボクより年下でボクより習っている期間が短くてボクより上手なんてって・・いや、先生正直に言いますけど門前の小僧よろしくお姉ちゃんの発表会の曲のさわりを耳コピで弾く彼はライバルとしてはなかなか手強いかと。(笑)
ジョヴァンニ君は結局繰り返しすると2回目が弾けないので急遽繰り返し無しに。Noriさんクラスの発表会デビューの中学生が途中でちょこっと引っかかっただけでそのまま演奏放棄して楽屋へ逃げ帰ったなど小さなアクシデントはあったものの、それなりに進んで一部の最後の余興こと講師演奏。サンサーンスの動物の謝肉祭の最後4曲を連弾で。
余興こと講師演奏

Noriさんは楽屋から出たがらない生徒のまねをして、お手伝いに来て急遽演技に加えられ、譜めくりから手拍子の誘導までさせられたKamerinさんに引っ張り出され、手のポジションがわからないで私に直される演技のあげく1曲目のピアニストの曲で違う和音を連発・・いや本当に信じちゃったお客さんいましたよ。でも最後は大いに盛り上がって・・よかったよかった。実は生徒の泥縄を叱る立場なのに先週日曜までろくに練習出来てなかった私でした。(汗)

後半の大きい方々はやはり皆様それなりの曲なのでそれなりのミスタッチの山を築き・・素人にはわからないけど・・Sちゃんの最後の音の弾き直しを除けば。19ページの大曲、18ページ目ぐらいまでは素晴らしかったのですが最後にエネルギーが尽きたって感じでした。まあそれも経験。

永年続けている発表会ですから古い生徒、古い生徒のご家族が一杯同窓会宜しく来てくれました。美容師ピエルルイジさんも(元生徒の)お嬢ちゃんと顔を出してくれました。お嬢ちゃん曰く、懐かしいこの楽屋、そして懐かしいお菓子・・そうなんですね。

時間通りに撤収して帰宅し夕ご飯は・・
お夕飯
こういうときの非常食、とっておきレトルト。

今年もそれなりに無事に終わり、1年で一番幸せな夜でした。いくら連弾のペダル踏みと1日走り回ったので足がつっても。頂いたお花の写真撮ったのですが見事にピンぼけでした。やはり疲れていたんだな。(笑)

2017年度発表会ポスター
来る土曜日、午後4時よりローマ市カンピテッリ広場7番地、サーラバルディーニに於いて23回目の合同門下生発表会を行います。第一部の最後には私とNoriさんによる余興もございます。

ってNoriさん胃が痛い、お腹壊れたって言うし、私は我が家からレッスンへ行く幹線道路が水没するという悪夢を見るし、更に今日もレッスン行く途中環状線で側道に入るのを忘れ右折し損ねて遅刻するし・・2人ともだいぶ出来上がっております。あと2日。気合いだぁ。

イタリアではお辞儀というのは一般的でなく、プロはともかく生徒の発表会などでは唐突に出てきて唐突に弾く子、結構見かけます。その点、日本人の先生である我々はせめて・・と演奏前のお辞儀を徹底し、最後のレッスンではお辞儀付きのリハーサルをします。その甲斐あって生徒にも徹底していてお辞儀し忘れた子は他の子に楽屋で後ろ指指されるほど。(笑)

今年の発表会写真撮影担当はNoriさんのご主人だったのですが、お辞儀の写真は撮らなくて良いよと言ったのに律儀に撮ってくれました。勿論当たりは3〜5枚に1枚でしたが。
お手本?
はい、まずは先生のお辞儀から。若干一名頭が高いのがいますが(笑)

K君
K君、5歳。さすが日本人の子。お手々が可愛いです。
Aちゃん
Aちゃん、8歳。惜しい、勢いが良すぎです。
F君
そして本年のお辞儀上手で賞はF君 9歳。

ああ、こんなことしていないでヴィデオの編集しなくちゃ・・(汗)

朝は目覚ましより前に目が覚めました。と言っても今年はリハーサルは12時から。ゆっくりと珈琲を飲み、お昼用に更に5杯作って小さなポットに入れ、持ち物点検をして、キーボードでスケールをさらってから出発。11時にNoriさんをピックアップして例年の会場へ。
調律中
午前の上手な生徒達のリハーサルの後1時から調律。
お昼中
私とNoriさんは楽屋にてNoriさんの用意してくれたお弁当でお昼、そして珈琲は調律師さんにも振る舞いました。

本年度のトップは日本人の幼稚園児の男の子。さすがに顔がいつもの笑顔ではありませんでしたがでも上手にお辞儀も出来て上手に弾けました。そしてミケリーノ君。いつものようにマイペースで弾けました。
ミケリーノ君

エリーサちゃんはリハーサルからイヤイヤをして、楽屋までお父さんが連れてきたのですが彼女の番の時には涙目に。過去にこういうことが無かったわけでは無いので私は割と冷淡に一言アナウンスをしてどんどん先へ進めました。一応1人演奏が終わる毎に弾く?とは聞いてみたけれどイヤイヤをしてお父さんの後ろへ隠れるばかり。
5人の生徒の先生でもあるうちの大御所(一番大きい生徒)はつきっきりで甘い声色で一緒に行こうよ、一音だけ弾いて写真だけ撮ってもらえば・・って説得を試みていましたが・・私はこうなったら最初から第2部の始めに弾かせるかそれも無理そうなら休み時間に写真だけ・・と思っていました。弾けていないからではなく、最後のレッスンでは笑顔でお辞儀をしてちゃんと弾いたのですから、これ心理的なものですから。

ロベルティーノ君
ロベルティーノ君はしっかりと弾きました。1カ所音の長さが短かったけれどご愛敬。

一部最後の講師演奏は2本の手を借りて連弾。まずは大御所と1曲、そしてNoriさんと1曲。
4本の太腕
見事なる4本の大根腕、いえ、ピアニストの太腕。演奏の迫力は超弩級。(Noriさんゴメン!)

休み時間にはリハーサルもして第2部の最初にはエリーサちゃんはちゃんと弾きました。そして更には間違えて止まったからもう一度弾くという小さい生徒の生徒まで。だいぶユルい発表会になりました。
エリーサちゃん


育ちに育った次男君
そしてこちら2007年デビュー、今年で10年目の次男君。2007年記事2枚目の写真一番後ろの子。何か倍ぐらいに背が伸びちゃったような・・発表会前日まで速さのコントロールが効かなかった子犬のワルツ、本番でもドタドタと走り、濡れた床で転げる大型犬の子犬のワルツになりました。(泣)

アドリアーナ嬢
2回ぶり、3年ぶりに復帰したアドリアーナ嬢。私が譜めくりに出ましたが、見ていると1ページ目で手が震え、殆ど気絶せんばかりでしたが、でもその後は立て直し、ちゃんと最後までたどりつけました。緊張でお昼を食べなかったとかで終わった後、楽屋のお菓子にかじりついていました。元々その為に用意し始めた物です。食べて下さいな。

もっとあっという間に終わるかと思っていましたが、やはり30人参加の発表会、前半50分、後半35分とそれなりの時間がかかっていました。

お花
ミカさんと去年まで10年間以上教えたチェスキーナちゃんやジョー君のお祖母ちゃんから頂いたお花。今年も何とか発表会終わりました。

発表会ポスター
あと10日余りなので忘れないうちにアップしておきます。来る28日午後4時よりローマ市カンピテッリ広場9番地のサーラバルディーニに於いて第22回合同ピアノ発表会を執り行います。今年は第2部の生徒が少ないので5時半には店じまいしてしまいそうです。皆さんが普段通り弾いてくれれば・・ですが。頑張れ生徒達。

袖無しのワンピース用意していたのに雨模様で気温が17度まで下がってしまった第21回発表会。風邪を引くといけないので当日にごそごそタンスをひっくり返して着るもの変更。このスーツのスカート一昨年もはいたけどまあいっか。

今年は色々ハプニングの連続でした。前日にやっぱりアドリアーナちゃんが脱落。気合いがあれば出来るレベルだったのですが気合い、足りませんでした。そして我らのほぼお抱え調律師ピーノさんは当日用事で来られないというので別の人が。これまた毎年無理矢理写真撮影をお願いしていたKamerinさんのご主人も御用事だとかで結局Kamerinnさんに無理矢理カメラマンをお願いしました。そしてお抱えヴィデオ撮影係の猫パパさんは2日前にぎっくり腰。おじいさんみたいに傾いて歩いてそれでも来てくれました。感謝。

リハーサル
先週の土曜より弾けていたロベルティーノ君。今日の先生の採点は85点!

ミニミキ君
発表会デビューのミニミキ君。ちゃんと弾きましたが舞台からお母さんの所へすぐ戻りそうになり私に押しとどめられました。(笑)

1部のトリ
こちらは1部のトリを飾ったNoriさんの愛弟子。デビューがこちら2007年。綺麗なお嬢さんになりました。勿論ピアノも上手になりました。

サプライズ演奏のNoriさん
休憩のサプライズはNoriさんの演奏。

そして御用事や脱落で出場者の減った第2部。
トミー君
7年ぶりに発表会復帰した4兄弟の3男トミー君、楽屋では凄く上がっていたけれどほぼちゃんと弾けました。そしてNoriさんにえ〜また大きくなったの?!と言われて(確かに長くなったと私も思います。多分身長190センチ前後)照れていた次男君、ちょっといつもよりテンポが速かったですけど、Noriさんが彼上手くなったね〜と感想を言った途端に音外したけど(汗)、きちっと弾けました。
反対に先生業と裏方の子供の世話でトリの生徒は疲労困憊し、最後まで弾くのがやっとという演奏でした。

時間より少し早めに終わり、帰宅して夕ご飯を食べるあたりまではまだアドレナリンが上がっていて覚醒していましたがその後ブログも書きかけでエネルギー切れました。

疲労すらも感じなくなるほど準備で消耗した今回の発表会、それでも何とか無事終わりました。来年度はまず自分の体力配分から考えなくては・・

夜中の雨も上がって発表会日和。Noriさんとの第20回目合同門下生発表会を行いました。
マルチェッロ劇場
20年来会場は同じ、コロッセオもどきの近くの教会付属のホール。

1ヶ月にわたる気管支炎でまだ声が本調子でない私、初めてマイクを使って最初のご挨拶をしました。例年原稿が見えず苦労するので老眼鏡・・って今年は頭の上にのっけたまま読んじゃいました。天気が良くて明るかったからなあ。(笑)
ロベルティーノ君
エリーサちゃん

今年度の我がクラスの目玉、発表会デビューの5歳児達。駄々をこねられたり泣かれたらどうしようかなあと心配したのですが、2人とも無事発表会デビュー、先生ここで1番目の難関通過。

そして20周年記念の試み、集合写真。
集合写真見取り図

日本人と違うので絶対に彼らで自主的に並んでくれると思えないと、前もって見取り図を作り、朝のリハーサルの時、1枚写真を撮ってみて写真撮影位置も決めました。制限時間10分。さあ、出来るだろうか。

全員集合!

このぐじゃぐじゃ状態からNoriさんの号令のもと
集合写真
こちらまで3分。生徒達がカメラ目線でないのは後ろでご両親達も一杯カメラを向けて子供達の気が散っているから。私はさっさとピアノの椅子を真ん中に出してエリーサちゃんを膝にのせ、ロベルティーノ君を脇に座らせ、最後列の冷蔵庫軍団に、そこの一番長い(2メートル近くにまで育った卒業生ミキ君)の真ん中!って号令出したぐらい。最後に居合わせた卒業生も入れちゃいました。
渋滞で間に合わない生徒が若干いたりしてちょっと思ったよりでこぼこがありましたが。2つ目の難関は軽く突破。

第2部に入って、私は疲れが出てきました。お願いしてNoriさんにコーヒーを買ってきてもらってカフェイン補給、いよいよあたしトリ。
2回ほど手が離陸しかけ、ごまかして先へ進みましたが、生徒の心配を一身に背負ったストレスの後の講師演奏から考えると想定内。一応先生の面目を保てました。

予定より5分ぐらい早く終わり、ストップウォッチで計ったような進行、完璧でした。生徒の演奏は・・予想外にうまくいった子から、予想通りの出来だった子、私の予想外のまさかのミスが出た子とありましたけど、それも発表会。

ブラックチョコとピスタチオのジェラート
例年より早く終わったためご飯にはまだ早いので自分へのご褒美。コープにまで寄ってサラダの食材を買い、帰宅。

今年も大イベント無事終了しました。

発表会ポスター

来る5月24日土曜日、午後3時半〜午後5時50分の予定で20回目のNoriさんとの合同門下生発表会をローマ市カンピテッリ広場9番地のサーラ・バルディーニにて行います。体調よれよれのあたしトリ(講師演奏)も予定しております。生徒の演奏が堂々巡りして予定より長引き、時間切れになったら・・弾かずに帰るぞぉ。(苦笑)

本日はおうちから出ないで休養・・と思ったのにポスターの拡大印刷(Mikaさん作の可愛いオリジナルイラスト入り)が例年のソフトで出来ずコンピューターと格闘して結局別のソフトで作り直し。休養してません。
呆けついでに今日は電気釜に洗って水分を切ったお米を入れ、そのまま水無しで炊きそうになりました。昨日はショッピングセンターの駐車場で愛車が見つからずに散々捜したし、この分じゃ自分の名前を忘れる日も近い。orz

あ〜雨模様で異様に寒いなか、Noriさんとの19回目の合同発表会を執り行いました。
ジョー君と先生その1
リハーサル中の先生その1こと私と
マリーアフェリーチェちゃんと先生その2
先生その2ことNoriさん。
先生その3Kamerinさんは唯一の生徒が都合が悪く本人だけ(でも裏方を一手に取り仕切ってくれたお陰で我々は進行に専念できた)に、そして先生その4我が生徒のエレオ(ほぼ何の役にも立たなかった・・)は3人の生徒のうち2人が急な事情で出られず去年と同じ生徒のみの参加。

3手?連弾
冒頭の兄弟4手連弾。例年のようにヴィデオ撮影に来てくれた猫パパさん曰く、兄ちゃんは2本の手で弾いていたがチビは1本だからあれは3手連弾だ・・いえ、ちゃんと左手のパートもあって、それがなかなか弾けないで先生も本人も伴奏の兄ちゃんも苦労したんですから・・(涙)

小さな大物
こちら小さな大物こと今回最年少5歳のM君。物怖じせず堂々の発表会デビュー。
ミキ君
こちら大きな大物ぶっている実は小心者ミキ君。Noriさんもでかい図体とでかい態度で楽屋入りする我が冷蔵庫軍団(タンスほど幅は無いが皆身長190センチ近くまるで大型冷蔵庫)に圧倒されていました。いえ、実のところ中身はガキなんですけれど。(笑)

別に取り決めたわけでは無かったですが各が各の生徒を送り出すなかで、Noriさん、自分の生徒の順番を1人飛ばして送り出してから「あぁ〜っ、間違えた。(出るはずの順番の生徒に)ごめんねえ。」いえ、私も過去に2回ぐらいやらかしたことがあります。先生も慌てているんです。そしてよろける演奏には楽屋から先生が2人してテレパシーを送ります。

あなたトリ
そうやって疲れ果てた後のあなたトリことNoriさんの講師演奏。ご苦労様でした。

発表会は前半1時間後半1時間20分と予定より早く終わり、7時半には撤収。私は後の友達の演奏会の引き継ぎの為ホールへ残ります。本年度はさすがに疲労困憊で演奏会前半だけでお暇しました。
今年もめでたく終わりました。来年の20周年発表会まで・・気分的にちょっと一休みです。

来る5月25日(土)午後4時45分よりSala Baldini (Piazza Campitelli,9 Roma)にて門下生発表会を行います。終演は午後8時頃を予定しております。
sagio2013p

かわいいイラストはMikaさんにお願いしました。

Noriさんとの18回目の合同ピアノ発表会。今回は私にとっては特別です。
新米先生(生徒)と生徒(孫弟子)
何と我が生徒が発表会にその生徒を2人連れて参加しました。孫弟子の発表会を一緒に出来るなんて本当に嬉しくて・・・世のおじいちゃんおばあちゃんってこんな気分なんだろうなあ。(笑)

と言うので孫弟子アンナルーナちゃん(6歳)から始まった発表会。参加者44人、前半1時間半、後半50分にわたる長丁場でした。

ミキ君
我がブログの主要なネタと化したミキ君(12歳)。この長い足、うらやましいほど長い指。ちらっとミスタッチはありましたが大きな失敗はせずに乗り越えました。ちゃんと泥縄したね。(笑)

今年は大きくなってから始めた発表会2回目の高校生がぼろ上がりして途中で止まり、それでもなんとか終わらせて楽屋に戻り、ずうっと発表会の最後まで泣いていました。練習もちゃんとするまじめな子だけにショックが大きかったみたいで・・う〜〜ん、レッスン中から貴女に無いのは経験と度胸だと言っていましたけど、あそこまでぼろ崩れるとは私も予想しなかったので緊急時の乗り切り方を事細かに教えていませんでした。ギロックみたいにしゃれたものでなくもう少し古典的な曲の方がよかったのかも。
何年先生やってもこちらも反省材料はつきません。それにピアノは教えられてもあがらない方法なんて教えようありません。上がらないのではなく、上がっている自分と折り合いをつけるのですから。小さいときから始めた子はあがってもそれなりに乗り切りますけど大きくなって直面するとそれは難しいようです。

今回は色々な方が来てくれました。ケニアさんの奥様とその親友のナディアさん、サルサ友?Mさん、タンゴの元先生パオラさん、そして坊。とこ。さんは花より団子ならぬ花よりケーキを持って駆けつけてくれました。
ケーキ
発表会の道具などは全部ヴィデオ撮りをお願いした猫パパさんに持って帰ってもらい、Noriさんとお手伝いに来てくれた息子君を家まで送ってもらいました。
私同様疲労困憊だった?Noriさん、会場にレインコートを忘れていき、見覚えがあるコートが楽屋に?とケータイに電話したらそのときまで気づいていなかったようでショックを受けていました・・わかります。疲れますよね。

さて、発表会会場は我々が借りたのは午後10時までの時間帯。余る2時間を去年は声楽の人とシェアしました。今年はピアニストが来るはずだったのですが本番10日ほど前に腕を骨折、キャンセル。5日前になっても誰も代わりがいないというので親友Lに声をかけたらすぐに乗ってきました。ただし呆けていた私は10時終了と言い忘れ、当日プログラムを1曲減らして10時に終わるよう懇願、演奏会は無事アンコール含めて10時4分前に終わり、幸い男性なので着替えも必要なく、荷物を持って会場を後にしたのは10時1分前という離れ業でした。

今年も無事終わりました。
お花
お花
例年より花束は少なめでした。代わりに銀のお花のオブジェ、お水のいらないお花、そして蘭の鉢植え。枯らさないようがんばります。

発表会当日朝からローマの反対側までまず2レッスン。そしてその後自宅へ戻り、まず荷物その1(お菓子)をNoriさんに預けて軽く昼を食べ、いざ出陣。


いつもの発表会会場の裏は観光客で一杯。土曜の午後は普通車進入制限区域なので離れたところへ車を駐車。荷物その2(デジイチ、三脚、録音機、ポスターにプログラム、メトロノームにマイお水、それと今日は夕食のサンドイッチとミニポットにアイスコーヒー)を抱えててくてくと会場へ。

今年度は我が生徒は数人最後の週に不参加を決めました。そしてNoriさんの生徒は指が痛いって当日ドタキャン。うううぅぅ

第17回合同発表会はkamerinさんがおめでたによるドクターストップで不参加。久しぶりに先生2人となりました。
一番目
二番目
本年度は出だしの2人がNoriさんのフランス人生徒。1人目は舌出しながら弾いているし、2人目は足置き台に足置いていないし・・まるで生けるフランス人形のように 見かけはカワイイこのチビさんたち、自分たちの番が終わったらお菓子片手に控え室の入り口から外にはみ出して・・ちょっと外のお客様に対してマズイので何度も控え室の中に囲い込みましたが・・(汗)

いつも時間配分がわかっていない私。今年度は前半1時間、後半45分あまりで39人の生徒の演奏は終わりました。ちゃんと弾けた子、盛大に作曲した子(滝汗)色々いましたがめでたく今年も終了しました。

さて、この後私は居残り。なぜかというと、今年度は午後と夜の部の予約を取って友達とホールを時間数の割り勘でシェアしました。我々は時間的に余裕が出来るし、彼らは残りの夜の時間で演奏会が出来ると。
三重唱
こちら難病で海外で手術をする必要のある彼らの友達の為の募金コンサート。図らずも今は母となった初めてのイタリア人生徒のご両親にお会いしました。お母様は相変わらず若々しくお祖母ちゃん業に忙しいらしいですが、お父様はすっかり老けてお祖父ちゃんになりました。まだ定年迎えていないと思うのですけれど・・

病人が危篤で付き添わなくてはいけないのでもし午後10時に戻れなかったらホールの電気を落として扉を閉めて欲しいと私はホールの管理人さんに頼まれました。演奏会は10時に終わり、でもなかなか後の挨拶とかおしゃべりとかで皆出て行きません。もう意識朦朧状態の私。遂に10時15分、「皆さ〜ん、外へ出てください。電気消しますよ〜」とお客様もまだ楽譜をとりまとめていた歌手の友達も追い出しました。


夜のマルチェルロ劇場。風情があります。しかし私はもうあんよが痛くて・・(涙)
帰宅したのは11時過ぎ、筋肉痛だけでなく足の裏にまめ2つ出来てじんじんする足をクッションを積み上げて乗せ、殆ど気絶していたら海の向こうより電話。「発表会どうだった?疲れた声しているよ」。疲れた声どころか頭が疲れ切っていて英語出てきませんよ〜。あまりに私の反応が鈍いのでまた電話するね〜と電話切られちゃいました。1年で一番疲れている夜、しかしアドレナリンはあがっていてすぐには眠れない・・って.。寝付いたのは夜中の2時半。
お花
翌朝、ビデオ係猫パパさんにお願いして先に持って帰って水につけておいてもらったお花を取りに行き、花瓶へ。年に1回、家の中が花のにおいで充満します。

あ〜〜今年も無事に発表会終わりました。

朝6時から目が覚めました。遠足に行く小学生じゃあるまいに。(苦笑)
パーキング







大荷物を抱えて会場へ。こちらが本日の駐車場所。真実の口のある教会のすぐ隣の広場。幸い今日はよいお天気。
お菓子







大荷物その一はお菓子。緊張のあまりお昼を食べてこない子の為にと用意するようになったお菓子。生徒が40人近いと80個。今日も「あ〜あ、散々の出来だった」とこぼしつつお菓子で憂さを晴らして3つも食べた男の子がいました・・かと思うとうまく弾けなくって半分涙目になりながら下を向いてぼそぼそお菓子をかじる女の子・・やっぱりこれなしでは我が発表会は語れないのかもしれません。
あとの大荷物は一眼レフカメラ、プログラム150枚、三脚が2組・・我が生徒のリハーサルは12時からですが道がすいていたこともあり、11時半には着きました。
お昼ご飯







朝のレッスンのあと11時には調律師のために会場入りした同僚Noriさん、私の分もお弁当を持ってきてくれました。有り難いです。
続きを読む

二人でトリ















いつもに較べて約1週間早いのに真夏のようなカンカン照りのなか、Noriさんとは15回目となる合同ピアノ発表会を執り行いました。写真はあたしたちトリこと最後の連弾演奏。普通は連弾は低音部の人がペダルを受け持ちますが今回は私が独占してしまいました。(汗)
続きを読む

良いお天気に恵まれました。今まで寒い日々が続いていたので暑い?と思えるほど。こちらは車を駐車した脇のフォロ・ロマーノの遺跡です。良いお天気本日第14回目?の合同発表会を執り行いました。 続きを読む

一人目を見守るNoriさん本日は第13回私とNoriさん門下合同発表会でした。
こちら楽屋より緊張しながら一人目の4歳のチビさんの演奏を見守る同僚Noriさん。
続きを読む

骨折少女とアドリアーナちゃん先生、一年中で一番胃の痛くなる一日でした。こちら骨折のため観客となったアレクサンドラちゃんと同級生の去年骨折して(今年は無事でしたが)先生をだいぶ悩ませたアドリアーナちゃんです。 続きを読む

このページのトップヘ